« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

裏生け

いけばなのレッスンでのこと。

たまに、「できました」という声で見にいくと

なんだかちょっと物足りない・・・という作品になっていることがあります。

「これ大好きって作品を200点、

自分なりに最高のデキ、というのを100点としたら、

これ何点?」

ときくと、そういうときはたいてい60点くらいの点数がつきます。

ぎりぎり合格ラインくらいの点数なのかな。

そういうときは、四方から、上から、みてもらいます。

今日の方は、真後ろからみるととってもいい作品になっていました。

「そういえば、葉の向きとかお花の向きとか、

目立たせたいものが後ろにある・・

目立たせたいものは前におくほうがよかったんですねぇ」

そう、今回はそのようです。

 

お洋服でも、きっちり決まっているはずなのになんだか野暮ったいときは

後ろ姿や横姿をチェックするといいらしいです。

広い角度からみるといい、ということですね、きっと。

広い角度というのは、

お稽古だけじゃなくて、いろんなことに通じるのだろうなと思っていました。

私は、お洋服で隠せない脂肪を撃退せねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月27日 (月)

天職をみつける

セミナーのお知らせです。

「~あなたのホームグラウンドを見つける~パーソナルセミナー」が

4月1・2日に開催されます。

http://www.hansoku-adviser.com/runseminar.html

ホームグラウンド、とは

あなたの活躍の場、といった意味ですね。

お仕事に行き詰っているあなた、

自分の天職はなんだろうと思っているあなた、必見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

線がみえますか?

あなたの前には、自分でひいた線がある、としましょう。

「これ以上入ってこないでね」の境界線かもしれないし、

「これ以上できない」の制限の線かもしれないし、

「ここからこっちは安全」の線かもしれない。

けど、なにか、線があるとします。

 

その線、どんな色だと思いますか?

そんな素材だと思いますか?

あなたは、どんな線をひいているのでしょうか?

それをこえるには、破く?飛ぶ?またぐ?

埋める?踏む?水をかけてしまう?

  

しばし、思いにふけってみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

独自性のある小論文とは

「あなたが、現代の特徴を○○文化と名付けるなら、なんとつけますか。理由とともに述べなさい」

-----------------------

あなたは、どんな視点で現代を感じたいですか?

人はみな、ほんとうは優しい・・という視点もあれば、

現代人は殺伐としている、という視点もありますね。

子供の目からみた現代、

老人の目からみた現代。

あなたが大気だとして、地球全体をみたら?

正解はありません。自由に考えてみてください。

それがあなたの「独自性」となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

オープンマインド

あなたにとって、「オープンマインド」とはどういう意味ですか?

具体例とともに、考えなさい。

------------

公園で何気なく5~6人のお母さんたちが子供たちを見守っています。

お互いに知り合いの間柄で、特になんといった意識も持っていません。

そのうち、3人が話し始めました。なんてことない話題です。

ほかの2人は、見るからに、なんとなく居心地が悪くなっていそうです。

----3人の心中(想像)

「別にいつでも話にはいっていいのよ」

「そうそう、私たち来るものは拒まずだから。」

「入りたかったら入るよね」

「そうそう、あえて話にはいらない?って言うのもなんかへんだしね」

「なんにもいじわるしていないよね」

「そうそう。私たち、オープンマインドだものね。」

-----2人の心中(想像)

「話が聞こえてしまうけど、聞いていたら悪いよね・・・」

「あえて話しに入れてっていうほどじゃないし・・・」

「特に話題がないもんなぁ、話しかけるネタもないし・・・」

「声かけてくれたらありがたいなぁ・・・」

「・・・なんかこれって、私、仲間はずれにされているみたいに見えない?」

 

十分ありえる、オープンマインドの勘違いなのでは。

あなたにとって、オープンマインドとは何か、考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

カレー!

私も1週間ほど試験休みでした。

その間に見つけた、くせになるおいしさのカレーやさん!

伽麗伊屋 さんです。

↑なんと魔法のレストランにもでていた模様。

スパイシーなカレーが好きな方は、ぜひおためしください。

お手ごろ価格の、本格的なカレーです。

お店の前を通っただけで、ふら~っと入りたくなる香り。

心斎橋にもあるんだ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月10日 (金)

試験の奥にあるもの

現役大学生にとって、試験結果が気になる春休み。

試験のおくにあるものが何かって考えたことはありますか?

 

試験を作成する側というのは、

実にたくさんのことを考えているものなのですよ。

「あの単位って簡単にもらえるんだよな~~、毎年同じ問題だもんな」

・・それだけ大事なコトなんです。最低でもこれだけは覚えたぞって思って欲しいから、毎年繰り返しだすんです。

「難しいんだよなあ。答えって一通りじゃないのに、なんて試験に出すんだろう。」

・・それだけ、考えてほしいんです。それが思考力を高めるってことだから。

 

社会に出たら、答えなんてあるようで何もない。同じ問題だってでない。だから今から全身フル活用して、悩んで困って、たくましく生きていってほしいんです。

先生の愛、感じてね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

受験前日に

受験の前日にここを見ているみなさま。

緊張で落ち着かないことでしょうね。

 

そんなときのひとつの手段です。

考えてみてね。

「今の心の中はどんな感じですか?」

目をつぶってじっくり考えて、答えをくちに出してみてください。

 

「それをクチに出してみて、今、どんな感じですか?」

 

答えがでてきましたか?

どんな答えでもいいんです。それが「今のあなた」です。

今のあなたを認めて、かわいがってやってね。

そうかそうか、そうやな、って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 8日 (水)

友チョコとおすそわけチョコ

今は本命チョコ、義理チョコに加えて

友達にわたす友チョコが定着しているとか。

いろんなことを考え付くものだなぁと思いますが

私はこういう空気にのるのってスキ。

なんだか楽しくって。

バレンタインにかこつけて、

このシーズンに出会った方には

チョコを1つぶお渡ししようと思ってます。

ひとつぶというのがミソです。

なんだか、ほんのりあったかくなりそうで。

というわけで、今年のイチオシは

新宿高野のフルーツチョコ!

いろんなフルーツ味が入っていますが、私のオススメはミルク。

フルーツじゃないけど、こうご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

全国一斉日本語テスト

日本語をつかっているみなさま。

全国一斉日本語テストというサイトが

期間限定で公開されています。

30問なので、あまり時間がかかりません、

コーヒーブレイクにいかがですか?

私の得点?ちょっと言えない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 6日 (月)

問題の意味がわからない時に

小論文を書くときに、

何を書いていいか、まったくわからないことがありますね。

問題の意味がわからない、ということがほとんどだと思います。

そのようなときの究極の対処です。

 

1.設問だけをじっくりと読む。

これができたら、2もチャレンジしましょう。

2.設問につながりそうなところを2~3箇所読んでみる。

 

受験小論文では、書かなければ0点です。

書けば必ず得点につながります。

テーマがあっていれば、・・つまり

設問に的確に答えられていれば、たとえそれが1行でも得点につながるのです。

手も足もでなければ、

設問をじっくり読んで、一言で答えましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

スプレンディード

おいしい話で盛り上がりました。

そもそもは、偏愛マップ

好きなものを書いて、自己紹介に使うというものです。

そこに書いていた「おいしいもの」で、

とてもいい出会いにつながりました。

 

リッツカールトンのスプレンディードです。

そこのサラダが、前菜ではなくてメインというくらいおいしい。

リゾットがこれまたおいしい!

おいしいものつながりって、うれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 2日 (木)

よろしかったですか?

スーパーで、ホットドリンクと、チョコレートと冷たい飲み物を買いました。

ちょっとしたおやつです。(ひとり分じゃないよ。)

「こちら、袋はお分けしてよろしかったですか?」

「はい」

「ありがとうございます」・・っと

丁寧に、暖かい飲み物ひとつだけ小さい袋に、

チョコレートとつめたい飲み物は、中くらいの袋に

わけていれてくれました。

 

なんかへん。

「袋はひとつにまとめてお入れしてもいいですか?」

「暖かいお飲み物はシールでもよろしいでしょうか?」

ならわかる。

ゴミに配慮した簡略包装でいいか、と問う店員に

了承する、客。それに対してお礼を言ってくれる店員。

 

あれでよろしかったのでしょうか?ならまだわかる。流れはあっていないけど。

まだ袋詰めされていない商品に、過去形の「よろしかった」?

それに疑問を抱いているうちに

「ありがとうございました」って・・・

丁寧に別の袋にいれてくれたお礼をいうのは、

ほんとは私。

「環境問題があるのに、わがままいってごめんね、

丁寧な配慮をありがとうね」というのは私。

なんでこんな行き違いになってるんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

答えはどこに?

コーチングでは、

答えはあなた自身の中にある、と考えます。

「ティーチング」とは異なります。

 

そんなこと言っても、まだ人生経験も少ないし、

自信がないし・・・わからないことだらけ!とおっしゃる方、

それでも、今のあなた自身は

今までのあなたの中で、

一番経験が豊かで

最高に素敵なはずです。

 

この言葉を聞いてから、

私は

ナニゴトもなかなか楽しい

と思えるようになりました。

ので、あなたにもおすそ分け!

いつだって、過去最高の経験値の自分なのです。

決して卑下することなく、過小評価することなく、

大切にしていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »