« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月30日 (月)

働きアリの法則

働きアリの法則というものがあるらしい。

 

よく働いているように見えるアリの集団でも、

働いているのは8割で、2割は怠けているというもの。

 

2-6-2の法則というのもあって、

2割 : 組織を引っ張ってよく働く

6割 : 普通に働く

2割 : 怠ける

だそうだ。

 

人間社会にはこれはよく当てはまるというが、

私の興味を引いたのはここ。

「100のうち、怠ける20を排除しても、

母体80から新しく怠ける2割がでてくる。」

 

なるほど。

いつ誰がどうなるかわからないということ。

「しかし、怠ける2割が良くないかというとそうではない。

突発的な事態のときなどに、大きな力を発揮することがある。」

 

なるほど!

こういう目でみると、お互いを尊重しあって毎日を過ごせそう。

 

 

教訓・思いこみはよくない。

 

 

 

| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

タイトスケジュールを反省

今日は夕方に2件、車移動で時間が読めないのに

時間を読み誤るとアウト、

相手に時間の都合を言わずにゆったり向き合いたいのに

時間制限が、という

ややこしいスケジュールを組んでいた。

 

 

それに加えて、午後イチに1つ予定を入れていた。

と思ったら大きな勘違いで

12時と思っていた予定は3時半だった・・・

さらに、12時の予定と、3時半の予定は別物で、

    12時(予定省略)   (時間省略)元町

という2つの、意図のわからない省略メモのため。

夕方の予定に間に合うけれど、

やはり時間がぎりぎり。

「車移動で時間が読めないのに時間を誤るとアウト」に

2件追加、となってしまった。

 

久しぶりの綱渡り。

もうしません。

 

教訓 : メモは省略しない。

 

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

お礼状を書く

今日は完全なオフ。

 

映画大統領の料理人を見に行こうかと思ってはいたのだけど、

食欲増進に拍車をかけそうなので

あえて今日はインドアの日にした。

 

お礼状を書くことと、

ピアノの宿題を仕上げること。

 

お礼状を書こうと

先日新しく買った、鳩居堂 の和風の便せんを手にして

ふと、筆ペンで書いてみようと試みる。

 

 

思ったような達筆で書けないので

伝わるはずの気持ちも伝わらないような気がしてくる。

素敵な便せんなのに。

 

手書きが大切か、

綺麗さが大切か。

 

今日のところは慣れた万年筆で。

お習字を再開したい、と浮かんだと同時に

「何にNOを言うか」という自分への問いも浮かんだ。

 

まずは、心をこめてお礼状を書こう。

 

| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

目の輝きが変わる

大学の授業が始まった。

夏休み後の学生は、たいてい日焼けしてにこにこして、

いい顔をしている。

 

が。

今年はさらにいい顔をしている。

大きな荷物は全部勉強道具で、

「ほぼ毎日学校に来て勉強していました」と言う。

・・・今まで、そんな言葉を聞いたことがない。

 

彼らは資格試験を受けるために一生懸命勉強しているという。

あと少しだから、と健康管理にも気を配っている。

疲れている様子もなく、目が輝いている。

 

こんなに勉強したことがない、という。

その子たちが、空き時間に自分からテキストを広げている。

おもしろい、らしい。勉強が。

やることがめっちゃいっぱいあってしんどい、けどおもしろいらしい。

 

 

 

コーチとして、とても気になる。

何があなたたちをそんなにやる気にさせた?

誰がと聞くべき?

何がと聞くべき?

 

 

コーチングでよくある、認知とか承認とか、

そういうことではなさそうだ。

 

気になる。

授業を見学させてもらおうかな。

みんな、いい顔をしている。

私も背筋が伸びる。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

変えないから出会えない

コンカツがうまくいきません、という男性からのお話で

この方の学びのシェアを。

 

コンカツがうまくいかない、という場合

よくあるケースが、

「自分の希望に沿う女性が

 自分を好きになってくれる可能性を考えていない」ですが

「変えないから出会えない」が結構あります。

 

なかなか出会いがない、いい人とご縁がない場合、

今の生活を続けていても出会える確率はそうそうあがるものではなく

人事異動で部署が変わったり

転勤になったり、ということがあれば

出会いも新しくあるでしょう。

新しい出会いがなくて気の合う人がいないから相談所・・・

にいってもやはりあまりご縁がつながらないのだそうです。

 

 

お仕事が多忙で転勤があるけれど

ご長男で必ず田舎のご両親をみなくてはいけない、基本同居、

という、女性からすると躊躇する方なのですが

見事、趣味のサークルで知り合った方と恋愛結婚へ発展中です。

 

ご本人は、結婚はあきらめて趣味に逃げようと思った末のサークル加入だとか。

 

 

自分を変えないから変わらない(まま)。

変えたら変わった。

 

コーチングセミナーでよくお伝えする

「手放すと手に入る」、ということでもありそうです。

 

私も手放そうshine

 

 

| | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

残念な出来事

とても美味しく、気に入っているお菓子がある。

 

先日、そこから通販の案内が送られてきた。

不思議なことに、半分近くは政治信念的主張が書かれている。

食べ物に関する理念や、健康に関する主張なら納得なのだが

私の理解では、あまりつながりはない。

サイトをみてみると、もっと色が強い。

 

 

個人的に味わうにはまたいただくかもしれないけれど、

お遣い物にはできなくなってしまったな・・・。

これをお送りするとたいてい喜んでくださって

リピートリクエストもあるくらいなのに。

とても残念。

 

調査は大切という教訓か、

新たなお遣い物をみつけようという切り替えか。

 

 

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

これって幸せ、と感じるとき

朝、10時。

ゆらゆらしている洗濯物と、

たくさんつぼみをつけているミニバラや

ハーブが茂るベランダを眺めながら

紅茶を飲む。

遠くに船。

 

洗濯物がなければ、ちょっとしたリゾートステイのようでもある。

洗濯物がなければなあ・・と思いcafe

あ、これがあるから日常の幸せなのねflairと思い

広いお庭ならもっとなぁ・・と思いcafe

お手入れを考えると私にはこれがあってるわflairと思い

虫嫌いが克服できてから広い庭に憧れることに決める。

 

ということで、

私の日常の幸せが出来上がった。

この日は、飲み終えてピアノの練習をして、

お菓子でも作っちゃおう、という気分になって

優雅な一日を味わった。

 

自分の一日を創るのは、自分。

 

次はどういう一日にしようか。

 

 

 

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

IT社会の弊害

IT社会の弊害、と書いてしまうと大げさかもしれないが、

ある店に食事に行った時のこと。

 

30分くらい待って、席につくことができた。

某サイトで評判が良く、「結構待つかも」と書かれていたので

待つことを覚悟していった。

出てきたお料理はなかなか美味しく、

・・・

しばらくして、店主さんが「美味しいですか?」と聞いてきた。

美味しいです、これがこうでとっても美味しい、と答えると、

微妙な顔をなさる。

 

「いや、あの、某サイトに並ぶほどでもないって書かれちゃったから・・」

とおっしゃる。

 

それを聞いて、(私が書いたわけじゃないけど)非常に申し訳なく思った。

ここはたぶん、地元の人に気軽にきてもらえたらいいな、

というコンセプトのお店で、駅前に少ない席数のお店を構える。

 

美味しい、という記事が独り歩きして、

結果、並ぶ人が増え、勝手に1時間1時間半と並び、

その結果「並ぶほどでもない」という評価がつく。

 

なんというむなしい展開。

 

その後、お店の方といろいろお話しながらいただいて、

とても勉強熱心な方だと感じる。

作り方やこだわりもお話してくださった。

「2階に妻と子供がいるので負けてられないんです。」

という言葉も聞き、

うまくまとめられないけれど、

う~~~ん、と考え込んで帰路についた。

 

カウンターだったのでおしゃべりはしたけれど、

手の動きは鮮やかなままだった。

まわりのお客さんも聞いていたかな。

 

 

 

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

句集に思う

お世話になっている方から、句集をいただいた。

 

表紙に施されている風景の素朴さにひきつけられ

その感性に非常に驚かされる。

 

中を拝見して、

その一句一句に、情景や香りがじんわりとでてくることに

再度驚かされる。

その方にも、

そういうことができた私にも。

後書きを読んで、

氏のさらに深い感性に触れ、

私も俳句を始めようか、とまで触発される。

 

感性を揺さぶられた日。

ありがたく思う。

 

| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

おすそわけの幸せ

グランフロントにある旬穀旬菜というレストランに行ってきた。

三國清三シェフのプロデュースと聞けば

私は道産子、それは美味しいに違いない、となる。

高級フレンチ・薬膳・体に巡らせる・素材を生かす

というキーワードは、

とても興味をそそる。

 

このレストランは、メニューは1種類。

その思い切りのよさに、豊かさや安心を感じる。

 

もちろん、目も舌も、胃も鼻も、

美味しさを味わい、 

グランフロントの存在にも

このレストランにも

時代のさきがけのような、新しい提案を感じた。

 

 

このレストランは、

ロート製薬さんの「福利厚生のおすそわけ」だという。

なんて素敵なおすそわけ。

私も、幸せのおすそわけをできるようになりたい。

 

 

 

| | コメント (0)

2013年9月 4日 (水)

話す割合聞く割合

いつも元気をもらう、

シルバーコーチング若葉編仲間の畑コーチとの話。

 

まあ、私はいつもさっちゃんと呼んでいるのだけど。

今日はさっちゃんがいつもの調子と違う。

いつもの通り元気いっぱい前向きなさっちゃんなんだけど、

何かが違う。

ということを感じながら

いつもの通りとりとめのないおしゃべりタイムを楽しんでいた。

 

今日は、話の流れでさっちゃんが話す場面が多かった(と思う)のだけど、

若葉編タイムの終わりかけには

とっても満喫した~~、という思いがわいた。

 

なんだろう。

「話し役は楽しいけど聞き役は不満がたまる、

会話は相手8自分2の意識で」などと言われるが、

私も少なからずその体験はしている。

でも今日、

おしゃべりが楽しいかどうかは話す割合ではないflairと実感した。

これは、初めての感覚だった。

 

 

たぶん、だけど

量ではなく、

相手が受け取ってくれたな、と感じたかどうか。

伝わったな、と自分が感じたかどうか。

それをお互いに感じたかどうか。

そういうことなんじゃないかな。

さっちゃんはそのあたりきちんと受け取って、

受け取ったよ、それでね、と返してくれるから。

 

 

さっちゃんは、話すのも聞くのも上手。

私は、話すのはちょっと苦手。

できれば楽しい話を聞いて笑い転げていたい。

「笑い転げながらおしゃべりを満喫する」という技を身につけようshine

 

 

という今日の学びをたまには先にアップしてしまおうpencil

楽しい時間への感謝の証、でございます。

 

 

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

振り返りの仕事事情

先日、

「どんな働き方をされているんですか?」

だったかな

「どんな生活なんですか?」だったかな。

そういうことを聞かれて、

ふっと振り返った。

 

10年ほど前、私は手帳に

「時間に追われて毎日3時間睡眠sweat02

余裕をみせていても水面下は全速力の三輪車漕ぎdashsweat01

上を向いて浮かんだり

優雅な平泳ぎだったりの生活がしたーい!」

と書いていた。

 

いま、振り返ってみると

ありがたいことに時間のゆとりがある生活。

今日は

上を向いて浮かんで、思いついたことをする一日。

 

自分が大切にしていることをして、

人と会ってお話して、楽しい時間をすごして

喜んでいただけて。

これでいいのかしら、と浮かび

もっと磨こう、と思う。

 

 

仕事、家庭、子育て・・・ 

既婚未婚、専業主婦兼業主婦、

子供の有り無し、家事分担、仕事分担。

そういう視点でみていると、

得られないものがあったかもしれない。

 

そういう振り返りとなった。

 

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »