« 偏愛マップ | トップページ | 受験小論文を書くとき »

2005年12月21日 (水)

草の緑を生きる

高見順 さん の「われは草なり」という詩をご存知ですか?

私は、よくこの詩の言葉をかみしめます。

全部は覚えていないし、ここに載せるのは著作権があるのでNGだと思うので

興味のある方は、検索してみてね。

ひとりひとりの緑は「きらきらのタマゴ」です。

私の緑を生き生きとさせたいと思います。

みなさんの緑も生き生きとしてほしいと思います。

それがコーチ・小論文講師としての思いです。

|

« 偏愛マップ | トップページ | 受験小論文を書くとき »

コメント

「われは草なり」
自分自身、自分の周りにあるもの、起きること全てを
認めて信頼しているって感じたかな?
そうすると人生を楽しんでいる、生きているって感じを味わえるのかな。
そんなことを思いました。

投稿: Kaye | 2005年12月22日 (木) 11時16分

Kayeさん、ありがとうございます。
認める、信頼するって大きいことだよね。
それも、自分を含めてまわりすべてをなんて。
人生を楽しんで、生きているって味わって!なんて素敵な生き方なんだろうと感じました。
あらためて言葉を味わっています、ありがとう。

投稿: まみりん@Office雅映 | 2005年12月26日 (月) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/7771541

この記事へのトラックバック一覧です: 草の緑を生きる:

« 偏愛マップ | トップページ | 受験小論文を書くとき »