« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

体温の上がる質問

スキルアップのため、

あるコーチングのコースに申し込んだ。

 

その中の宿題で、う~~~~んとうなってしまった。

「あなたが最も生き生きしていた瞬間は?」

 

 

あるはずだけど、思いだせない。ので、

会う人会う人、ヒントをもらいにインタビューをしてみた。

お仕事中の板前さんに聞いたら

即答「今です。」「そう言えるように生きています」

 

目が覚めた!と思った。

 

 

コーチ仲間にこれを聞いたら、

自分のことではなく、

「あなたの生き生きしてた瞬間のひとつ知ってるよ。

 あのね~」と

これもまた即答された。

 

・・・照れました。

 

 

なかなか体温の上がる質問でした。

 

 

 

| | コメント (0)

2014年2月26日 (水)

前評判が高いこと

レストラン街にて、

あるお店の入り口にシェフの等身大パネルを発見した。

どうやら、地元で有名な番組に出たらしい。

メニューの中の2つが

それぞれ別の番組で「めっちゃ好評」だったと書いてある。

シェフの経歴もずら~っと書いてあって、

その修行のお店は私は知らないお店だったのだけど

世の中には有名なお店はいっぱいあるし、

とにかく、どうも評判が良いらしい。

お値段もお手頃、そこそこお客さんも入っている。

 

ということで、夕食にふらっと入る。

ワインを頼んで(これはとってもおいしい!)

お料理を待つこと待つこと・・・

このところ、お料理の待ち時間が長いなぁと思いながら

おしゃべりとワインを楽しんでいた。

 

 

 

お料理到着。

とても美味しかったです。

でもごめんなさい、

待ち時間とシェフに

過大な期待を寄せてしまっていた。

あのパネルを見ないで、

普通にメニューとお値段に惹かれて入っていたら

感激したかもしれない。

 

 

宣伝は大切だけれど、

どれほど期待をもたせるか、が難しいというお話。

 

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

電車で決めていること

電車の中で決めていることは

原則、本を読む時間にするということ。

 

目的地までの方法を調べて、

降りる時間1分前にバイブのアラームをかけたら

読書タイムとする。

そのためにも、速い電車は揺れるのであまり選ばないで

時間があれば各駅停車ですわって行く。

 

戦争の場面がイメージしにくくて

映画が先となり、

この前のネイリストさんに

「最初乗らないなと思ってもがんばって読むと

途中から止まらなくなるんです、

で、泣きながら最後までいったら

あ~、もう一回!って最初に戻るんです。

友達にもそうすすめるとみんな最初はしぶしぶだけど

同じことします!」

とすすめられた永遠のゼロ、読書完了。

 

うっかり電車で読んでしまった。

とまらないし、涙がでるし、

電車で読む本は選んだほうがいいな・・・・・・

 

 

 

と前も思ったんだった。

 

 

 

| | コメント (0)

2014年2月21日 (金)

とても年下のお友達と

今日は、半分くらいの年齢のお友達が

一緒に行きません?と誘ってくれたので

喜んでshine

おひるごはんを一緒に食べながら、おしゃべり。

 

彼のこと、

趣味のこと、

旅行のこと、

将来のこと。

 

「大人になるって楽しいですか?」

と聞かれて、

「楽しいよ」と即答できた自分に嬉しくなる。

でもこれは、

ずっと昔に

大人になるって楽しいよ、っていえる生き方を

しようと思ったことがあるから。

いずれ大人になる人たちに

未来は暗いと予想させたくなかった。

 

 

思ったことがあってよかった!

| | コメント (0)

2014年2月20日 (木)

初ピーチ

ラブリーな機体のLCCピーチ。

安全面はその筋の許可があるのだから大丈夫と信じているし、
乗り場が遠いのも別に気にならない。
CAさんのラフなスタイルに少々驚き、
エコバッグのようなバッグを持つCAさんに驚き、
久しぶりにみた若いCAさんに新鮮さを感じ、
初体験を楽しみにしていた。
狭いことだけがマイナスかなと思っていたら、
今回の1列目は
私がまっすぐ足をのばしても前につかない。
少々短めの足ですが。
 
離陸時に荷物は前の座席の下に・・・ができないので
抱えるんだそうで、
それも私はかえって安心。
座り心地も悪くないし、
必要なものは各自有料セレクト、という姿勢は
シンプルでいい。
選択肢の広がりは、うれしい。
 
 
 

| | コメント (0)

2014年2月17日 (月)

優雅な時間か時間のロスか

大阪にある、グルメサイトでは評判の良いレストランに行ってきた。

眺めがよく、天井の高い優雅な空間の中に、

オープンキッチンが特徴になっている。

 

お料理は評判通りおいしく、

接客も評判通り丁寧で

おしゃべりも楽しく、良い時間を過ごした。

 

が。

席についてから飲み物のリストが来るまで15分。

 

シャンパンをいただいて(空になって)から

お料理のリストがくるまで20分。

 

どうやら、私たちが忘れられていたわけでもなく、

まわりをみても、そんな感じらしい。

時間制だからと急がされるよりいいわね、

と景色とおしゃべりを楽しんだが

それにしても、長い長いランチタイムとなってしまった。

 

隣の席の方はお急ぎだったようで

どうしてこんなことに?と何度も問いかけていた。

優雅な時間か時間のロスか。

わかっているのは、

1日は24時間で変わらない、ということ。

 

私は、この時間をうまく使えたのだろうか。

 

 

 

| | コメント (0)

2014年2月14日 (金)

大卒マグロと過ごした時間

とうとう、かの有名な大学卒マグロをいただいてきた。

エレベーターを上がるとそこにはもう長い列。

平日ランチタイム開店20分前で、もう100人は軽くこえている。

特に急ぎの用事もなかったし、

暖かいし

・・・2階のキルフェボンには今の時期には並べないな・・・

おしゃべりしていたらいいよね、と並んでみることにする。

 

たぶん、待つこと開店からさらに1時間。

 

通路とほぼかわらない場所のカウンター席もあれば、

見晴らしいのいい(つまり並んでいる人からまるみえ)の

テーブル席で相席にもなりそうな中、

ラッキーなことに、奥のテーブル6人席を2人使用させてもらった。

たぶん、

私たちの20人くらい後で「本日分完売」となったからでしょう。

 

美味しく頂きました。

決してコスパがいいとは思えないけれど、

養殖がどうのとか、

和歌山はいいよねとか、

こんなに並ぶってどうなのかなとか、

そんな話題を持つにはなかなか良かった。

 

 

経験してみるっておもしろい。

 

 

| | コメント (0)

2014年2月12日 (水)

マカロンロンロン

たとえ業界さんの戦略であったとしても、

なんらかの話題にのるのは嫌いではない。

ので、バレンタインもそれなりに

しかも大好きなチョコレートの祭典なので、嬉しいイベント。

 

試食という名のお試し買いには

来年から予算確保が必要かしら、なんて思ったりもする。

百貨店をいろいろ回った結果、

思い立ってマカロンを作ってみた。

昨年、ピエール・エルメのマカロン教室に参加した身として

慎重に、愛を持って。

微妙な温度管理や素材に凝ることができない分、

美味しさへの尊敬と直感を信じて。

おかげで、

オーブンの新しい使い方(途中で温度を下げる方法)がわかったshine

 

好奇心は偉大。

遠くににいて日頃の感謝を伝えられないみなさまへ

写真にて、Happy Valentine wine

Macaron

 

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

イカニモタコニモ

マンションのエレベーター待ちで一人の男性と一緒になった。

たぶん、我が家の真上の部屋の方。

ご挨拶をしていないので不確かだけれど。

上下に住んでいるならご挨拶しておいたほうが、と思って

「寒いですね」と話しかけた。

短時間ながらも少々会話となったので

「私、***号室なんですが、@**号室の方ですよね」

とご挨拶したら、

「いかにも私が@**号室です」

とお返事いただいた。

 

意識はしていなかったのだけど、私の頭の中で

「そうでしたか」とか

「いつもどうも」とか

「うるさくないですか」とか

「ご挨拶しそびれていて」とか

そういう会話になると思っていたようで

いかにも私が、と言われて思考回路停止。

 

自然と出るはずの

「(いえいえ、ぜんぜん。うちこそ)ご迷惑かけてないですか?」

も出ずに、

あたまの中は

「イカニモ・タコニモ」のフレーズがリフレイン・・・。

 

 

おかげさまで、笑い出しそうになるのをこらえて

笑顔で「お先に失礼します」と降りられたけど。

 

 

思いこみはいけない、という教訓。

 

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

オオギリ

オオギリを見に行ってきた。

NHKでも「ケータイ大喜利」という番組があったりして、

なかなか人気があるらしい。

大喜利が何かピンとこなくても、

「笑点」といえば、かなりの人が

オープニングの音楽と一緒に思い浮かぶに違いない。

 

 

思ったこと。

頭の回転がとんでもなく早い!

お題にたいして、

早い回答者はお題が出た瞬間に手を挙げる。

最初はただ笑ってみていたのだけど、

そのうち、

笑えない回答もきくにつれ、

それくらいなら

私もそこそこいけるんじゃない?

という気持ちがむくむくと。

 

後半は私も参加者になったつもりで

きいていた。

たぶん、猛者にはまったくかなわないのだけど

あたまの体操にはとっても楽しい。

さて、サイトにも出ていたお題。

 

あなたならなんと答えますか?

 

 

 

「日本人初の民間宇宙飛行士になった彦麻呂。

初めて地球を見てなんと言った?」

 

 

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

ベビーファースト

電車のポスターで、

「ベビーファースト」というものを見た。

ピンクイメージのかわいらしいポスターで、

具体的行動が書いてある。

 

ベビー(ベビー連れの人)に

・扉をあけてあげましょう

・席を譲りましょう

・話しかけましょう ほかいろいろ。

 

そうなんだけど、

違和感がある。

 

ポスターがあるっていうことは

「それが当然」の世の中ではないって意味にもとれる。

 

ベビーファースト運動だからってするかな。

されて嬉しいかな。

お互いに、

自然にわき出る気持ちじゃないのかな。 

 

これが恋人同士だったら、

「もっと優しくしようキャンペーン」があって

タイミング良くパートナーが優しくなったら

・・・うそっぽく感じないかな。

 

ちゃんと宿題してるのに、

「宿題しましょうキャンペーン」があったら

キャンペーンだからしたって思われたらいやだな。

 

レディファーストの国に、

レディファースト月間ってあるのかな・・・

うーん。

 

 

| | コメント (0)

2014年2月 3日 (月)

家づくりと子育て

近々、「家づくりと子育て」というテーマで
お話をさせていただきます。
 
家づくり。
キッチンの収納を工夫したり
インテリアショップを見に行くのは大好きですが
実際に家をたてるとなると
私は全然自信がありません。
もちろん設計士さんにおまかせするのですが
あれも好きこれも好きで
決められないと思うのです。
 
なので、そういうハード面の話ではありません。
家のソフト面のお話です。
 
怒っている人がいたり、
泣いている人がいる部屋の空気、は
想像がつくことでしょう。
では毎日生活している自分の家の空気は?
その空気をつくっている私って?
たぶん、肌で感じていることで
たぶん、無意識にできていることだと思いますが
改めて意識してみませんか。
 
 
詳細は別途お知らせしております。

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »