« いけばなの魅力 | トップページ | やるかやらないか »

2009年3月27日 (金)

ミロ展

大丸神戸のミロ展に行ってきました。

絵に興味があるわけでも、わざわざ見に行ったわけでもなく、

お買いもののついでに。

 

一言でいえば不可思議な表現、です。

そして、会場に入ったところに書いてある言葉がよかった。

「なぜこんな色?なぜ?、と難しいことを考える必要はありません。」とあったからです。

ただ、感じればよい、とflair

それが絵の見方だよね、とそこにいた方たちもお話していました。

 

ミロには、このようにみえていたらしい。

本質をみていくと、こうみえたらしい、ということ。

 

難しく考えずに、タイトルと絵をみると、

・・・・・とっても刺激になります。

本質を見る、いけ花も、コーチングも一緒です。

 

あなたは、目の前のものの本質がどんな風にみえていますか?

 

|

« いけばなの魅力 | トップページ | やるかやらないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/44485079

この記事へのトラックバック一覧です: ミロ展:

« いけばなの魅力 | トップページ | やるかやらないか »