« CTIジャパン関西5周年記念イベント | トップページ | 明確なゴール »

2007年9月 3日 (月)

なぜ教師になりたいか

教師になりたいみなさん。

なりたいと思ったその原点は、しっかりその手に握っておきましょう。

つらいとき、元気のもとになるからです。

 

原点なんてない、原点なんて忘れたというみなさん。

きっとあります。思い出します。

 

参考までに、「原点ってないんだよぉ」という学生さんの私の主観による言い分ベスト5と私のよく言う問いかけをあげておきますね。参考になれば幸いです。 

「親が教師だから」→そんな親を見てどう感じてる?

「周りが教師志望が多いから」→みんなはなんていってるの?それをきいてどう感じる?

「先生って楽しそうだから」→どんなところが楽しそう?

「部活の先生になりたいから」→部活の先生になってどうしたいの?

「休みも多いし生徒と遊んで楽そうだから」→休みが多い仕事がいいの?だったらほかの仕事でもいい?

 

ひとつだけ事実訂正をするなら、教師という職業は休みは決して多くありません。朝の職員会議から帰りのHR、部活までが勤務時間なのではないんです。授業の準備をしたり、保護者の方への連絡の資料を作ったり、部活の試合があればその手続きをしたり、勉強会に参加したり、生徒のことを思えばやりたいことはたくさん!

教育に関する法案がどんどん変わっていきそうです。

そのどれもが子供たちの未来を考えてのこと。現場にいる私としては、その未来をみて、みなさんに接していきたいです。

|

« CTIジャパン関西5周年記念イベント | トップページ | 明確なゴール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/16326804

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ教師になりたいか:

« CTIジャパン関西5周年記念イベント | トップページ | 明確なゴール »