« ゴミ分別問題 | トップページ | 桜! »

2016年4月 4日 (月)

子育てに活かすコーチング

ふと、「子育てに活かすコーチング」

という講座をしていた時のことを思い出しました。
 
どうしてこどもの悲しい事件が起きてしまうんだろう、
と思ったことがきっかけでした。
 
生まれた時は本当に純粋で、
ただ、泣くか眠るかだけの存在でしたね。
起きていても、
人を疑うこともなく
人を操ることもなく
ただ、おなかがすいた、なんか心地悪い、
そういう感覚を訴えて泣くだけ。
お母さんの顔が見えたら笑い、
抱っこしてもらえば笑い、
あやしてもらえば笑い、
興味があればじっと見る、
そして、何かを訴えて泣く、眠る。
ときには、ただ泣きたいから泣く、
に見えている時もありました。
 
そんな素直な存在が
いつからどう変わってしまうんだろう。
 
できれば、このまま伸ばしてあげたい。
この子の望む方向に、
この子が望むときに、望むだけ
進めるちからをつけてあげたい。
 
そういう子育てには、コーチングスキルが使われています。
たぶん、このスキルは
わかっているけどできないのよね・・・
というものです。
そんな時に、ある学習塾にお声がけをいただき
どんな時にコーチングが有効なのか、
じゃあどうすれば無理なくできるのか、
必要な時にスキルとしてそれを使えるのか、
そういった内容で講座を組みました。
 
子供の悲しい事件をなくしたい。
お母さんのストレスもなくしたい。
そういう思いで講座をしていました。
 
あなたもコーチングを学んでみませんか?
 
 
 
 
 
 
 

|

« ゴミ分別問題 | トップページ | 桜! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴミ分別問題 | トップページ | 桜! »