« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月31日 (月)

受け取り方の違いがおもしろい

 

私は運がいい方だと思っています。

抽選やくじなど、なぜかあたりやすくて

じゃんけんやビンゴ、

投函するものやくじなどのひくもの、

なかなか楽しい時間のひとつです。

 

最初に記憶があるのが、

学生の時にあたったモンブランの万年筆。

それから、ウォーターマンのボールペン

2万円のお肉券

自転車などの大型から

じゃんけんやビンゴでの景品。

何かイベントに参加すると

面白いことが起きて記憶に残る時間となるとか

まあ人生思いがけないことが起きるよね、

楽しい時間がいっぱいだ!と認識しています。

 

それを

「ひきが強いと言われる」とか

「よくあたるほう」と表現していたのですが

先日、思いがけないことが起きた時に使ったこの表現を

「よくないことが起きる方向」で受け取って

「そんなことないよ」となぐさめてくれた人がいて

私にはとても新鮮でした。

 

こちらの言葉足らずをどう受け取ってくれているのか、

人それぞれ、

その人のどんな面で受け止めてくれるのか・・・?

興味深いなと思った出来事となりました。

 

あなたが、

そう受け取る?と驚いたことありましたか?

 

もとから言葉をきちんと発する人なら

そういうことは起きないのかな。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年10月24日 (月)

デスクトップファイル削除

 

なんとも衝撃的なできごとでした。

 

クラウド系の新しいものを試していた時に

愛用MacのDesktopを消してしまいました・・・

 

デスクトップが消える、伝わりますか?

 

みなさん、パソコンのデスクトップに

何かしらファイルやフォルダを置いていませんか?

あまりそこにいろいろ置きすぎていると

起動が遅くなる、というアレです。

 

私のデスクトップには

「今日するもの」フォルダ

「明日するもの」フォルダ

「来週するもの」フォルダ

があって、

パソコン作業のときはそれに手を付ける動作にしていました。

それが、消えてしまう。

フォルダが消えたのではなく、

デスクトップ そのものが消えた、言い換えると

Macの頭脳からデスクトップという概念?が消えたかのよう。

デスクトップに再配置しようとしてもできないわけです。

 

強制クリア、となり

私のパソコンは必然的に非常に綺麗なものとなりました。

言い方を変えると、

私のデスクトップはいつも何もなくて綺麗です。

どの机も頭の中も、この状態を保つように

人生チェンジの時がきた、ということにします。

 

あなたは人生チェンジの時はどんな時でしたか?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年10月17日 (月)

水やり当番交代の雨

 

雨の日に外出予定がある時は

一番に泥ハネ対策が頭に浮かびます。

・・・と書いて気が付きましたが、

今は泥は跳ねませんね。泥、あまりないので。

 

あるお客さま先からの帰り、最寄りバス停に立っていると

必ずと言っていいほど、目の前を通る車からの水ハネがあります。

ビシャ!!!っと。

中洲状態のバス停なので後ろにひくこともできず、

できるのは、

何かで自分をガードすることと、

迫り来る車のドライバーさんの目を見て

「気をつけてね!ここはねるからね!

 徐行してね、よろしくね!」と目で訴えること。

 眼力、強くなりそうです。

 

今日は外出のない雨の日です。

植物の水やりを空と交代できてラッキーな1日です。

と話すとたいていシアワセな人だねぇ、と笑われます。

これは言葉通りのシアワセの意味あいではないよね、

ということもうっすら感じています。

 

あなたは雨といえば何が思い浮かびますか?

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年10月10日 (月)

山が動くとき

 

地殻変動とか、地震とか、

そういう話ではありません。

変わるはずがないと思っていたものが変わる、

それを山が動いた、と表現することがあります。

 

私が提供しているコーチングセッションでは

スピード感を持って躍進するというよりも

山が動いた、と表現されることが多いです。

八方塞がりで自分はどうにもならない、

周りが変わってくれないと、

と言っていた方が

数年のセッションを経て、

「いつの間にか自分の在り方が変わっていた。

 いつの間にかだけど、今の自分が誇らしい。

 もう前の自分ではない。

 山は動いた!」

とおっしゃる。

おもしろい表現です。

 

私も、山が動いた、と感じた経験があります。

理不尽な主張をする相手に動じなかった時、です。

それは、前に

「腹がたったら、とりあえず

 おもろいな、と返すことにしている」

という話を聞いた時、

オモシロイトカエスコトニシテイル?

とフリーズしたのがきっかけでした。

このオモシロイは、

良い意味にも嫌味にも通用するので

脳が一旦混乱してクールダウンして、

遠い目で事象をみつめなおす感覚とでもいうのでしょうか・・・

「おもしろいご意見ですね」と発することで

侮りではなく好奇心を持てる、という

おもしろい技を身につけました。

 

最初に戻って

あなたの山、動いたと感じたことはありますか?

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2022年10月 3日 (月)

栗タワーという発想

 

オランダ在住の先生に習っている

テーブルコーディネートレッスン@Zoomのコースが

終盤に近づています。

 

食卓に関わるものすべての知識、

つまり食器や食物だけではなく、

建築、美術、花などなど、本当に多方面からの知識を学び、

毎回テーブルコーディネート実習もあり、

フラワーアレンジメント実習あり、

2時間強とは思えない濃厚さの

フィニッシングスクールのようです。

もっと若い時に受けたら違う人生だっただろうなと。

 

毎回、フラワーアレンジメントは、

この花材でどうする?というわくわく感で臨みますが

今回は

「モスシート・栗・針金・円錐」

これが、

なんとかわいい栗タワーに!

 

Img_5452-1

 

栗がもこもこ登っているようで、

ひとつひとつの背中がとてもユニーク。

どうしたらこんな発想がでてくるのかも

習ってみたいものです。

 

あなたが今習ってみたいことは何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »