« 読書の秋になってしまった | トップページ | ありがとう、ありがとう »

2012年10月10日 (水)

お嬢たちのレッスン

かわいらしい大学生の女の子が二人、

いけばな体験にやってきた。

 

テキストをみせながらお稽古の流れを説明して、

さわりだけ生けて見せて、

自分たちで生け始めてもらう。

 

最初は二人とも、

「なんかへん」「ジャングルみたい」と困った顔をしている。

そこから、

どこがへんなのか、ジャングルは好ましいか、

うまくできたのはどのあたりか、と

話をしながら、生かすポイントとなおすポイントを伝えていく。

 

1人は、枝の向き1つでがらっと変わることに気付き、

1人は、思い切って最初からやりなおすと

とてもすっきりときまっていくことに気付く。

 

仕上がった作品は

似たような花材なのに、まったく違った雰囲気を出している。

1つは、優雅に秋風を感じるような。

1つは、愛らしく控えめなのに存在感があふれ出るような。

ぜんぜん違う~~と笑い合っていた。

性格が出るのよ、というとさらに笑い合っていた。

 Dvc00898

こういう子たちをみると、

未来は明るいな、と思う。

|

« 読書の秋になってしまった | トップページ | ありがとう、ありがとう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 読書の秋になってしまった | トップページ | ありがとう、ありがとう »