« サプライズに涙 | トップページ | 夏休み終了 »

2012年7月30日 (月)

南国にて

南国土佐に行ってきた。
着いた日の夜、地図をみながら、
予約していた鰹料理の店に向かった。
ホテルからほぼまっすぐで15分くらいで着くはずだったのに、
まったく見当たらない。
 
こういうときは地元っぽい人に・・・と声をかけてみたのが
ほろ酔いのおじさまたちではなく、
地元精通っぽい女性でもなく、
スーツ姿ではないファッショナブルな男性。

「えーっと、ここがこうだから・・・
 あ、じゃあそこまで一緒に行きましょう」
 
と歩き出してくれた。
なんと親切でさわやかな青年tulip
 
「どこからいらしたんですか?」
と声をかけてくれるし、
お店の前に着いたときには、
「高知、楽しんでください」ですって。
 
深夜にとても爽やかな気持ちになった。
この出来事で高知の印象は「さわやか」に決定してしまう。
人って単純・・・。私だけかもしれないけど。

私も観光地に住む身。
人には親切にしようと改めて決意した。

 

|

« サプライズに涙 | トップページ | 夏休み終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サプライズに涙 | トップページ | 夏休み終了 »