« 楽しむ会話のスキル(1) | トップページ | 楽しむ会話のスキル(3) »

2013年2月 6日 (水)

楽しむ会話のスキル(2)

ステップ1ができたら、次は当然ステップ2です。

 

判断しないで、話をききましょう。

 

男性にありがちと言われますが

実は女性にもありがちな聴きかたが

「○×をつける」

「アドバイスをする」

聴きかたです。

 

真剣に聞いているとつい

○×△(アドバイス)を考えながらきいてしまいます。

それは間違いではありませんが、

楽しむ会話では、それはずっと後回しです。

 

こうお話するとよく質問が出ます。

「判断しないで、どう話をするんですか?」

 

答。  

この人はどんな人なんだろう=どういうことで何を感じるんだろう、

ということを感じ取るききかたをしてみてください。

 

会話は、時間つぶしとか場つなぎとも言われますが

そもそもの会話の目的は

伝えあうこと、ではないですか?

 

だったら、○×はずっとずっと後回しです。

この人は何をつたえたいのか、を感じてください。 

 

A「昨日、映画見てきたの。よかったよ。」

B「そうなんだ、どんな映画?」

 

A「昨日、映画みてきたの。よかったよ。」

C「どんなところがよかった?」

 

この違いがわかりますか?

Bさんは映画に焦点をあてたききかたをしています。

話題の中心は「映画」です。

 

CさんはAさんの心に焦点をあてたききかたをしています。

話題の中心は「Aさん」です。

 

当たらず障らずで話が盛り上がるのは前者かもしれませんが、

深く会話をした感があるのは、後者です。

 

「人に焦点をあてる会話をしてみましょう」

 

|

« 楽しむ会話のスキル(1) | トップページ | 楽しむ会話のスキル(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しむ会話のスキル(1) | トップページ | 楽しむ会話のスキル(3) »