« スプレンディード | トップページ | 全国一斉日本語テスト »

2006年2月 6日 (月)

問題の意味がわからない時に

小論文を書くときに、

何を書いていいか、まったくわからないことがありますね。

問題の意味がわからない、ということがほとんどだと思います。

そのようなときの究極の対処です。

 

1.設問だけをじっくりと読む。

これができたら、2もチャレンジしましょう。

2.設問につながりそうなところを2~3箇所読んでみる。

 

受験小論文では、書かなければ0点です。

書けば必ず得点につながります。

テーマがあっていれば、・・つまり

設問に的確に答えられていれば、たとえそれが1行でも得点につながるのです。

手も足もでなければ、

設問をじっくり読んで、一言で答えましょう。

|

« スプレンディード | トップページ | 全国一斉日本語テスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/8542552

この記事へのトラックバック一覧です: 問題の意味がわからない時に:

« スプレンディード | トップページ | 全国一斉日本語テスト »