« タイトスケジュールを反省 | トップページ | 自己PRの作り方 »

2013年9月30日 (月)

働きアリの法則

働きアリの法則というものがあるらしい。

 

よく働いているように見えるアリの集団でも、

働いているのは8割で、2割は怠けているというもの。

 

2-6-2の法則というのもあって、

2割 : 組織を引っ張ってよく働く

6割 : 普通に働く

2割 : 怠ける

だそうだ。

 

人間社会にはこれはよく当てはまるというが、

私の興味を引いたのはここ。

「100のうち、怠ける20を排除しても、

母体80から新しく怠ける2割がでてくる。」

 

なるほど。

いつ誰がどうなるかわからないということ。

「しかし、怠ける2割が良くないかというとそうではない。

突発的な事態のときなどに、大きな力を発揮することがある。」

 

なるほど!

こういう目でみると、お互いを尊重しあって毎日を過ごせそう。

 

 

教訓・思いこみはよくない。

 

 

 

|

« タイトスケジュールを反省 | トップページ | 自己PRの作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイトスケジュールを反省 | トップページ | 自己PRの作り方 »