« 相手のためにポリシーを曲げられるか | トップページ | カンを信じる »

2007年11月20日 (火)

未完成の子供たち

作文教室で出会う子達は、みんな素直です。

(小論文教室の学生さんももちろん素直です)

それだけに、作文には未完成さが漂っていて、わくわくします。

 

作文のゴールは、これを完成品に仕上げることではないと思っています。

人間に完成はありえない。

いかに魅力的な未完成品か、それが人間性なのだと

最近になって実感してきました。

 

そう思うと、自分の間の抜けたところがなんともよく見えてきたりして・・・しないか・・・

|

« 相手のためにポリシーを曲げられるか | トップページ | カンを信じる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/17119094

この記事へのトラックバック一覧です: 未完成の子供たち:

« 相手のためにポリシーを曲げられるか | トップページ | カンを信じる »