« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月29日 (金)

何があれば

あなたは、愛されていると実感できますか?

その判断基準は何でしょうか?

 

1つじゃなくてもかまいません。

判断する項目を考えてみてください。

そうすると、そこからみえてくるものってなんですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

教師の醍醐味

昨年担当した学生さんとばったり会いました。

「先生の授業で私の生き方が変わりました」といわれて、

思わず涙がこぼれそうになりました。

自分の道がしっかりあって、それは拍手なんだけど

社会にでてやっていけるんだろうか、と思った学生さんでした。

せっかく自分の道があるんだから、

輝いて通っていってほしいと思って

90分の授業の中で関わっていました。

人の人生に影響することがある、

それが私にとって教師という仕事の醍醐味です。

教師、ってそういう機会をひとよりたくさん与えられている気がして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

誕生日の奇跡

先日、私の誕生日を通過しました。

「そろそろ嬉しくない年齢やろ」という言葉もちらほらきこえてきて

そんなもんかなぁ。。。と思ったりして。

新聞やニュースをみていると、

また誕生日を無事に迎えられること、

それだけで奇跡的なんじゃない?と思えてきます。

奇跡といえば、

友人で素敵なメルマガを書いている方がいます。

毎晩10時に届く、短いメールのようなメルマガ。

それがほっとするひとときになっています。

・・・ぜんぜん奇跡とむすびつかなかったみたい・・・

えーっと、

なんでもないことでも

奇跡のように感じてうれしくなったりするメルマガなんです。

よろしければ、みてみてくださいね。

(本人に言ってないからびっくりしたりして!)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

勉強の必要性

子供に「なぜ勉強しないといけないの?」と聞かれたら

あなたはなんと答えますか?

-----------------------

ここでは、小論文の問題として考えていきます。

 

「必要」「不必要」と決める前に、

まず、勉強とは何をさすか、考えてみてください。

国語、算数などの学校の教科のこと?

体育も勉強?

給食も?

掃除の時間は?

休み時間は?

学校以外では?

横断歩道の渡り方は?

さて、思考回路は動いてきましたか?

ここで改めて考えてください。あなたが考える「勉強」はどういう意味でしょうか。

そこを明示してください。

論はそれから始めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

お受験のマナー講座

今週の日曜日、小学校受験を控えた保護者様向けの

「お受験のマナー講座」が開かれます。

2時間の講座で、

マナーの部分の具体的なお話と、

具体的な行動の柱となる、気持ちの部分のコーチングセミナーの予定です。

(あくまで予定です。当日の参加者の方々のニーズによっては変えるかも?)

マナー、は、心得や常識のことで、常識といえば

「今と昔は違うけど、ほかは一緒でしょ」というイメージがありますが、

細かいことで言えば、その場その場で違います。

たとえば、大きな意味でいうと、「相手を大切にする」という一言。

それに基づく行動はそれぞれ違いますよね。

では、小学校受験のときのマナーとは?

・・・それは、子育てに通じるものもあります。

でも子育てはその時々でいろんなことが起きます。

そんなときにも毎日を楽しめたら、きっと素敵な日々になります。

そんなお母さんもお子さんも、きらきらのタマゴが心の中に毎日生まれます。

日曜日、お会いできたみなさんの

新たな「きらきらのタマゴ」を発掘したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

短所が産んだもの

長所はあなたの魅力的な面です。

でも、あなたの短所も、今のあなたを作ってくれています。

短所があったからあなたが得られた経験はありませんか?

熱しやすくさめやすい性格だということは、

いろんな趣味やスポーツを経験をしているかもしれません。

趣味がない、となげく人は、

今まで無用な出費をしてこなかったということかもしれません。

人を見る目がない、となげく人は

心が傷つく痛みを知っている、優しい人です。

 

短所の影に隠れている、長所もみつけてください。

そして、短所をそのまま、あなた自身として受け入れてみると、

・・・・今の自分をどう感じますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

論の深さ

「論に深みがない」といわれた方へ。

 

論の深み、ってどんなことかイメージできるでしょうか。

極端に言えば、深みのない論とは「そんなの知ってるよ」っていう感じ。

たとえば、「この夏は猛暑で雨が少ないらしいから、水を節約しないといけない。そのためには、一人ひとりが気をつけることが大事だ。」という主張だとしましょう。

これは、小学生にも「知ってるよ」といわれそうです。

ここを深めて、「単純に水の節約と言っているが、そこにどんな意味があるのだろうか」「これは日本でおさまる問題なのだろうか」「水が足りなくなるとどんな弊害が起きるのだろうか」などとするとどうでしょうか?

ほかにもいろんな切り口で深めることができます。

違ってもいいから、10コくらい考えてみてくださいね。

これが「書かずに学ぶ小論文」の極意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

初心にかえる

先週はコーチングの試験を受けに東京に行っていました。

こんなに一生懸命で、思い出すと輝いている一日って、

何年ぶりだろう。

きっと一生の中で記念になる一日だろうな。

 

さて、今日から初心にかえります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

紹介していただきました

昨日発行の、マイコーチジャパンのメルマガの、

コーチズヴォイスというコーナーで私を紹介していただきました。

マイコーチジャパン代表の天海さんは、

女性らしい雰囲気を持つ方で、登場するとまわりの空気にバラが散るよう。

(と私は思っているんですが)

でもお仕事となるときりっとします。この変化が魅力的。

人生を変える☆しあわせ成功講座

ご覧いただけましたらうれしいです。でもてれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

日本酒の魅力

ビールの奥深さに続き、

日本酒の味わいの七変化に感動しています。

か~んと冷やした日本酒でしょ、

それをほんの少し暖めるだけで味が変わるって知っていました?

なんだか、その変化がわかる自分がうれしくて、

ちょっとずつかえたお猪口を並べて楽しんでいます。 

人間も、かわるよなぁ、

でも根本って変わらないよなぁ、う~ん、ピュアだなぁ、なんて思いながら。

変化を教えてくれた師匠に、感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝える?教える?

教師志望のみんながよく使う言葉があります。

「人が人に教えることなんかない、伝えるだけだ」

「教えられる人が少なくなっているから、教える人になりたい」

「教えるなんておこがましい」

「結局自分で学ぶしかない」

どうも、教えるという言葉に抵抗があるように聞こえてきます。

その一方で、私は「わかるように教えてほしい」という声も聞こえてきます。

さて、あなたは「教師は伝えるのか教えるのか」に正解はあると思いますか?

その理由は?

教師志望のみなさん、一度しっかりこの問題に向かい合ってみてください。

大切なのは、今の自分なりの答えを出すことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

ふさわしい人間

「あなたがそれをするのにふさわしい人間だとしたら?」

------------------------------

やろうと思っているのにできないこと、ってありますね。

つい先延ばしにしてしまうとか、

ついおっくうになってしまうとか、

後回しにしているうちに時間がなくなってしまうとか。

私の場合は、このままいけばたぶんできるからいいや、っていう気になってしまうんですが。

そういうときに、このフレーズを思い出してみてください。

「あなたがそれをするのにふさわしい人間だとしたらどう?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

文章を書くコツ

あなたにとって、働くということはどういうことですか?

--------------------------

食べるため、生きるため、まずはそう浮かぶ方が多いでしょう。

ここで注意してほしいのは、「どういうことか」と聞かれているので

「こういうことだ」と答えることです。

「私にとって働くということは、食べるためだ。」ではおかしいですね。

それを書くなら、

「私にとって働くということは、食べるためのものだ。」だとOKです。

「私にとって働くということは、食べるための手段だ。」

「私にとって働くということは、生きていくために必要不可欠なことだ。」

こんな感じだと、文章として第一段階突破です。

さらに、意味を問われていると解釈するならば

「私にとって働くということは、社会の一員とであるという意味を持つ。」

「私にとって働くということは、大人であるという責任とともに生きるという意味を持つ。」

「私にとって働くということは、夢をあきらめないということである。」

などとすると、ぐんと深みのある文章になりませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »