« 知っていることと身についていることの違い | トップページ | 子育てコーチング »

2011年12月 7日 (水)

お世話になった方の訃報

お世話になった方がお亡くなりになったことを知った。

正確にいえば、25年来のお稽古ごとの先生のご主人で、

まったく別の分野でご活躍なさっていた方。

 

ご夫婦はそれはとても仲良く、

美男美女(奥様は80歳となる今もお肌がぴかぴか)で

さっぱりとした、知的な優しい方で、とても素敵なお二人。

そこに集まる生徒さんも、お師匠さんの人柄に似ていくのか

みなさん良い方ばかりで、いつも心地よい思いをさせていただいている。

 

お忙しいとは思いながら、

おひとりで今どうなさっているのか心配で、お電話をしてみる。

いろんな話を伺いながら、

人生の過ごし方を教えて頂いた。

いつまでも話はつきず、時には笑いながらお話を伺う。

ここには書かないけれど、

心の中に、このお二人のように

穏やかに前向きに生きたいという決心が宿った。

お稽古が終わる気配で2階から降りてきて

「お、駅まで送って行くよ」と

最寄駅まで車で送っていただいたことは何度も、

さらに「忘れ物をしました!」と取りに戻っていただいたこともsweat02

先生が賞を受賞なさったときは、

ご主人のお隣でお祝いさせていただいたこともあった。

そのご主人は、物腰の柔らかさやオーラから

とても立派な方だと尊敬していたが、私が想像していた以上に

社会的にもご活躍なさっていた方だった。

ご主人の関係者の方が見たら、とんでもないことだったかもsweat01

 

まだまだ思い出がわきでてくる。

心からご冥福をお祈りいたします。

|

« 知っていることと身についていることの違い | トップページ | 子育てコーチング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 知っていることと身についていることの違い | トップページ | 子育てコーチング »