« 自分に何ができるか2 | トップページ | 小論文の必要事項「広い視野」 »

2006年3月27日 (月)

小論文と作文の違い

小論文と作文の違い、わかりますか?

論じれば、論文。文を作れば作文・・・というわけではありません。

”小”は少ない文字数、という意味なので以降そのつもりで読んで下さいね。

作文は、主として、書き手の心情や経験を書きます。

小論文は、書き手の意見を書きます。それも広い視野を持った上で。

 

たとえば、「小学校の給食」について書きなさい、という問いならば。

作文では「記憶に残っているのは~~~~だ。それは・・・」と、自分が経験した給食がどんなに楽しかったかや、好き嫌いがどうした、という話を書きますね。その情景が目に浮かぶようであれば、いわゆるいい作文になります。

論じなさい、となっていれば、小論文として書くことを求められています。すると、「小学校時代における給食の意義とは~~~である。一般に~~~といわれているが、私は~~と考える。」などと、広い視野(一般的な意見)を知った上で、独自性のある見解が述べられていればいい小論文となります。

違いって簡単でしょう?よく覚えておいてくださいね。

|

« 自分に何ができるか2 | トップページ | 小論文の必要事項「広い視野」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/9293140

この記事へのトラックバック一覧です: 小論文と作文の違い:

« 自分に何ができるか2 | トップページ | 小論文の必要事項「広い視野」 »