« お受験コーチング | トップページ | あなたらしさについて »

2006年7月21日 (金)

お受験の必要性

「お受験コーチング」をしていると、

なぜ低年齢で受験なのか、かわいそうじゃないか、

と言われることがあります。

お受験コーチングは、決して低年齢での受験推進セミナーではありません。

受験に関わっている人が、受験者の可能性を最大限に生かせるようにすることをテーマにしたコーチングなのです。

生まれてから小学校に行くまでに、保育園に行くか幼稚園に行くか親子で過ごすか、習い事はするかしないか、という選択肢がありますね。そして、現代は小学校も受験をするかしないかという選択肢があります。中学校も受験をするかしないかの選択肢があります。学校に行かない、という選択肢をとるお子さんもいます。

現代では、受験可能な私立・国立の学校が増えているため、選択肢と特別なものではなくなってきています。

そして、受験が必要な学校というのは、必ず教育に関する明確な方針を持っています。同じ教育方針のご家庭に賛同していただき、子供たちをより健やかに育てていきたいと思っているからです。

ですから、ご家庭に明確な教育方針があって、同じ教育方針の学校がある場合は、お子さんの可能性を伸ばすひとつの手段として受験が必要ではないでしょうか。

さてここで、あなたはどうやって学校を選択しますか?

選択するのは子供ですが、親も無関係ではありません。

親は無関係ではありませんが、子供本人ではないので、適性は別と考えなくてはなりません。

このあたりで、

「まだ子供だからちゃんと選べないし・・」

「お金を出すのは親なんだから」

「私が歩んできた道がよかったからぜひ子供にも」

という気持ちがうまれます。

それが、ほんとうに子供のためになっているか、子供の声をきけているか考えてみたくなりませんか?それがお受験コーチングです。

|

« お受験コーチング | トップページ | あなたらしさについて »

コメント

コーチングにもいろいろあるんですね。
自分も親なので
子供が自分で答えをだせるように
導いてあげたい
待つことも必要だと思う
次回のブログも楽しみです。

「小論文の基礎」も良かった。
着付けも余暇に教えているのですが
必ず理由も付けて話すことにしています
その方がわかりやすいと思うので

一ヶ月前のスピーチでは
自分も楽しく仕事をしたいし
お客様に喜ばれる仕事をしたい
だから改善を常に意識し実行して働く
みんなで協力しあって
それが結果的に収益を増やす事になる
こんな内容でした

投稿: ミント | 2006年7月27日 (木) 22時11分

ミントさん、こんにちは。
スピーチ、ミントさんがどういう方なのかがにじみでていますねぇ。素敵な内容だなぁと感じました。
お客様に喜ばれるようにしていると
結果として収益を増やすことになる、とは
「お?!なるほど!」と思われた方も多かったのでは?


投稿: まみりん♪@オフィス雅映 | 2006年8月11日 (金) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/10995692

この記事へのトラックバック一覧です: お受験の必要性:

« お受験コーチング | トップページ | あなたらしさについて »