« 小さい頃に好きだったこと | トップページ | 言葉プラスの重要性 »

2015年10月26日 (月)

May I help you?

小さい頃に好きだったことの続きです。

 
私は本を読むのがとても好きでした。
  図書館が近くにある
  おしゃれなデパートが近くにある
ならば幸せな住処です。
 
ので。
図書館に行ってみました。
インターネットで十分に下調べしてから行ったのですが
図書カードを申請する段階で、早くも
目の前に出てきた単語の意味が英語も現地語もわからず
身振り手振りでお隣の人に聞いて、
何度も聞くのも悪いし・・とめげそうになったところ
 May I help you? というありがたい声が聞こえ、 ありがたく甘えました。
 
無事に入ることができた図書館の中には、
外国書物として日本語の本もたくさん。
自習コーナーでは、
日本語の本を読みながら
現地語でノートをとっている人もいました。
 
 
静かだけど、人の気配がする、
そんな空間はとても居心地の良いものでした。
言葉がわからなくても、図書館はおすすめです。
たいてい、リーズナブルで、
椅子もお手洗いもあって、
美術系や絵本なら
その国の空気も味わえます。
 
普段は小説ばかり読むのですが
今回はなんとなく目に付いた
アランの幸福論の超訳を読んでみたところ
「幸せは自分で手に入れてみないとわからない」
この言葉だけではわかりにくいですが、
なるほど、と思うことがたくさん書いてありました。
 
 
と、アランの幸福論の話を書きたいのではなく、
今日思ったことは
  May I help you? の言える人になろうshine
 です。
今は後ろの人のためにドアをあけておくくらいしか・・・
なぜかよく道を聞かれるのですが
質問も答え方もわからないのですsweat01
 
 
 

|

« 小さい頃に好きだったこと | トップページ | 言葉プラスの重要性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小さい頃に好きだったこと | トップページ | 言葉プラスの重要性 »