« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

今日、どんな自分でいたいですか?

あなたは今日、どんな自分でいたいですか?

-----------------------------

会議があるとき。仕事があるとき。

テストがあるとき、部活があるとき。

お母さんでいなきゃいけないとき。

 

毎日はいろいろありますね。いいこともイヤなことも。

あなたの「今日」の予定の中で、

あなたがどんな風でいたいかをイメージしてみてください。

それだけで、違う流れが感じられると思います。

 

私は、よくコレに助けられています。

困ったとき、迷ったときに

「どんな自分でいたいんだっけ」と思い出して、そのモードに入ること、

それが、日々を乗り越える力になります。

まずは明日、眠いアタマのまま、

おふとんの中でやってみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日、どんな自分でいたいですか?

あなたは今日、どんな自分でいたいですか?

-----------------------------

会議があるとき。仕事があるとき。

テストがあるとき、部活があるとき。

お母さんでいなきゃいけないとき。

 

毎日はいろいろありますね。いいこともイヤなことも。

あなたの「今日」の予定の中で、

あなたがどんな風でいたいかをイメージしてみてください。

それだけで、違う流れが感じられると思います。

 

私は、よくコレに助けられています。

困ったとき、迷ったときに

「どんな自分でいたいんだっけ」と思い出して、そのモードに入ること、

それが、日々を乗り越える力になります。

まずは明日、やってみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

きらきらのタマゴ探し

今日、きらきらのタマゴたちに会いに行きます。

新入生がたくさんいる会場で、体験コーチングです。

 

きらきらのタマゴとは何か、

それさえも伝えずに、体験してもらおうと思っています。

必ず持っているあなたのよさ、

それを自分で見つめる時間になってほしいと思います。

そのために、コーチングがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

独自性

小論文を書くテクニックを身に付けるのは簡単です。

問題は、どれだけ独自性のある意見か、なのです。

「あなたは、日本で一番影響力があるのは誰だと思いますか?」

「ぼく!だって、ぼくが笑かしたら、みんな笑うねん。笑わへん人はおらん。だから、ぼく!」

この子の意見、はなまるをあげたくなりませんか?

ちゃんと、誰が一番えらいのかということを答えていますね。はっきりとわかりやすく。

理由も書いていますね。

しかも、一般的に予想される答えとはちょっと違う。

これが、独自性のあるものの一例です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

身体に正直になるということ

あなたは、自分の身体に正直ですか?

--------------------------

頭で考えていると、なかなか身体の悲鳴をきくことができないようです。

身体にこわばり(こっているとか、身体が硬いとか)があると、そのあたりのリンパなどが滞っていますね。

「病院で、ストレスを感じていないと思っているほどストレスに弱いんだってって言われた」とう話をききませんか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

きらきらのタマゴたちに会いました

先日のセミナーで、まさに「きらきらのたまごたち」に会いました。

何かをつかもうと努力している姿、

真剣に取り組む姿、

それは本当に、きらきらと光るタマゴそのものでした。

そういうタマゴたちに出会うと、

     ああ、この人はとっても綺麗に(かっこよく)なるんだろうなぁ

と、嬉しさがこみあげてきます。

何かに向かっている姿も、

だめだ~と嘆いている姿も、どれも光りかけています。

セミナー後のみなさんの姿は、それはもう、

どんな高級エステのあとよりもぴかぴかでしたよ。

 

私のも磨かなくっちゃ。

きらきらのタマゴたちはどんな風に光るのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

好きのキャパシティ

最近、「嫌われるのが怖くて叱れない」というお母さんがいるというお話をききました。

大好きなわが子に嫌われるかもしれない、確かにそれは怖いことでしょう。

子供じゃなくても、好きな人に嫌われるかもしれない、というのは、怖くなってしまいますね。

でも・・・、あなたは、あなたのいいところ一部だけを寄せ集めた、あなたの一部を好きになってほしいですか?

一部を好きになってもらったら、・・・ほかの部分をみせたら嫌われるかもしれない、そんな恐れが私はわいてきます。

あなたは・・?

あなたは、自分に常に優しい人だけが好きですか?

たまに機嫌が悪くっても、意見が食い違っても、

好きだからおっけー♪ と思う気持ちはありませんか?

けっこう、人間の”好き”のキャパシティは広いものです。

大丈夫。

・・・っと書きながら、自分にもいいきかせているのですけど。

本当に相手のことも自分のことも大事にできていたら、

コミュニケーションは怖くない、そんな気がします。

自分のことも相手のことも大事にする、ときいて

あなたはどう感じますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

なんのために?

「宿題は出さない。わが子のためにと親がやってしまうケースがあるから。」

そんなうわさを耳にしました。塾の先生のお話だそうです。

「はぁ??」(まちゃまちゃ風に)

親がやってあげて、なんのためになるんだろう。

そもそも、塾にいくのはなんのため?

「忘れ物を届けにいくのに、いちいち届けを出すのは面倒。校舎内に自由に出入りさせてほしい。」

今時は物騒なので、保護者が校舎内に入るのに手続きが要る学校もあるのです。ですが、面倒なほど忘れ物をする、面倒なほど届けにいく、それってなんかへんだと思うのは、私だけなのでしょうか。

忘れ物、というのは、誰の問題なのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

聴けていますか?

あなたは、相手の話を聴いたことがありますか?

-------------------------

聴くというのはわかりにくい表現ですね。

心から相手を理解する姿勢でしたか? といえば伝わるでしょうか。

話を弾ませようと思うばかりに

いつの間にか自分のほうが話し込んでいませんか?

相手の話を、あなたのアタマの中で絵にかけるように、十分聞いてください。

それが「聴く」こと。

コーチングでは「傾聴(けいちょう)」と言います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »