« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月24日 (月)

京大少年

お友達との話の中で

「京大少年がおもしろかった」

「京大芸人もささっと読めておもしろかったけど」

「劇団ひとりもすごい才能だよね」

「あれはびっくりしたね」

とみんな当然のように本を読んでいることが発覚。

みんな家事もして働いて忙しいのにいつ読んでるんだろうなぁ・・・

 

私はかろうじて劇団ひとりの本を読んでいてほっとしました。

今京大芸人を読んでいます。

失礼ながらただのエッセイだと思っていたら

京大生(ひとりに限る、かもしれませんが)の勉強の仕方までのっていて

なんだかテンポがよくておもしろい。

テンポって大切かも。

テンポよく書いてたらタイトルは京大少年だった・・・ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

言葉の使い方

ことば は難しいです。

たった一文字、一呼吸で、いろんな感情のつながりを引き起こします。

 

コーチングでは、コーチはそれほどたくさんしゃべるわけではなく

かといって

クライアントがいつでもしゃべりまくるわけでもありませんが、

クライアントがもし言い間違えたり

心とは違う言葉を伝えたり

沈黙に入ってしまったり、

ということも多々あります。

それでもコーチは目の前のクライアントを信じています。

どれだけ心から信じ切れるか、が

コーチとしての心だと思っています。

 

資格試験でがんばっているミナサマ、

コーチングは愛、よ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

ダイエット生活完了に向けて

シンプルな生活がしたい。

シンプルだけど、変化のある、贅沢な毎日。

・・・というテーマで考え中です。

それには、

何からとりかかろう。

・・・こればっかりはセルフコーチングもなかなかきかない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

キャリアデザイン

キャリアデザインの授業に向けての勉強会がありました。

 

キャリアデザインで欠かせないのが、自分の強みを知ることです。

そうはいっても、

自分の強みを生かした仕事につけるわけじゃないし、

そもそも自分の強みなんてわからんsad と嘆くあなたは普通、です。

「最初は行きたい業種や企業を狙うけど

 いつのまにかなんでもよくなってきた・・・」

とはよくきく話。

それを聞いて、

「なんでもよくなってきたって受けてたって

 受かるわけないじゃん・・・どうやって志望動機書くの?」と思うのもよくある話。

何を仕事にするにしても、

どこに応募するにしても、

自分の強みは知ってください。

自分に自信が出ます。

自信がでると、やる気がでます。

 

自分で自分の強みなんて恥ずかしくって言えないよ~という人は

「よく~~と言われます」という言い方を試してみてcherry

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

声が出ない

しゃべりすぎ?で声がでなくなってからまる3日。

2年前も同じようになって、ボイストレーニングに行ったのに

身になってない私・・・。

 

声がでないんだよね、という話をコーチ仲間にすると

それでもコーチングってできるかな?という話題に発展しました。

そこから、

コーチってそもそも何する人?と。

コーチ=質問をする存在、

クライアント=回答しつつ自分の答えを探していく存在、

という言い方もできますが、

コーチ=聞き役

クライアント=話しながら自分の気持ちを整理していく

という言い方もできます。

コーチングの場がしっかりできて機能していたなら、

コーチは長い会話が必要ないし、

ささやくような声でもいいかもしれないshine

 

私の結論

声がでなくてもコーチングはできるけど

できたら出たほうがいいclip

早く治るように養生します。

今回ハスキーボイスでさせていただいたクライアントのみなさま

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

肖像権とはいわないけれど・・・

GWが終了、元気な学生さんたちと再会しました。

4月に比べて、ずいぶん、自然体になった感じがします。

気軽に話しかけてきてくれる子も増えました。

 

このごろ思うことのひとつに、録画&録音があります。

携帯にカメラが付き、

みんなが「突然でも記録できるもの」を持ち歩く現代になりました。

IPodに録画機能がつき、

簡単に録画ができる時代になりました。

 

受験生の親のための講演会をさせていただいていた時に

ある年、ほとんどのご夫婦がビデオを構えていらっしゃいました。

そんな時代なんだ!とても驚くとともに

いまどきは子供はいつもこうして撮られてるのね、と妙に感心した記憶があります。

今度は、学生が

「せんせー、おはようございまーす」と教室に入ってきて

イヤホンで音楽を聞きながら授業開始を待ち、

「さて始めるよー」となったら

音楽を止めて、授業を録画しようとする姿があります。

まじめに復習しようとする気持ちは嬉しいですが、

うれしいですが、

なんか違和感を感じます。

この違和感、なんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »