« 合格のお守り | トップページ | あなたのツボはどこですか? »

2007年1月25日 (木)

国語の成績を上げる

今、国語の成績を上げたい・・と真剣に考えているみなさん。

今からあなたは何をしますか?

 

ぜひ、今、この瞬間から、ドラマを感じてください。

テレビドラマを見るのはないですよ。

ドラマを感じる、のです。

国語で問われるものは、

文章を読んで、どれだけ人の気持ちや世界を感じることができるか、なのです。

自分で体験できることは限られていますね。

それだけでは、世の中の広がりがない。

だから、文章から他人の気持ちを知ってみましょう、

世界の出来事を知ってみましょう、ということなんです。

そのためには、たくさんの言葉を知っていたら

それだけ小さなことも正確に、伝えたり読み取ったりができます。

間違った解釈をしないために、文法があります。

たとえば、「わたしはしる」は「私は知る」でしょうか、「私走る」でしょうか?

前後関係から読み取らなくてはなりませんね。

「わたし・・・走る!」と書いてあると、なにか決意のようなものも感じますね。

「私走る・・・」と書いてあると、考え込んでいるようにも感じます。

これたった数文字だけで、解釈の選択肢がかなりありますね。

長い文章になると、もっと選択肢が増えます。

文の前後関係も、さらには

時代背景も重要になることもあるでしょう。

国語はおもしろくない勉強、と思わないでください。

国語は、視野を広くする、実生活に直結した教科になっているんです。

|

« 合格のお守り | トップページ | あなたのツボはどこですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/13656293

この記事へのトラックバック一覧です: 国語の成績を上げる:

« 合格のお守り | トップページ | あなたのツボはどこですか? »