« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年1月31日 (水)

最悪の想像

「あなたは、やらないことで何を得ているの?」

学生たちを見ていると、もどかしくなることがあります。

最悪の想像をしてあきらめるクセをみるときです。

最悪の想像をして、

動かないことで何を得たいのでしょう?

若いあなたの心は、そんなにヤワですか?

あなたの心、どうやって鍛えますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

言葉より大切なこと

小論文の授業では、文章から真意を読み取る練習をします。

言葉からだけでは、うまく伝わらないことも多々あるからです。

「この文章を書いた人って、どんな人だと思う?」

「この人は、何を大事にしている人だと思う?」

「この人ってどんな生活をしている人だと思う?」

「じゃあ、この人って、いったい何を言いたいんだと思う?」

などなど。

そしてはじめて、相手のほんとうに言いたいことが推察できていくのです。

 

言葉から、その人の本意が覗くこともあります。

でも、受け取り側の心によって、言葉の色は変わります。

相手が大のペット好きの人だと知っていれば、

「コイツがいるために旅行ができないんだ」は

愛にあふれる言葉に聞こえます。

何も知らなければ、不満一杯の人に聞こえるかもしれません。

自分が不満一杯であれば、

「やっぱりねぇ」と不満共感の場になってしまうかもしれません。

日常生活では、できれば

愛にあふれる人だと信じて、その人の言葉を受け取りたいものです。

そして、言葉尻をとらえるよりも、大切なことを論議したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

きらきらのタマゴたち!

週末は、コーチング研修のアシスタントに入っていました。

そこで、たくさんの素敵な人に会いました。

最初は緊張している顔が、

本当にどんどんいい顔になっていく、

この瞬間に一緒にすごせたことを心からうれしく感じています。

 

自分のきらきらのタマゴを見つけて、

自分で磨き始めていく。

その瞬間が、変わっていく瞬間です。

なかなか自分では自分のきらきらのタマゴが見つけにくいものなのですが

今回お会いした方たちは

なぜ、こんなに輝いたんだろう?

・・・素敵でした。

これがあるから、コーチはやめられない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

あなたのツボはどこですか?

あなたが、思わず笑ってしまうときは、どんなときですか?

 

よく「ツボ」にはまった、と言いますね。

あなたの笑いのツボ、楽しくなるツボって、自分でわかりますか?

私は、知っています。

自分がにやけてくるツボも、楽しくなるツボも。

これを知っていると、生きるのがとても楽になります。

つらいときや、やる気のでないときに、自分でツボをちょっと刺激したらいいのですから。

 

さて、そのツボはどうやってみつける方法は、

私の場合、経験&実験、につきます。

ハマったときの共通点ってあるかな?とか

この前おなかが痛くなるくらい笑ったのって、どこがおかしいって思ったんだっけ?

などなど。

楽しくなるツボというのは、

赤ちゃんの写真だったりする人も多いですよね。

つるつるぴかぴかぷちぷちの笑顔を見ていると、

私は、悩み事があっても気にならなくなってきます。

さて、あなたもぜひ

自分のツボをみつけてみてくださいね。

 

いい見つけ方がある、っていう方、おしえてくださーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

国語の成績を上げる

今、国語の成績を上げたい・・と真剣に考えているみなさん。

今からあなたは何をしますか?

 

ぜひ、今、この瞬間から、ドラマを感じてください。

テレビドラマを見るのはないですよ。

ドラマを感じる、のです。

国語で問われるものは、

文章を読んで、どれだけ人の気持ちや世界を感じることができるか、なのです。

自分で体験できることは限られていますね。

それだけでは、世の中の広がりがない。

だから、文章から他人の気持ちを知ってみましょう、

世界の出来事を知ってみましょう、ということなんです。

そのためには、たくさんの言葉を知っていたら

それだけ小さなことも正確に、伝えたり読み取ったりができます。

間違った解釈をしないために、文法があります。

たとえば、「わたしはしる」は「私は知る」でしょうか、「私走る」でしょうか?

前後関係から読み取らなくてはなりませんね。

「わたし・・・走る!」と書いてあると、なにか決意のようなものも感じますね。

「私走る・・・」と書いてあると、考え込んでいるようにも感じます。

これたった数文字だけで、解釈の選択肢がかなりありますね。

長い文章になると、もっと選択肢が増えます。

文の前後関係も、さらには

時代背景も重要になることもあるでしょう。

国語はおもしろくない勉強、と思わないでください。

国語は、視野を広くする、実生活に直結した教科になっているんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

合格のお守り

入試当日、あなたはどんな自分でいたいですか?

「~~~~な自分でいるんだろうなぁ」という想像の姿と、

「~~~~な自分だったらうかるなぁ」という想像の姿と、

似ていますか?

イメージしてみてください。

あなたはどちらの自分でいたいですか?

そして、お好みのほうをイメージしてみてくださいね。

そして、その姿を意識してください。

それが、合格お守りのひとつになります。

 

そのからくりは・・・また後日!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

人生において遊びとは

昔から、「よく学びよく遊べ」といいますね。

あなたの人生の中で「遊び」はどんなものですか?

具体的な遊びというよりも、

その遊びを思い出しているときの”気持ち”を感じてください。

あなたにとって、本当に学んでいるときの”気持ち”を感じてください。

そして、

あなたにとっての「学び」「遊び」を

ぜひ改めて感じてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

初生け

本日、仕事初めでした。

ひさしぶりの長~い休暇をとったので

なんとなく、自分自身もニュートラル状態になった気がします。

 

そんな状態での「初生け」は、

初心に戻った、草月流の基本の型でした。

狙ったわけではなく、

自然とその形になったことにびっくり。

自分自身が覚えてないと思っていたし、

生徒さんにも「そのうちいやでも覚えるから気にしないでいいからね」

なんていってたのですが、

やっぱり・・・・

20年もたつとからだが覚えているものでした。

自分自身のちからに、ちょっと感動の新年となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年3月 »