« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月27日 (水)

婚カツにおいて(1)自分をみなおす

コンカツセミナーでは

お話することはたくさんあるのですが、

これを抜きには進めない、ということがあります。

「自分をみなおすこと」です。

そこをしないことには

なんのアドバイスもできないし

なんの行動にも移せない。

"内気"な男性がいたとして、

よく「積極的になりましょう」「明るい人になりましょう」

と言われますが、

そこが変えられないなら変えなくてもいいんです。

"内気"をアピールポイントにすることも十分可能です。

今までに出てきた"内気な男性の良い点"は

 

・自己主張しないので女性に優先権がある

・インドア派

・変化を好まない=安定を好む

・平穏な日常が好き

・浮気の心配なし

・交際費がかからない

・ぐちを言わない

・聴き上手

 

など、たくさん。

何も気にせず、

自分についてをたくさん洗い出してみてください。

 

 

| | コメント (0)

2013年2月25日 (月)

磨く神様が降りてきた

お掃除の神様が降りてきた。

 

鍋を磨く

床を磨く

机を磨く

鏡を磨く

コップを磨く

アクセサリーを磨く

 

掃除=磨く となることが多い。

音楽をかけながら磨く。

テレビを見ながら磨く。

ただ、磨く。

 

私自身も出会ったクライアントさんも光ることができますよう

今後とも精進します。 

 

 

 

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

産みの苦しみ

社中展のお話があってからはや2カ月。

具体的なイメージはまだわかず・・・

 

常に頭の中に「どうしよう」は存在しているものの、

まだ腑に落ちるものがない。

 

刺激を受ける方がいいのか

頭の中で練るほうがいいのか

それさえもわからず、

日々を過ごす。

 

そして、こういうときに出てくる言葉は

「自分を信じるしかないな。」

 

ちゃんと間に合うように、

インスピレーションが湧くはず、私!

と信じる。 

それを信じて日々精進。

 

あなたはどんなときに自分を信じようと思いますか?

 

| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

楽しむ会話のスキル(7)

ここまでのところ、

それほど難しいことはお話していないと思います。

たいていの人が自然としていることで、

時々緊張のあまりに忘れてしまうこと、です。

 

そしてここが、少し難しいところ。

表情、です。

こればかりは、

一流俳優クラスにならなければ演じることはできません。

 

楽しくないな、と思っていれば、表情にでてしまいます。

いくら、あいづちうなずき繰り返しをしていても。

いくら真剣に話をきいていても、

「違うよなぁ」と思って聞いたりしていれば

人は自分を攻撃するものに対しては敏感なので、

楽しんでないな、

なんだか×をつけようとしているな、

というのは感じてしまいます。

 

楽しむには、心からその会話を楽しむこと。

 

謎解きのような言葉ですが。

 

| | コメント (2)

2013年2月18日 (月)

楽しむ会話のスキル(6)

「繰り返し」は「あいづち」「うなずき」に比べて

会話らしいスキルです。

 

繰り返し、は、まとめ ではありません。

A「この前大きなクモがでてね、怖かったのよ。」

B「それはびっくりするね」

ではありません。

もしかすると、

A「そうそう、びっくりしたのよ!」と

わかってくれて嬉しいわ的な発展が見込めるかもしれませんが

これを読んでくださっているあなたは、

もう少しシンプルなところから始めたようがよいのではないでしょうか。

この会話には、

「いや、びっくりはしてないし」とAさんが冷めてしまう可能性もあるのです。

 

A「この前大きなクモが出てね、怖かったのよ。」

C「それは怖かったよね」

これが一番間違いのない「繰り返し」です。

 

相手の感情の言葉をひろってそのまま返しましょう。

| | コメント (0)

2013年2月15日 (金)

楽しむ会話のスキル(5)

「うなずき」は

そのとおり、首をたてにふるアクションです。

縦に振るのですが、

たまに、あごをあげることでうなずく方がいらっしゃいます。

それで、「ふ~ん」と言ったものなら、

・・やってみてください。まさに上から目線。

馬鹿にしているようにとられる危険性があります。

 

首は下にふりましょう。

 

| | コメント (0)

2013年2月13日 (水)

楽しむ会話のスキル(4)

「あいづち、うなずき、繰り返し」

 

セミナーでご唱和いただいたのが、この言葉。

相手が話しているときによそ見をしない、など

(1)でお話しましたが

ただ、じ~~~っと相手の顔をみているのもへんなものです。

 

ぜひ、あいづち、うなずき、繰り返しのスキルを身につけてください。

たいていの方は当然のようにできているのですが、

聴き上手と言われる人は、もっと自然に、適切にできています。

 

・あいづち

あいづちはあくまであいづちです。

一言、です。

あるコミュニケーションセミナー先生は、

あいづちは「は行」ごおっしゃっています。

「はぁ~!」

「ひぇ~(驚き)」

「ふ~~ん(感心)」

「へぇ~~」

「ほぉ!」

アクセントや表情によって無限大に使えます。

同じ「はぁ~!」「ふーん」「へぇ~」も、

表情や口調によって、軽蔑に伝わってしまうこともありますから

気をつけて。

間違っても「あ~~わかるわかる。私もね」と続けないでください。

「私もね」の出番は、相手が話尽くしたあたりです。

| | コメント (0)

2013年2月 8日 (金)

楽しむ会話のスキル(3)

人に焦点をあてる会話、と言われても・・・とおっしゃる方も多いです。

 

そういう方にはいろんな例え話でお伝えしています。

・その人の取り扱い説明書を書くつもりで

・その人の話しているとおりの絵をかくつもりで

・その人のことを心から好き!と思いながら

・・・最後のはちょっと危険です。

好きでもない人に誤解されるかもしれません。

 

取り扱い説明書を書くとすれば、どう書きますか?

取り扱い説明書と言われて思いつくのは

どう扱うと壊れる、とか

壊れた時はどうする、とか

長く使うためのお手入れ方法とか

よりよく使うために、などでしょうか。

 

これは、人に置き換えると

何をすると怒りのポイントか、とか

機嫌が悪いときはどうしたらいい、とか

長くつきあうためにはどんな付き合い方がいいとか

さらに仲良くなるためにはどうしたらいいか、

どうしたら楽しんでもらえるか、

などでしょうか。

 

会話の中には、このヒントがたくさんつまっています。

それを探し出すのも、会話の楽しさです。

 

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

楽しむ会話のスキル(2)

ステップ1ができたら、次は当然ステップ2です。

 

判断しないで、話をききましょう。

 

男性にありがちと言われますが

実は女性にもありがちな聴きかたが

「○×をつける」

「アドバイスをする」

聴きかたです。

 

真剣に聞いているとつい

○×△(アドバイス)を考えながらきいてしまいます。

それは間違いではありませんが、

楽しむ会話では、それはずっと後回しです。

 

こうお話するとよく質問が出ます。

「判断しないで、どう話をするんですか?」

 

答。  

この人はどんな人なんだろう=どういうことで何を感じるんだろう、

ということを感じ取るききかたをしてみてください。

 

会話は、時間つぶしとか場つなぎとも言われますが

そもそもの会話の目的は

伝えあうこと、ではないですか?

 

だったら、○×はずっとずっと後回しです。

この人は何をつたえたいのか、を感じてください。 

 

A「昨日、映画見てきたの。よかったよ。」

B「そうなんだ、どんな映画?」

 

A「昨日、映画みてきたの。よかったよ。」

C「どんなところがよかった?」

 

この違いがわかりますか?

Bさんは映画に焦点をあてたききかたをしています。

話題の中心は「映画」です。

 

CさんはAさんの心に焦点をあてたききかたをしています。

話題の中心は「Aさん」です。

 

当たらず障らずで話が盛り上がるのは前者かもしれませんが、

深く会話をした感があるのは、後者です。

 

「人に焦点をあてる会話をしてみましょう」

 

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

楽しむ会話のスキル(1)

会話のスキル、なんていうタイトルは恐れ多いのだけれど。

 

昨年こういうタイトルでお話をする機会があったので

まとめとして記しておこうと思います。

 

基本的に、人間は話したがり、だそうです。

話上手な人と会うとその時間が楽しくなるし

その能力を羨ましくもなります。

 

しかし、話上手になるには

内容・表情・しぐさ・声・緊張・・・・などハードルが高い。

だとすると、一番簡単な会話のスキルは「聴き上手になること」です。

 

聴き上手になるには、

心からちゃんときくこと。それにつきます。

 

心からちゃんときく、とは

「おもしろくないな・・・」とか

「退屈だな・・・」とか

「今日何食べようかな」とか

「あの人きれい」とか

よそ見をしたり余計なことを考えたりしないで

相手の言っていることをきくこと、です。

 

これが第一ステップ。

 

単純なようで、実はできていなかったりするものです。

 

「よそ見をしたり、考え事をしたりしない」

「目も頭も心も相手をみながら話をききましょう」

 

| | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

信頼関係を築く

最近のニュースで、

信頼関係が築かれていなかった、というものがあった。

 

信頼関係の構築は難しい。

信頼関係は、かんけい、であって、互いの関わりである。

双方向の信頼がなければ、信頼関係にある、とは言わないだろう。

 

以前、コーチングのコースの作成に関わっていた時に

信頼関係の構築について、深く学び、

深く深く考え、まとめたことがある。

 

信頼関係は、

一瞬でできあがるような時もあるが

そこには

長い積み重ねがある。

その人自身の生き方であったり、

他者への思いであったりする。

 

それが一瞬で崩れるのが信頼関係でもある。

 

信頼関係を築くには

正面から誠意をもって取り組むこと。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »