« WBECS2016 USB到着 | トップページ | 就活コーチング »

2016年8月29日 (月)

コーチングを受けるメリット

先日、

 
という記事を書きました。
じゃあセルフコーチングができるようになるのが
ベストなのか、という話です。
セルフコーチングができるようになると、
いろんなことを自分ひとりですっきりさせることができるでしょう。
だったらコーチはセルフコーチングできていいね、
と思われるかもしれませんが、
私はそれだけでは足りないと思っています。
 
一人で考えて、解決できるものならできています。
 
一人で考えてもすっきりしないなら、
書き出してみると良いというのはよく言われます。
これは一人でもできます。
 
私は今日を充実させたいなという時には
たいてい to do リストを作ります。
やることが明確になると、行動がかわるからです。
 
さらに、書いてもだめなら、口に出す。
セルフトークでも良いですが、
誰かにしゃべる、聞いてもらう、
これは誰かがいてこそできることです。
話すだけですっきりすることは多々あるでしょう。
 
ただ、皆さんも気をつけているとおり
相手を選ぶことは大切です。
くちの軽い人、
自分の話で傷つける可能性がある人、
(義理家族のことをパートナーにする、
 子育ての悩みを子どもが欲しくて悩んでいる方にするなど )
自分の話に持っていってしまう人、
まだ話し足りないのに妙に前向きにはげましてくれる人、
(あるあるですね・・)
などなど。
 
そういう観点から、
聴き方のトレーニングを積んでいて
信頼関係のあるコーチと話すことは
とても効果的です。
 
ひとりでできる範囲を少しだけ超えてみようと思う、
そして超えてみる、
それがコーチングを受けるメリットだと思います。

|

« WBECS2016 USB到着 | トップページ | 就活コーチング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« WBECS2016 USB到着 | トップページ | 就活コーチング »