2017年5月29日 (月)

フリーマーケットへ

週末に、

年に一度開催される大きなフリーマーケットがありました。
前日の夜10時からのスタート、
100を余裕で超えるストールがでるという規模。
(一番多い女性服や
  子供のおもちゃ・服をスルーしても4時間かかりました)
とはいえ、有名なアンティークマーケットとは違う
庶民的なフリーマーケットです。
 
ツウは夜中に行くんだよ、良いものはなくなっちゃうから、
と聞いて、
私もツウになって楽しむ!と決心したのは1年前。
 
値切り交渉をするために言葉を習い、
モノについて質問するために言葉を習い、
暗い中、カップの裏を見るため(メーカー確認)に
ライト付きルーペを買い、
やりとりを楽しむために言葉を習い、
夜中から行くために、数日前から体力温存。
 
結局、一目で気に入ったカップセットは
値切ることができずに夜の部で即購入。
フリーマーケットにしては高い買い物でしたが
翌日の空ストール(全部売り切れ?)
を見て満足度が増しました。
別のストールでは
「これ日本のだよ」
「残念、これ日本じゃないのよねーここ(と裏をみせる)。」
「あーそれはやめといた方がいいね」
みたいなやりとりもやりとりできたことがまた楽しくて
そんなこんなで15000歩を軽く超えました。
 
予定よりも言葉が通じた度はかなり低いものでしたが
やらないより楽しめたのは間違いありませんshine
 
ということで、なにごともやらないより良し。
 
 
あなたが最近楽しみにしていることは何ですか?

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

向き合うこと

先日、草月ワークショップ in Holland

に参加したことを記しました。
その後、機関紙が送られてきて、
ワークショップもたくさんの写真入りで載っていました。
日本の草月からも機関紙が送られてきますが
それとは別の内容で(ということは活動が活発だということ!)
しっかりとした冊子です。
外国に日本の文化がこんなにも根付いていることに
嬉しく思うを通り越して
私もしっかりしよう、と思わされます。
そして別便で日本語訳が送られてきましたmemo
私がお願いしたわけではありません。
日本人メンバーがさほど多いわけでもないでしょうし
たぶん日本語オンリーのメンバーは私だけでしょう。
花と向き合うごとく
ひとりひとりに向き合う、
その心を大切にして時間を割いてくださった
草月イケバニスタの心を
とても嬉しく感じています。
 
あなたは今日、何と向き合いますか?
 
 
 

| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

日本語でおしゃべり

若いお友達をお迎えします。

トビタテ!という留学システムでこちらに来ているとか。
めいっぱい留学を楽しんで学んでいるようですが
たまには日本語でおしゃべりも良いかと
ツマミのお料理作成中。
 
 122252
 
慣れない海外生活、他人に囲まれた生活で
知らず知らずに疲れてしまっても
期間限定だからと自分をがんばらせたり、
自然と楽しいことに目がいく毎日だったり。
それも留学生活かも。
そんなあれやこれやも楽しんで
充実した留学生活が送れるように応援したいと思います。
私にできることは
お料理かおしゃべりかtulip
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016年6月27日 (月)

コミュニケーションの壁が壊れる「その日」がやってきた。

本日。

ご近所さんが話しかけてくれました。
が。挨拶以降さっぱりわからない。
「Pardon?」
「:@;-^:@p:@(^^)」
「What is p?」
「P is@-^%#&"(^^)!hahaha」
 あー、なるほど・・・。
と、
冷や汗もかかず、しどろもどろにならず、
堂々と(それもどうかと思ってはいる)
聞き返している私がいました。
で、なんとなく会話が続いているような。
それが楽しいような。
 
・・・やっと「その日」が来ましたーhorsebellshine
 
というのも、1ヶ月ほど前に
いつになったら楽しめるようになるんだろうーとぼやく私に
「突然、肝がすわる日が来る」
と言ってくれた人がいて、
言葉が通じないのは自分が悪いんじゃなくて
あっちも悪いのよ、と開き直れる日が来る、と。
もちろん、自分が悪いのを棚にあげるという意味ではなく
アウェーでの生活を楽しむために、
そういう心も必要だということです。
それを聞いた時は半信半疑でしたが、
でもそれをおまじないのようにつぶやいたりして
日々すごしていたところ、
私にも来たのでしたshine
 
同様に意気消沈している人も少なくないと思います。
その日が来ますよー。
その日を信じて、今日も笑顔で(^^)
 
あなたがブレイクスルーを感じたのは、どんな時ですか?
 
 

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

海外生活新人のココロ

年齢的には上ですが、

海外生活においては初心者です。

 
シルバー世代ではないので
優先席を譲られたりはしないものの、
明らかにピチピチではないので、
なかなか中途半端な立ち位置に感じます。
 
中途半端に人生経験もあったりするので
カンや度胸も身についているかも。
でも、視力やら瞬発力やらもろもろ、
どうにもならない感を覚えることも多い日を過ごしています。
 
そういう中でありがたいのは、
先に住んでいる方々の優しさです。
今より情報が少ない中で試行錯誤で掘り起こした生活の知恵を
快く教えてくれる優しさ。
そこに誘ってくれる優しさ。
楽しいおしゃべり時間を共有してくれる優しさ。
 
こういう気持ちに私もなにか提供できるもの・・・
何か貢献できることはないかな、と思うのですが
まあ、あるわけがないのですね。
新人ですので。
私が知っている情報はすでにみなさんご存知ということです。
 
それで、
「してもらったことは次の人にしてあげてね」
となるのですね。
よくわかりました。
どの社会でもそういうことなのでしょう。
次の人たちに優しく、広い心で。
 
あなたが先輩から
してもらってありがたかったことは何ですか?
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

数字は重要

このところ、雨が続いています。

家の中にいると雨もまたいいものに思えてくるのが不思議です。
 
数字の重要性。
私は今、英語が第一言語ではないところに住んでいます。
私の知る限り、
現地語で「いくらですか?」はカタカナ発音でもなんとか通じます。
非英語圏でも「How much?」はわりと通じます。
しかし、返事が現地語ということは多々あります。
きき返すと英語で答えてくれる場合もあるので、
とっさに現地語がでてくるようにも思いますが、
あくまで現地語の場合も少なくありません。
雰囲気で値段かなと察してくれているのかな。
 
最終的には書いてもらうと理解できますが、
旅行でも生活でも、
数字が聞き取れるとお買い物がずいぶん楽しくなります。
みなさま、楽しい海外体験を。
 
 
 

| | コメント (0)

2016年3月28日 (月)

ゴミ分別問題

日本でもよく困ってワケトンbook で調べていましたが

海外でも相変わらず困っています。
一番困るのはプラスチック分別。
そもそも、
見た目でこれはプラ、これは違う、とわかるのは普通なのでしょうか。
以前は硬いかどうかで判別できたアルミ缶とスチール缶の違いも、
現在もすぐわかるものでしょうか。
私は
捨て方がわからないものは買わない、
という選択をするときが増えました。
 
あなたはゴミ分別力に自信がありますか?
 
 
 
 

| | コメント (2)

2016年2月 1日 (月)

新しい生活に慣れるまで(近くの探検に必要なもの)

引っ越してからは

1) 買い出し・・食品、掃除用品
2) 銀行や大使館等滞在の手続き
3) 近くの探検・・主にスーパー、ATM
をしながら、日常生活がスタートします。  
 
食べなければ生きていけないので、
スーパーや手軽なレストラン、ATMの場所を知っておくことは
かなり重要です。
スマホも便利ですが、画面が小さいことや
電波具合、電池切れ、現地での入手までのことを考える必要があるので
慣れない土地では事前にガイドブックやPC等で
近くのスーパーとATM、Restroomを数カ所押さえておきます。
私はEverNoteを使っているので
なんでもそこに記録していますが
住居周りの地図は紙ベースでも1枚持つようにしています。
 
意外と便利なのが、
自分の住所や電話番号、メールアドレス、
どちらが姓でどちらが名かも明記した氏名
を書いたメモでした。
新生活を始めるにあたって、記入することがよくあったので。
また、Restroom問題。
日本ではコンビニが発達しているので安心ですが
海外では清潔なお手洗いがある場所が結構重要です。
都会であれば大きなホテル、
それがなければ
百貨店、入ってみたいカフェ。
 
これらのリストを持っていると
安心度が高まります。
こうして考えると、
食べものが買えて、お手洗いが借りられて
お金もおろせるコンビニエンスストアは偉大です。

| | コメント (0)

