2022年10月 3日 (月)

栗タワーという発想

 

オランダ在住の先生に習っている

テーブルコーディネートレッスン@Zoomのコースが

終盤に近づています。

 

食卓に関わるものすべての知識、

つまり食器や食物だけではなく、

建築、美術、花などなど、本当に多方面からの知識を学び、

毎回テーブルコーディネート実習もあり、

フラワーアレンジメント実習あり、

2時間強とは思えない濃厚さの

フィニッシングスクールのようです。

もっと若い時に受けたら違う人生だっただろうなと。

 

毎回、フラワーアレンジメントは、

この花材でどうする?というわくわく感で臨みますが

今回は

「モスシート・栗・針金・円錐」

これが、

なんとかわいい栗タワーに!

 

Img_5452-1

 

栗がもこもこ登っているようで、

ひとつひとつの背中がとてもユニーク。

どうしたらこんな発想がでてくるのかも

習ってみたいものです。

 

あなたが今習ってみたいことは何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年7月25日 (月)

スケジュール時に離着陸の時間を取り入れる

タイトルそのままの話です。

離陸・着陸は

飛行機の旅に当てはめたものです。

 

4時間の飛行機の旅として、

1冊4時間で読み終わるはずの本、

読み終わりませんよね?

離陸時にはシートベルトをしっかりしめて、

安全ガイドや外など眺めたりして。

落ち着いて本を読めるようになるには

シートベルトサインが消えてから。

座席を心地よい角度にして、ランプが必要か考えて。

隣の人が席を立つ時には、

通りやすくする必要もあります。

そして、着陸時もそう。

くつろいだ環境を元に戻して、

着陸してから何をするかの準備をします。

 

わたしたちの毎日も同じです。

少し広げてみると、

1週間も同じかもしれません。

1ヶ月も同じかもしれません。

1時間の打ち合わせがあるとして、

その前後の準備タイムをあらかじめ確保しておくことで

作業効率がぐんと

   "あがったかのように"

感じられます。

 

あなたは

離着陸の時間、どのように取り入れていますか?

 

 

 

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

完璧と抜け感の間で

 

「茶道はおもてなしの心の集大成」

だという本を読みました。

なるほど、おもてなし・・・と思い

いけばなのお稽古で、

おもてなしの心の集大成、でとりくんでみました。

細かい枝、葉、ひとつひとつに気を配り

器とのバランスにも気を配り

自分なりのパーフェクト!と

密かに自画自賛していたら

完璧すぎ、という感想をいただきました。 

 

議論では、正論で人を追い詰めてはいけないと言います。

いけばなの作品でも、

完璧すぎ(まだまだその域には達していませんが)

は人を和ませることができないかもしれない、

そう思ったできごとでした。

勉強になります。

 

あなたが完璧!と思ってやったこと、

どうなりましたか?

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

早くも今年したいことのアップデートを。

先日、ある方が

「今まで、今の自分じゃなかったなんて信じられない。

 こういう生き方をしていない自分にもう戻れない。」

ときらきらした目でおっしゃっていました。

最初のセッションでは、

行き詰まっていて、後ろもない!

とのことでしたので、数ヶ月でこの言葉。嬉しいことです。

 

これは意識の変化の効果です。

 

和食が好きな人とイタリアンが好きな人では選ぶお店が違うように、

意識が変わると行動がかわります。

 

この方は新しい目標に向かって歩き始めています。

 

私も、今年中にはと思っていたひとつを達成しました。

無謀かなと思いながらの挑戦だったので

あとの2021年はどう過ごそう?と嬉しい悩みです。

 

Img_2530

 

のびやかに生きられるよう、

私とセッションをしてみませんか?

 

 

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

コーチ&イケバニスタの時間

コーチという仕事において、

私が一番大切にしているのは

聴きとるちからです。

 

この人の心は何を見ているのか

この人は心を何で満たしたいのか

 

運動選手が準備運動をするように

コーチ&イケバニスタとして

花と向き合い、想いと向き合う時間をとります。

 

Viola

 

人の中身は、ひとつじゃない。

変わってもいく。

それも忘れずに、今日も会いにいってまいります。

 

あなたの心の中、何で満たしたいですか? 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2021年1月18日 (月)

趣味と特技の違い 1

雇用対策講座の講師として、

まるまる1コマ、趣味と特技についてのディスカッションをした回がありました。

・趣味と特技はどう違うのか

・両方に同じでも良いのか

・両方ない人はどうしたら良いのか

・エントリーシートになぜ仕事に関係ないことを書かせるのか(ちょっと怒り混じり)

などなど、質問が出る出る。

そもそも、質問が多かったから取り上げたのですが、

「確実な正解はない、納得感を求めよう」というスタンスで始めました。

 

全員の納得が得やすかったのは「特技」でした。

 特別な技能・他の人より優れている技能=得意なことで他の人より上手なこと

特技は、自信に加えて、人から見ても、というところにあるようです。

 

そうすると、エントリーシートでは

特技:特に無し と書くことになるかもしれません。

ただ、ここに落とし穴があります。

自分では得意ですんなりやってしまうために、

特技を特技として認識していない可能性が大きいです。

ですので、雇用対策講座では一人一人の面接で 

特技無し、を超える、本人の魅力を伝えるものをみつけました。

 

あなたの特技は何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年12月21日 (月)

家元研究科@草月流への一日

家元の直接指導による、草月流最高位の教室です。」

という文言を見たのは、

前日に教室の場所の確認のためにHPを見たとき。

そこに参加できたことをありがたく思います。

 

教室の隣には、笹屋伊織さんがあり

そこに立ち寄ったところ、

偶然にも女将さんがいらしてご挨拶することができました。

 

そのあとは、

京都駅にある和久傳さんの気軽なお店はしたて。

ここで腹ごしらえして帰る、という何かへんな感じの

洋風好きなのに 和づくし の一日でした。

これは、2021年は和、いうことか・・・??

 

最近感じる”何か”の流れ、何ですか?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

面白い空間を作る

生花の花材は

秋は「実もの」といって、栗や花ナスなど、

ころんと可愛らしいものが増えてきます。

持ちが良いものも増えてくるのも嬉しいところです。

20201019_140952

これは最近よく見る耳のないフォックスフェイス。

狐の顔ににているからの命名らしいのですが、

耳がなくてもフォックスフェイスと言って良いようです。

ころんとして可愛いし、

水につける必要がないので、

たとえばただテーブルに置いておくだけで面白い空間に。

 

あなたの家のちょっと面白い空間、

どこですか?

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

初心者のレッスン再開

嬉しい申し出がありました。

10年ほど前かな、生花の体験レッスンに来たお嬢さん。

二人で来て、一人は長いこと続きましたが

このお嬢さんは口では楽しそうに言うものの

それっきりぱったりでした。

が。

「月に1度でも通えますか?」

通えますとも。毎週でも、季節に一度でも、

「今度こそ、習おうと思います。」

生けたいな、と思ったらいつでも。

時間があるなら、カフェタイム付きです。

 

気にはなっていたそうです。

でもなかなか一歩が出ない。

どういうことってあります、あります。

健康に気をつけて、

いつでもどうぞ。

 

あなたがずっと気になっていること、

何ですか?

 

 

 

 

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

みにつけたいもの

お茶のお稽古を再開して半年がたちました。

いつも思うのが、先生の心の広さです。
 
毎回新しいお点前をするので
教えていただきながらですが
すでに身についているはずのことも
できないことも多々あります。
 
そのたびに普通の調子で
そこはこう、と教えてくださるのですが
自分の抜けぐあいにがっかりしたり
いつか先生怒り出すのではとひやひやしたり。
 
そういうものだからいいのよ、
と言ってくださいますが
自分としても残念なので
所作をきちんと身につけたいなと思う秋です。
 
あなたが身につけたいもの、なんですか?
 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