« パティスリーむらかみ | トップページ | 社会における責任とは »

2007年10月26日 (金)

辞書をみる

言いたいことをぴったり表現する言葉がすっとでてきたらいいなぁ、

と思いませんか?

私は最近特に思います。

こんな仕事をしていながらも、

表現力に乏しいなぁ、ともどかしさをいつも感じています。

言葉数を増やすために小学生のお子さんに話すのは、

「辞書をぱらぱらみてね」ということです。

覚えようとしなくていいんです。

リピングや食卓やお風呂、

どこにでも辞書をおいておいてください。

ふと手持ち無沙汰なときに、ぱらっとみる。

そんな感じ。

同じ出版社じゃなくてもかまいません。

実はそのほうが結構おもしろかったりします。

書いてあること、微妙に違うんですよ。

 

今日ワイドショーがひっきりなしに放送している映像も、

自分の気持ちにぴったりくる言葉が見つからなくて、

それでも一生懸命探している姿じゃないかな。

インタビュアーからは聞きたい&言わせたい気持ちが伝わってきました。

本音が知りたいなら、もっと速さを合わせてあげて・・と思ってみています。

|

« パティスリーむらかみ | トップページ | 社会における責任とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/16878417

この記事へのトラックバック一覧です: 辞書をみる:

« パティスリーむらかみ | トップページ | 社会における責任とは »