« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月27日 (金)

ミロ展

大丸神戸のミロ展に行ってきました。

絵に興味があるわけでも、わざわざ見に行ったわけでもなく、

お買いもののついでに。

 

一言でいえば不可思議な表現、です。

そして、会場に入ったところに書いてある言葉がよかった。

「なぜこんな色?なぜ?、と難しいことを考える必要はありません。」とあったからです。

ただ、感じればよい、とflair

それが絵の見方だよね、とそこにいた方たちもお話していました。

 

ミロには、このようにみえていたらしい。

本質をみていくと、こうみえたらしい、ということ。

 

難しく考えずに、タイトルと絵をみると、

・・・・・とっても刺激になります。

本質を見る、いけ花も、コーチングも一緒です。

 

あなたは、目の前のものの本質がどんな風にみえていますか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

いけばなの魅力

いけばなの魅力は、

いけることに無心になる時間、

美しいものに触れる時間、

命が途切れたものを扱う、深く心にふれる時間の中に生まれます。

 

これらの学びを深く、楽しく、

離れがたい時間にしてくださるのが

親先生の存在です。

今回、私の親先生とその一番弟子ともいえる大先生たちが

個展に連れて行ってくださいました。

ダンディな大久保先生にお声をかけていただき、

先生たちと一緒にピノキオの国のような楽しい作品を拝見し、

お茶がふるまわれる中で、

作品についてだけではなく、みなさんの気配り、話し方を学びます。

これは、親先生の存在あってこそです。

親先生が素敵な先生だと、集まる生徒さんもまた素敵な人たちばかりです。

いけばなやお茶が花嫁修業と言われていたのは、

こんなところにもあるのでしょうね。

 

この世界では、

親先生は責任者であり、保護者です。

「親先生は誰?」と聞かれる世界ですから、

へたなことはできません。

(・・・うっかり、ん?どうしたらいいの?という間に

 大先生が運転する高級車carの後部座席の

一番いい席に座ってしまいましたsweat01

私の親先生はそのとなり・・・申し訳ありませんsweat01

私はまだまだ未熟で行動ひとつ振り返っても赤面することばかり。

私より上の先生に荷物を持たせてしまったり、

先に通していただいたり、

あたまでわかっていてもできないことだらけです。

だから、学ぶことがたくさん。

いけばなの魅力は、

「見て学ぶ」ことにあります。

気づける人には学びがいっぱい。喜びもいっぱい。

この世界を次の世代に伝えたいです。clover

仲間がたくさん増えないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑顔のコーチング

この連休に、「笑顔のコーチングファシリテーター養成講座」を受講してきました。

なんといっても、講師が本間正人先生

テンポのよさ、

的確なつっこみともいうアドバイス、

休憩がほとんどなかったことに気づかなかったくらい、楽しく盛りだくさんの講座でした。

 

ここにはコーチだけではなく、いろんな方がいらしていて

それがまた大きな学びにつながりました。

詳しくは、ここで一緒になったかわいいHiroe姫のブログでも。

(私もエクササイズ受けた~い。)

 

初対面同士でも、盛り上がるし楽しいし、くつろげる。

そういう場、そういう人たちっているんです。

4月15日、大阪でも笑顔のコーチングファリシテーター養成講座、開催です。

私もまこさんとお手伝いに行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月13日 (金)

「姿勢を学ぶ」

授業の最後で、学生に

「先生が伝えたかったことはなんだと思うか」

「自分が得たものはなにか」

「今後の自分への課題」をまとめてもらいました。

 

私は100名近い学生たちが

誰ひとり同じ言葉を書くことがないことに感動しました。

みんな自分の言葉で自分自身の学びをまとめることにとりくんでいる、それがうれしい。

きっとこのまとめの時間は何かを刻んでくれると思います。

 

何人かが、「~~~という姿勢を学んだ」と書いていました。

姿勢を学ぶ。背筋ピン、じゃないですよ。とりくみかた、の姿勢。

う~ん、すごい。そういうことも学んでくれたんです。

 

伝え手の私はひとりでも、相手の数だけとらえ方がある。

彼らは何かを得ようと、そこにいる。

私もその姿勢を彼らに学びました。

ありがたいお仕事をさせていただいています。

さらに精進します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

おくりびと

「おくりびと」を観てきました。

”死”がテーマのひとつだろうから暗くなるのはいや、という理由でみなかったのですが

アカデミー賞をとったのだから、と。

 

日本文化って素晴らしい、という気持ちでいっぱいになって帰ってきました。

私は誰に看取られるんだろうな。

命の継承はできるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »