« 「あなたが主人公の小説を書いてください」 | トップページ | 目に光が入る瞬間 »

2012年10月19日 (金)

文章でしゃべって!

授業開始から半月。気になることがある。

 

学生「先生、出せなかった。」

私「何を?」

学生「レポート」

私「そうね。知ってる。」

学生「・・・・・」

 

学生「先生、忘れた」

私「何を?」

学生「USB(メモリ)」

私「うん。」

学生「・・・・・・」

 

私の返事が親切ではないことはわかってる。

学生がなんて言いたいのかもわかってる。

でも、

ちゃんと話せるようになって欲しいんだもの。

 

このあとの私の言葉はたいてい

「言いたいことがあれば聞くから、

一回席に戻って、私への要望をまとめておいで。

で、私が、OKかNOで答えられるようにしゃべって。」

「相談にならのるから、

一回席に戻って、何に困ってて、どうしたいのかをまとめてきて。

ちゃんと、僕はこうしたいです、って言ってね。」

  

こう言うと、ほとんどの学生はきちんと話せるようになる。

あと3カ月、

どこまで成長するかな。

|

« 「あなたが主人公の小説を書いてください」 | トップページ | 目に光が入る瞬間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「あなたが主人公の小説を書いてください」 | トップページ | 目に光が入る瞬間 »