« 再デビューはいつでも | トップページ | お礼の気持ちよさ »

2011年1月14日 (金)

小学校にて

行ってまいりました。

小学校の先生が「夢の設計図」と言ってくださったので、

それはいい!とそのままのタイトルで使わせていただきました。

 

夢の設計図作りは、

用紙のまんなかに自分の写真を貼り、

まわりを夢で埋めていく、というものでした。

夢の設計図は、この時間に完成した子はほんの数人。

半分は「もうちょっと」というところでした。

夢が決められなかったのか、みんなの前でははずかしいのか、

夢がないのか・・・

あ、説明がよくなかったかな?だとしたらゴメンsweat01 

 

心に残ったのは一番前の端にいたAくん。

ずっと何もせず、話しかけても

「別に」「めんどくさい」でしたが、

最後に見ると一言「○○をつづける」と書いていました。

それが、じ~~~んときて、何と言っていいかわからなくて

目をじ~っとみてしまって、出てきた言葉が

「ああああ・・・それ、だいじやなぁ」。

    私ってボギャブラリ少ない・・・・sweat01

Aくんは私の目をみて「これってな、難しいことやろ」

と言ってくれました。

 

ほんまやなぁ、めっちゃむずかしいことやなぁ。

むずかしいし、できたらりっぱやなぁ。

私は、話しながら目が合っていたことが嬉しいよ。

 

私が廊下ではいていた上靴をみて

「それ、チャコットのやろ」と言ってくれた女の子、

観察力が鋭いねflair

 

一番前の、デモに協力してくれた女の子、

あなたの素直さはあなたの大きな強みだと感じたよ。

素直な人は大切にしてもらえる。

大切にしてもらえると、あなたも同じように人を大切にできる人になる。

  

後ろでふざけていた2人。

それでも、少しずつやってたのを私は知ってるよ。

そうだよねぇ、「これやりましょう」と言われたって

やりたくないことだってあるに決まってるよね。

それでも同じ方向を向いてくれて、ありがとう。

次はあなたたちがしたいことをみんなでしてみようか。

 

窓側でめんどくさがっていたグループ。

聞いてみると、書くのがめんどくさい、と言っていた。

書くのが面倒なら貼ってもいいよ、というと

「え、それでいいん?」と動き出してたね。

そこからは、楽しそうだったよ。

あとから見たら、貼るだけじゃなくて絵や文字書いてたしshine

あなたたちの動き出すきっかけ、みせてくれてありがと。

 

「どうしたん?」(用紙は真っ白。)

「だって、ここに書いたらかなってしまうんやろ」

あ、そっか。私が「ここに書くことは、ぜったいにかなうよ。いろんな形でね。」

と言ったものだから、真剣に受け止めてくれたわけね・・・。

あなたは先のことまでちゃんと考えられる頭を持っているんだね。

「かなったらどうなるか」まで考えたわけだ。

頭がいい!将棋のプロになれるかもよflair

 

お友達としゃべりながら、広告やら切り抜きやらで

楽しそうにきれいに貼っていた後ろの女子2人。

丁寧に貼れていたねぇ、ちっともまがってなかった!

丁寧にできるのは強みだよ。定規ではからなくてもまっすぐできるのも、才能!

インテリアのお仕事をしたら、絵をまっすぐ飾る時とかに頼りにされそうshine

  

この子たちが心配なんです、もっと伸ばしてやりたいんです、

とおっしゃるG先生。

G先生の気持ち、みんなに伝わってほしいなぁ。

あ、G先生の夢もきっとかないます。

夢の設計図に書いてくださいshine

 

|

« 再デビューはいつでも | トップページ | お礼の気持ちよさ »

コメント

なんて素敵な子供たちへのアドバイスなんでしょう。読んでて目頭が熱くなりました。いま一緒に仕事をしている後輩にたいしてその様な視線でみてやればなにかいいことに繋がりそうです。コーチングと関係あるのですか?

実は私も夢にむかって先生に相談したい事があったのですが、今回は先生に相談するまでもなく消えてしまいました。

先生の連絡先を存じ上げてないので、このブログに書き込むときに入力した私のメールアドレスにメールいただけませんでしょうか?急ぎませんので宜しくお願いいたします。

投稿: けん | 2011年1月16日 (日) 22時00分

プロフィールのアドレスて連絡つきますか?

投稿: けん | 2011年1月16日 (日) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再デビューはいつでも | トップページ | お礼の気持ちよさ »