« 初心にかえる | トップページ | 短所が産んだもの »

2007年6月19日 (火)

論の深さ

「論に深みがない」といわれた方へ。

 

論の深み、ってどんなことかイメージできるでしょうか。

極端に言えば、深みのない論とは「そんなの知ってるよ」っていう感じ。

たとえば、「この夏は猛暑で雨が少ないらしいから、水を節約しないといけない。そのためには、一人ひとりが気をつけることが大事だ。」という主張だとしましょう。

これは、小学生にも「知ってるよ」といわれそうです。

ここを深めて、「単純に水の節約と言っているが、そこにどんな意味があるのだろうか」「これは日本でおさまる問題なのだろうか」「水が足りなくなるとどんな弊害が起きるのだろうか」などとするとどうでしょうか?

ほかにもいろんな切り口で深めることができます。

違ってもいいから、10コくらい考えてみてくださいね。

これが「書かずに学ぶ小論文」の極意です。

|

« 初心にかえる | トップページ | 短所が産んだもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/15482343

この記事へのトラックバック一覧です: 論の深さ:

« 初心にかえる | トップページ | 短所が産んだもの »