« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月30日 (金)

2011年の終わりに

2011年が終わろうとしています。

この1年は、変化に満ちた年でした。

あえて変化しようとしていたので、ほぼ目標達成。

 

来年は、始めたことを身につけていくというテーマにしています。

授業で出会った学生さん、

あなたたちの成長は著しいです。

特に、1分前行動完了、という点ですばらしい。

自己主張もできるようになってきました。

 

コーチングを通して出会ったみなさま。

素敵な夢の応援をさせていただいて、ありがとうございます。

来年も、より大きな、魅力的な夢の実現へ向けて

精いっぱいお手伝いさせていただきたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

今年はすでに22日に仕事納めでした。

2012年は、1月11日から動きだします。

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

ダマン リュミエール

久しぶりになんばへ。

わざわざなんばへ行ったのは、

高島屋大阪店にあるダマンリュミエールへ行ってみたかったためでもある。

思ったよりも開放的なつくりの店内なのに、

とても落ち着く空間になっているのが不思議。

「待ち合わせなんですが、入らせてもらえますか?」と聞くと

マネージャーらしき紳士がにこやかに

「もちろんでございます。」

と案内してくれた。

それだけでも、ほっとする時間。

もちろん、1日限定60食のワンプレートランチはとてもおいしく、

でも、紅茶をたのまない人は

ダマンとリュミエールのコラボは味わえないのよねぇ、なんて

とりとめのないことを考えながら人を待つのも

優雅な時間であったことには違いない。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

いつまでも女子会

あいかわらず時々集まる、2人のコーチ仲間とのパジャマ会。

適当に持ち寄って、適当に買い物して、

なんだかんだとしゃべりながら、楽しい時間を過ごす。

 

テレビもBGMもなしで夕方から夜中までしゃべり、

朝も起きた途端に昨日の続きのようにしゃべりだし、

たぶん、3人ともがすっきりして解散する。

思った事を思ったまましゃべるけれど、

職業病がちらちらっと入り、

時々深い問いが走る。

 

3人とも、叶える夢を楽しく語り合いました。withwineワイン3本ちょっと。。。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

小さい頃の厳しさに感謝

ピアノのレッスンを再開して、

あらためて、親が与えてくれた教育に感謝をした。

 

親が子供に残せるのは教育のみである、

とはよくきくことである。

金銭やモノなどの有形の財産ではなく、

教育により培われる無形の財産という意味だと理解している。

 

今回ピアノを再開して思うのは、

小さい頃の、手の形から始まって、ひたすらハノン、

ソナチネやらの曲に至っては「気持ちがこもってないimpact」というダメ出し。

そんなダメ出しはしょっちゅうだけれど、

10歳にも満たない私に「うつろな心(←曲名)」なんて、

こめることができるわけないよ、

と自分で思いながら、それでも、なんとかやっていた。

 

でも、きちんと基礎が身についていたようで、

今は、自分でどう練習したらいいかはなんとなくわかる。

細かなズレや音のブレも、すぐ気が付くし、

その分、さっきより上手に弾けた、という実感もしっかり得られる。

 

ツタの会の皆様は今どうしているのだろう。

ツタ先生、ありがとうございました。

旭川の島田先生、ありがとうございました。

遠くまでレッスンに連れて行ってくれた両親に、感謝。

おかげさまで、今もピアノを楽しんでいます。

老後の趣味、ばっちりです。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

コーチと出会う

3歳から12歳まで習っていたピアノは、

とても厳しくて、あまり好きじゃなかった。

でも、上手に弾けるとみんながすごいshineって言ってくれるし

音楽の時間や集会のときは、

ピアノを弾く役で、なんとなく得?な気がするのはよかった。

それにしても、先生はとっても厳しいし、

バスを乗り継いで雨の日も雪の日も(たぶん)習いにいって、

毎日2時間(たぶん)練習していたし、

指が綺麗じゃないと、定規でたたかれたbomb

 

と、文章までもがちらかっているような習い方のピアノ。

 

中学高校はブラスバンド部に入り、

フォークギターを買ってもらってフォークソングにはまり、

それでも大学生からは音楽は聴くだけになっていたのだが、

大人になってから、

5年ほどピアノを習い、また5年ほど休んだ。

そして、先日。

ふと思いついた「キューピー3分クッキング」の音楽やら

SONGSを見ながらSOMEDAYを一緒に弾いてみたら

やっぱり、またちゃんと弾きたくなった。

昔弾けていたソナタを弾いてみたら、ぜんぜん上手に弾けなかった。

有名な曲をさらっとひいてみたいな。原曲のまま。

趣味で。発表会とかはなしで、老後の趣味。

70歳になっても、ゆっくりと、ラ・カンパネラ とか弾けたらかっこいいなー。

ということで、

またピアノを習い始めた。

先生にも、わがままな要求を全部お伝えして、快諾をいただいて。

 

まったくもってヘタな私の演奏も、

先生はちゃ~んと褒めるところをみつけてほめてくださる。

先生はコーチングをご存じなかったけれど、

承認をしてやる気を引き出す立派なコーチでした。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

全捨て→仕切り直し

授業の中で、プレゼン資料の作成をしている。

プレゼンで得たい結果は、

聴いている人の気持ちに火impactをつけること。

 

こんなシートを作りがちだけど

S1

これってよくないよ~。読む気する?ときくと

   「これ、オレや。」「えー」という声多数。

で、改造版でこんなのもたまに見るけど

S2

まだマシなだけで良くはないよ~、と言うと

  え~~~~~down

こんなシートだと、つい、見ながらそのまましゃべっちゃうでしょ?