2016年1月25日 (月)

新しい生活になれるまで(お掃除用品) 

引っ越してからは

1) 買い出し・・食品、掃除用品
2) 銀行や大使館等滞在の手続き
3) 近くの探検・・主にスーパー、ATM
をしながら、日常生活がスタートします。
今日はその掃除用品の覚書です。
 
現在大まかな掃除
(リビングに掃除機・水拭き、バスルームの掃除、リネンの交換・ゴミ処理)
はサービスです。
その前提で、買ったものは
・ガムテープ、もしくはコロコロ
・雑巾10枚程度(たっぷり使ってまとめて洗うため)
・酢
・食器用洗剤
・洗濯用洗剤
・みつけられれば重曹
・みつけられれば薄手の作業用手袋
です。
 
私の掃除のポリシーは、以前何かの記事で読んで以来、
・隅をきれいに
・乾拭き
です。
 
きれいに掃除機をかけているのに
なにかもっさりしているときは
角に汚れが。
・・・ガムテープでペタペタとります。
 
なんだか落ち着き感がない、というときは
磨きが足りない。
・・・乾拭きをします。
 
住まいの汚れというのはほとんどがホコリで、
油汚れ(皮脂だったり調理の油だったり)があると
そこにベタっとホコリがつくのだとか。
 
なので、乾拭きで磨いておくだけで
ホコリがくっつきにくくなるのだそうです。
 
初回は、薄めた酢水で床だけではなく、壁を拭きあげます。
バスタブの中も外も、シンク下も。
クモのすが張っていそうな角も、 
手袋があれば安心して手をのばせます。
備え付け冷蔵庫も酢水で拭きます。
重曹が良いともききますが、
私の使い方なのか水によるのか、
溶けきらずに残るときがあるので酢にしています。
 
備え付け洗濯機も、酢と重曹でカラ洗い。
日本は洗剤が豊富で
リーズナブルなもの、エコなもの、
時短なもの、手にやさしいものと
いろいろありますが
いろんな方のブログで酢が活用されていて
こういう買い物結果におちつきました 。
先駆者の方々に感謝ですshine
 
 

| | コメント (0)

2016年1月18日 (月)

海外生活に慣れるまで(最初に買った食品)

引っ越してからは

1) 買い出し・・食品、掃除用品
2) 銀行や大使館等滞在の手続き
3) 近くの探検・・主にスーパー、ATM
をしながら、日常生活がスタートします。
 
私が住んでいるのは家具付き(キッチン用品・食器も含む)なので
最初の買い出しでは、1のとおり
主に食料品と掃除用品になります。
お掃除自体も基本的にサービスでついていたりするのですが
自分でするほうがくつろげます。
 
最初に買ったもの=手に入りやすいもので味が安定しているもの です。
・簡単なパスタ料理ができる材料
  パスタ・塩・胡椒・オリーブオイル・トマトケチャップ・ガーリック・しょうゆ
・手に入れば白米・ 生姜・ねぎ・出汁パック等
・わかれば、卵・くせのなさそうなお肉(鶏>豚>牛・・?)
・ミネラル水(あると安心)
 
パスタは偉大です。(私は今のところグルテンフリーではありません)
手に入りやすく、保存に便利で、汎用性もあります。
KIKKOMANも偉大です。
今までの経験上ではどのスーパーにも置いています。
 
これだけあれば、
・塩コショウ味
・ケチャップ味(コンソメがあればなお美味)
・醤油味(出汁があればなお美味)
・ガーリック味(赤唐辛子があればなお美味)
の4パターンができます。
 
これらで気持ちを整えている間に
次への気合いがむくむくとわいてきます。
 
パスタに飽きたら
白米・ねぎ・生姜・だし・卵 でおかゆを。
この朝食は、
日本を感じる瞬間です。
 
レシピブログではないので
きっちりとしたレシピはのせませんが
覚書として。
 
追記:お砂糖はこの最初の買い物リストにありません。
調味料のさしすせそは日常生活ではよく使いますが
引っ越し直後の最低限を整えるような場面では
経験上、使うことがありませんでした。
さしすせそについては後日・・・
 
 
 
 
 

| | コメント (0)