« さらに年下のお友達と | トップページ | どこまで配慮が必要か »

2014年3月10日 (月)

お茶の香り

小山園さん に連れて行ってもらった。

ちょうど、和菓子のアン を読み終わって、

にわか和菓子ファンになっていたので

ミーハーなことで申し訳ないながらも、テンションが上がる。

でもそのテンションも、

良い意味で、お店に一歩入ったとたんに落ち着いた。

 

 

お茶のいい香りがお店に立ち込めていて、

香水やらアロマやらいい香り好きの私は

シビれてしまった、という言葉が一番合う。

 

五感のあらたな感覚が開いたようで、

このおしゃべりの時間は、

ゆるゆると体の中から心をマッサージしてもらったような

そんな時間となった。

 

今日感じた(わかった)いろいろなことは

きっと、

香りとともに思い出すに違いない。

 

そういえば、グリーンティの香りの香水、

もう何本もリピートしていたんだった。

私は意外と和風なのかも。 

 

 

 

 

|

« さらに年下のお友達と | トップページ | どこまで配慮が必要か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さらに年下のお友達と | トップページ | どこまで配慮が必要か »