« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月 3日 (水)

見ようとしたものしか目に入らない

先日、大阪の高校のキャリアの講演会のお手伝いに行ってきました。

その高校はとてもいい雰囲気で、

「こんにちは~」とどの学生さんもにこやかにこちらを見て、ごあいさつしてくれます。

講演会会場では、学生さんが一生懸命イスを並べてくださっていました。

縦と横、それぞれ1列分がまずきちっと並んでいて、

それに縦横を合わせながら、大勢でいすを並べていく、という作業です。

この方式もすごい!と思ったのですが

それ以上に、

「こら!そこずれとるやないか!そんなことじゃ講師の先生に失礼やないか!」

というカツが、感動でした。

私の目には、「ん~これくらいはまぁゆがむよね。上出来上出来。」という並びが

きち~~~~っと並んだ気持ちのよさ。

そして、最前列の学生に「失礼やから足はくまんときや」とおっしゃる先生の姿も拝見して

この学校の子たちは、社会で活躍していくだろうなぁ、とじ~んときました。

 

で、タイトルの「見ようとしたものしか目にはいらない」

講師の先生がおっしゃっていたことです。

それを、ビデオをみながら体験してきました。

心理学も勉強してるし、だまされないもん・・と思っていたら、あっさりでした。

見ようとしたものしか目に入らないなんて、

もしかしたら重大なイイコトを見逃している可能性が?!

 

あなたは、見ようとしたものしか目にはいらない人生だとしたら、

どんなものを見たいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »