« 時間を超えて2 | トップページ | 言葉にならない »

2011年3月11日 (金)

お見舞い申し上げます

のんきなブログをUPした後に、地震のニュースが。

新神戸にいましたが、こちらでは揺れはほとんど感じず、

でもどんどん被害が大きく報道されていて、驚きやら心配やら・・・。

被災された方、心よりお見舞い申し上げます。

これ以上大きな被害にならないことを祈ります。

 

父方の親戚の多くが岩手にいるので心配ですが、

災害時のルールに従い、連絡は控えています。

ブログで「オイラは大丈夫」と無事を教えてくれている東京在住Sちゃん、

「帰れない同僚が来るから掃除&飯炊き」とのこと、安心したよ。

心のささえになってくれているボディバランススタイリストHIROE♪さん、

いつもありがとうのSコーチ、

やはりブログで無事を知ってほっとしました。

仙台在住のM先生はじめ

ほかにもたくさん心配な人もいるし心配なこともありますが、

なにかできること・・と思い、 

災害時の伝言ダイヤルについて、記しておきます。(参考:日経WEB)

~~~~

NTTの災害用伝言ダイヤルは声で伝言を約30秒間残せる。通話規制下でも利用可能で、固定電話からも携帯電話からも利用できる。

 伝言を録音する方法は最初に「171」にダイヤルした後、「1」を押す。ガイダンスに従い、自分の安否確認に利用される可能性が最も高い固定電話の番号(自宅の電話など。携帯やIP電話の番号は不可)を登録。続いて約30秒間、音声を吹き込める。

 この録音音声を家族らが聞くには「171」をダイヤルした後、「2」を押し、相手の登録番号を入力する。こうすれば相手が吹き込んだ録音内容が再生される。

 伝言は10件まで保存でき、利用期限は2日間。登録番号は自宅など固定電話の番号でなければならないが、録音や再生は携帯電話からでも可能。

 NTTはインターネット上にも災害用伝言板web171を開設。

携帯各社の災害用伝言板でも携帯電話から安否情報を登録できる。

  各社携帯から表示される「登録」メニューを選ぶと、メッセージを文字(最大100文字まで)で入力できる。メッセージを読みたい人は同伝言板の「確認」メニューから確認したい人の携帯電話番号を入力すると、メッセージを読むことができる。

 安否の確認はパソコンからでも可能。

~~~~~~~~~~~~~

携帯は受信側の充電状況が心配なため、PCからがよさそうです。

|

« 時間を超えて2 | トップページ | 言葉にならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時間を超えて2 | トップページ | 言葉にならない »