  ん・・・・sign05

もうちょっとがんばったこんなのも見るけど

S3

まだマシなだけで、良くはないよ。

文字は減ったけど、文章になっちゃってる。

やっぱりそのまま読んでしまう。

じゃあ、しゃべる意味がない。

 

と説明して、理想のプレゼン資料をみせていたら、

いさぎよく、作成したシートを消してしまう学生が出てきた。

 

これは結構いいflair

あると捨てられないけど、無いと新たな発想がわく。

引きずったり悩んだりするくらいなら、いっそ。

全捨てを選択した学生さん、えらいっ!

| | コメント (0)

2011年12月 9日 (金)

子育てコーチング

一時期忙しく活動をしていた、

子育てコーチングの見直しをした。

当時はそれが一番いいと思っていたのに、

勉強を重ねるごとにもっとお伝えしたいことがでてきて

申し訳ないような、

みなさんお元気ですかと問いかけたいような、

今となっては、続編をお伝えしたい気持ちになる。

 

基本が聴くことであることは、変わりません。

コーチングを知っていると良いことがたくさんある、

ということも変わりません。

みんなに自然な笑顔が生まれますようにshine

 

私も、自然な笑顔が生まれるように、

日々、自己管理をきちんとしようと思います。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

お世話になった方の訃報

お世話になった方がお亡くなりになったことを知った。

正確にいえば、25年来のお稽古ごとの先生のご主人で、

まったく別の分野でご活躍なさっていた方。

 

ご夫婦はそれはとても仲良く、

美男美女(奥様は80歳となる今もお肌がぴかぴか)で

さっぱりとした、知的な優しい方で、とても素敵なお二人。

そこに集まる生徒さんも、お師匠さんの人柄に似ていくのか

みなさん良い方ばかりで、いつも心地よい思いをさせていただいている。

 

お忙しいとは思いながら、

おひとりで今どうなさっているのか心配で、お電話をしてみる。

いろんな話を伺いながら、

人生の過ごし方を教えて頂いた。

いつまでも話はつきず、時には笑いながらお話を伺う。

ここには書かないけれど、

心の中に、このお二人のように

穏やかに前向きに生きたいという決心が宿った。

お稽古が終わる気配で2階から降りてきて

「お、駅まで送って行くよ」と

最寄駅まで車で送っていただいたことは何度も、

さらに「忘れ物をしました!」と取りに戻っていただいたこともsweat02

先生が賞を受賞なさったときは、

ご主人のお隣でお祝いさせていただいたこともあった。

そのご主人は、物腰の柔らかさやオーラから

とても立派な方だと尊敬していたが、私が想像していた以上に

社会的にもご活躍なさっていた方だった。

ご主人の関係者の方が見たら、とんでもないことだったかもsweat01

 

まだまだ思い出がわきでてくる。

心からご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

知っていることと身についていることの違い

今日の大学の授業にて。

2人1組になって、1人がSDS法、もう一人がPREP法について検索をした。

それぞれが担当したものについて相方に説明をする。

・・・

聞こえる聞こえる。

・・・

    PREP法っていうのはぁ、

    Pがポイントで、Rがリーズンで理由を言って、Eがぁ・・

    で最後にまたポイント。ということ。

 

・・・・

はい、よくできました。

それでは×です。

 

というと、え~~~~~downとブーイング。

間違ってはいないけど、それは知ったことをしゃべっただけ。

PREP法を調べたなら、それを使って

PREP法はプレゼンテーションの手法の1つです。(これがこの話の中でのPoint

最初に大事なことを言って(Point)、

次にその理由を言います(Reason)。

次に具体例を言って(Example)

最後にもう一度一番言いたいことを言います(Point).

例えば(この話の中でのExamle)・・・・

っていう会話になっていたら、

それは知識が身に付いたってこと。

知っているだけでは使えていない。

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

シルバーコーチング若葉編

さっちゃんのブログで何度か登場している、

シルバーコーチング若葉編。

 

今日も、

近況報告なのか思いついたままなのかまったく不明な

なんていうことはない楽しいおしゃべりから始まり、

気付けば、

来年の決意を固め、

そのために何をするかを宣言し、

オニが笑うという来年の話をし、

密度の濃い時間をすごしました。

 

さあコーチング!という時間もいいけれど、

こういうことが普通にできるワタシになりたいなぁ。

そして、

さっちゃんとの会話の中ででてきた

長谷部誠blogをお気に入りに登録し

本を図書館に予約するという行動を完了。

なかなか魅力的な人物なようです。

いつも新しい風で明るさをくれるさっちゃんに、感謝shine

| | コメント (2)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »