« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

小論文のポイント

質問に答えていますか?

つじつまがあっていますか?

 

この2つが小論文を書くときの大事な大事なポイントです。

質問に答えていなければ、いくらいい意見でもアウトです。

相手の声に耳を傾けましょう。

言葉の背景までもよく聞き取れたら、きっとあなたも、あなたの中にある深い考えに気がつくはずです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

どんな人の役にたちたいか

あなたは、将来、どんな人の役に立ちたいですか?

-------------------------

直接役に立っていると思えなくても、

あなたが生きていることで、

必ず何かの役に立っています。

それを考えてみてください。

 

もちろん小論文ですから、

しっかり論理的に考えて述べましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

なんのために働くか

キャリアデザインセミナーでは、

なんのために働くかで困っている方が少なからずいらっしゃいます。

コーチング対応をさせていただくことが一番効果がありますが

その場がコーチングに適していない場合、

ひとつの案として、お話させていただくことがあります。

 

「20代は、自分の興味のままに働きましょうよ。

 30代は、自分を実らせましょう。

 40代は、まわりのために働いてみませんか。

 次の世代がよくなるように働きませんか?」

 

この言葉で、みなさんなんらかの反応があります。

こういわれることで、腑に落ちるか違和感を感じるか、

どちらにしても

なんのために働くか、自分の意見がみえてくるようです。

 

あなたは、なんのために働きますか?

生きるため。お金がいるから。好きだから。

その先、迷うことがあったら、どうしましょう。

迷ったら、自分の心の声をきいてくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

あなたが政治家になるとしたら

あなたの政治ポリシーを述べなさい。

--------------------------

あなたが党首ならば、キャッチフレーズは何ですか?

どの問題が根源だと思いますか?

なぜですか?

そこをどうしたいですか?

そんな政治がなされたら、どんな日本になっているでしょうか。

さて、この問いに答えられたら、

それはそのまま小論文の中身になります。

お風呂の中で?電車の中で?考えてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

サクラサク

あなたが手にした合格通知は、人生のどの地点?

-------------------

合格おめでとうございます。

これを目標に、いままでよくがんばってきました。

 

っと水をさすようで申し訳ないですが、

あなたの人生をイメージしてみてください。

手相がわかる人なら、生命線をみてみましょうか。

さて、この合格通知は、どのあたりにあるのでしょうか?

この通知は、あなたの人生に何をひきおこしてくれるのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

入試も運。

センター試験を受けたみなさん、お疲れ様でした!

実力は出し切りましたか?

何があっても、終わったことは終わったこと。

今からは、二次試験に向けて準備を整えてくださいね。

入試も運。運はあなた次第か、運命次第か・・・?

----------

合格後、学生生活を送っているあなたをイメージしてください。

イメージできますか?

どんな服を着て、誰とどんな話をしていますか?

そのあなたなら、今、何をすべきでしょうか?

未来のあなたから、今のあなたにアドバイスをください。

あなたのことは、あなたが一番良く知っています。

どんな状況で勉強すれば

一番あなたにとって、集中力がでますか?

------------------

うそだと思ったらためしてみて?

ぐんと集中力がついていますから。

そして、合格通知をあなたの手に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

テレビで小論文スタディ

小論文の勉強というと、

原稿用紙を目の前にして書いて文字数数えてアタマ抱えて、

そのうちわからなくなってやめたくなる・・・という印象があります。

そんなことをしてきらいにならないでくださいね。

 

今日は笑える小論文の勉強をお伝えしましょうね。

それは、テレビの討論番組を見ることです。

テレビの国会中継を見て、笑えてきた経験はありませんか?

テレビの討論番組を見て、笑えてきた経験はありませんか?

「小学生のとき、手を上げて発言しなさいって言われてないのかな」

「人の話をよくききなさいって先生に怒られなかったのかな」

「オトナになるってヤジに耐えることなんだ。」

「人がいやがることを言っちゃいけませんってゲンコツされなかったのかな」

などなど、いろんな思いが浮かんできます。

でも、よ~く聞いてくださいね。

 

ヤジやイヤミは、自分の主張を通したいがための突破口。

注目を引いて自分のほうにひきつけるのです。

テレビに出ている方たちは、みんなしっかりした主義主張を持っているのです。

どんな反対にあっても、自分の意見が正しいと思っているわけです。

じゃないと、公共の場で話せるわけがありませんよね。

その意見には、なるほどと思える論理もあります。

一度その意見を聞いてみてください。

聞くことで、あなたの気持ちにも変化が現れます。

「なるほどそうだ」「そう・・・か?」などなど。

それが「あなたの主義主張」につながるのです。

 

テレビの討論番組はたくさんあります。

私が知っているだけで8番組ほどかな。

あなたはどの番組が好きですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

コーチングとは

最近、コーチングって何?とよく聞かれます。

検索するとたくさんあがってくるので

私は特に触れていませんでした。

 

私は、コーチの仕事を

「人の潜在能力(もともとある力)を引き出す」仕事だと思っています。

引き出す、という言葉には語弊があるかもしれませんね。

 

では、あなたは

「私はセンスがないから・・・」と言ったことはありますか?

私も、私ってセンスがないなぁと思うことがあります。

でも、「ない」のではないんです。

「磨いていないだけ」だけなんです。

たとえば、今、あなたのそのPCののっている机の上。じ~っとみてください。

まがっているマウスをまっすぐおいて、キーボードもまっすぐおいて、

まぐカップもまっすぐおいて、本をそろえてまっすぐにおいて。

それだけで、見違えるようにすっきりしませんか?

これはたぶん、片付けのセンス、ですね。

 

磨いていないから光らない。光らないからわからない。わからないからもっともっとホコリをかぶる。

 

前置きが長くなりました。

あなたがあなた自身のセンスを磨くお手伝いをする、

それがコーチの仕事です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

ちりツモ

ナニゴトも自信を持つことが大事です。では、小論文が得意だと思えるには?

------------------------------------

一日ひとつ、何かを見て考えましょう。

たとえばニュースを見て

「ホリエモンは悪いことをしたのかな?」

「私は~~と考える。なぜなら~~~だからだ。たとえば、私は~~~という経験をした。」

それでOKです。

一日イッコ考える。

1年たったら365テーマあなたは経験済みになります。

365テーマ!すばらしい。

それだけ考えたら、ほとんど網羅した気がしませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

夢をみてください。

先日の講義で思ったことをひとつ。

みんな、夢をもとうよ。

 

「とりあえず就職したい」「とりあえず資格」じゃなくって。

気持ちはわかるよ。

いつまでも学生して親に甘えていられないものね。

その気持ちはとてもえらいと思う。

でも、「とりあえず就職」も甘えてないかしら?

社会に、自分に、甘えていないかな。

 

あなたは、もっと力があります。

たった10回会っただけの私がそう感じるのだから、

あなた自身はもっとわかっているはず。

自分のことを自分で魅力的にしてあげないで、

誰がオススメマークをつけてくれるの?

 

夢をもとうよ。

とんでもない夢でもいいから。

バカげている夢でも、笑えてきて楽しくなれるから!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

偶然か必然か

今日、不思議な出来事に出会いました。

何かしようと思っていたら、向こうからそこに飛び込んでくれる、そんな出来事でした。

これって偶然かな、必然かな?

この素敵なツキ、運の良さを

読んでくれたあなたにもお分けしたいです。

そうすることで、私にもまた戻ってきて、

あなたにもまた行って、

いい無限ループができる気がします。

うん、する!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

自己PR作文の書き方

「特に指定がない場合、自己PR文をどう書いたらいいのか」という質問をいただきました。

-----------------------

原則として、次の3つから選びます。

1.どう書いたらいいか調査する

2.どう書いたらいいか質問する

3.覚悟を決めて書く

  

★どう書いたらいいか調査する・・・あなたはインターネットを利用できますか?検索が上手になると、現代ではなにかと便利です。調査も、「みんなの就職」「リクルート」「(相手先名)」などのキーワードで検索してみると、出てきませんか?検索エンジンも変えてみてくださいね。

 

★どう書いたらいいか質問する・・・わからないことを礼儀正しく簡潔に質問することは、決してマイナスにはなりません。マイナスになるのは、「質問者の注意力不足」「質問者の理解・記憶不足」が明らかな場合です。要綱を見落とししていないか、しっかりしっかり確認してくださいね。

 

★覚悟を決めて書く・・・調べても調べなくても、最後は覚悟を決めて書きましょう。提出しないというのは、勝負を捨てていることになります。 

 

覚悟を決めたら、要求の答えを簡潔に書きましょう。

 

・Aですか、と聞かれたらAかAじゃないかを答える。

・AとBのどちらですか、と聞かれたら、AかBかで答える。

・なんですか、と聞かれたら、○です、と答える。

 

これに補足として理由(理由の中には、自分自身の考えや、経験話やたとえや、反対意見の人への話)がある、というのがすべてのやりとりの基本なのです。

特に指定がない場合の自己PRは、言い換えれば、「あなたという商品はどんな魅力がありますか?」ともいえます。

 

あなたは自分のどんな点が好きですか?

あなたを商品としてとりあげてくれたら、どんないいことがあるのでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月10日 (火)

小論文の意味

最近、入試だけではなく、入社試験でも小論文を課すところが増えてきています。

それはなぜだと思いますか?あなたの考えを述べてください。

-------------------------------

小論文を課すには、意図があります。作文ではなく、常識テストではなく、なぜ小論文なのでしょうか?

これを考える切り口はたくさんあります。

 

あなたがもしボスだったら、相棒を選ぶのにどうやって選びますか?

あなたがもしボスだったら、どんな人が欲しいですか?その条件に当てはまるかどうかは、どんなことをしたらわかりますか?

 

まずは、欲しい条件をたくさん、たくさん、言ってみて下さい。

 

 

それがわかるには、どんなことが必要でしょうか?

そう考えると、小論文をどう書けばいいか、わかってきませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

お正月飾り

今、玄関先には餅花をつけた柳を飾っています。

丸さとリズム感がなんともいえず、

ポップな気持ちになります。

 

ここを見てくださった方、ありがとうございます。

お正月はゆっくり休み、来週ブログ更新予定です。

 

食べすぎ警報を発令していましたが、ときすでに遅し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »