« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月29日 (木)

句読点の打ち方

なんだか文章がへんだ、と思っている(思っていない?)あなたに、文章の確認方法をひとつお伝えしますね。

 

「、」「。」のところで息継ぎをして読んでみてください。

 

不自然に長いところはないでしょうか?

自然に短く途切れるところはありませんか?

意外とできていないことが多いんです。

・・・・という文章も、

「意外と、できていないことが多いんです。」 と

「意外とできていないことが、多いんです。」

では、くちにだして読んでみるとニュアンスが違うでしょう?

 

この繊細さ・・、なんて日本語って魅力的なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

年越し

私は今日が仕事納めです。

明日からは、お節料理作りにいそしみます。

 

我が家の年末年始は「年越し」という行事がメインです。

31日の夕方までにお風呂も料理もお掃除もすべて終わらせて、

紅白やレコード大賞をみながら夜通し飲んで食べて、

わいわいと新年を迎えるのです。

 

お節料理は、1月1日ではなく、31日からの宴のため!

もちろん新年を気持ちよく迎えられるよう、

元旦用のお料理も別に作っておきます。

 

ん~~わくわくしてきた。がんばります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

受験小論文本番に向けて

小論文の試験があるあなたが手軽にできること、

それは、新聞の投書欄を読むことです。

 

社説やニュースを読むのももちろん良いのですが、

投書欄はまさに小論文のお手本の宝庫です。

 

主張、理由、具体例、長さにあわせて反論とそれに対する意見、がちゃ~んと書かれています。

読むと自然と、反対か賛成か浮かんできますから、自分なりの意見を簡単にまとめておきましょう。

これだけで「書かずに学ぶ小論文」セルフコースです。

 

効果はとってもありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

1万倍の優しさを

いやな思いをしたら、1万倍の優しさを返したい。

ハラをたてている時間なんてもったいない。

そういう記事を読んだという話をしながらのお花は

どれも、大きな優しさがあふれた作品になりました。

言葉で語りつくせない、だから作品にするんだ

というような、素敵な作品でした。

 

 

1万倍の優しさって想像がつかないくらい大きい!

私もそんなとき、1万倍の優しさ返せるかな。

できるかな、できたいな。

ヘンな日本語だけど、そんな気分です。

 

あなたはどんな気分になりますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1年後の私から

「1年後の私」になって、今の自分に語りかけてみてください。

目をつぶってイメージします。

今の私に語りかけるとしたら、どんな言葉がでてきますか?

「1年後の私」はどんな自分になっているでしょうか?

 

 

私の「1年後の私」は、とても優しい言葉をくれるような予感です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

受験小論文を書くとき

小論文を書くとき、なぜこの設問なんだろう、なぜこの問題なんだろうと考えたことはありますか?

質問には意図があります。

あなたがどんな考えを持っているか知りたいから、質問していますよね?なぜその課題文なのでしょうか。なぜ他の文章ではないのでしょうか。そう考えていくと、「何をききたいのか」が見えてきませんか?

聞きたいことにちゃんと答えていきましょう。わかりやすく、真剣に伝えましょう。そうすれば、あなたは出題者と心が通うはずです。

春はもうすぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

草の緑を生きる

高見順 さん の「われは草なり」という詩をご存知ですか?

私は、よくこの詩の言葉をかみしめます。

全部は覚えていないし、ここに載せるのは著作権があるのでNGだと思うので

興味のある方は、検索してみてね。

ひとりひとりの緑は「きらきらのタマゴ」です。

私の緑を生き生きとさせたいと思います。

みなさんの緑も生き生きとしてほしいと思います。

それがコーチ・小論文講師としての思いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

偏愛マップ

コーチングの勉強会で、偏愛マップを体験してきました。

そんなに好きなものなんてないと思っていたのですが、

書き始めたら、とまらなかったです。

そして、あとからそのマップを見ると、

自分という人物が客観的に見えました。

偏愛マップはコミュニケーションの手段ですが、

自己分析にも使えるでしょうね。

気づかせてくれたリーダーたちに感謝です。

あなたの好きなモノ・コトを書き出してみてください。

わりと好き、今ハマってる、じゃなくて

これを語らせたら長いよっていうくらいのモノ・コトです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

アタマのトレーニング

思考力UPのエクササイズです。

あなたは後輩にこう相談されました。

「なぜか私に冷たい同僚がいるんです。私には心当たりはないのですが、私の方が仕事で優遇されているからかもしれないし、上司にかわいがってもらっているからかもしれません。」

さて、なぜこの同僚は冷たくするのでしょう?あらゆる可能性を考えてみてください。「ありえなーい!」というものもたくさん出して、後輩を笑わせてみませんか?

・ふられたモトカノに似てるから、なんとなく冷たくしてしまう。

・たまたま、混んだ電車でイヤな思いをした日だったから機嫌が悪い

・うらやましくて冷たくしてしまう

・頭痛がしている

・実は、友達の隣にいる人が嫌い

・朝、犬のフンを踏んだ日に限って友達が目に付く

・・・などなど。

そんなことを話していたら、友達はすっきりするでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

なりたい自分

明日はキャリアデザインの講義日です。

さて、あなたが「なりたい自分」を具体的にイメージしてください。

大切なのは、「今」なりたい自分を見つけること。

背、体重、目の形、鼻、口の形、痩せ型かぽっちゃり系か、

どんな服を着ているか、どんな表情をしているか、

どんなポーズで想像されているか・・・

その人の性格を一口でいうと??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

今の性に生まれてよかったと思いますか?

あなたは、今の性に生まれてよかったと思いますか?

-------------------------------

今の性に生まれてよかったと思いますか?

さて、今日は小論文ブログなので、書かずに学びましょう。

まずは「はい」だと仮定します。

「はい」だとあなたはどんな人ですか?

それはなぜですか?

「いいえ」と答えたあなた。

あなたはなぜそう考えましたか?

さて、なぜの部分を、20文字までで考えてください。

これはこのテーマで書くときの核になります。これがしっかりしていたら大丈夫。

考えてくださいね。

結構20文字でまとめるのは難しいですよ。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

あなたが熱くなるとき

あなたが熱くなるときをできるだけ具体的にイメージしてください。

---------------------------

熱くなる、とは厚いのでも暑いのでもないですよ。

ついチカラをこめて語ってしまったり真剣になったりするとき、です。

イメージできない人は、今日の中で一番情熱を傾けたものをイメージしてください。

昨日、今日のそれより情熱を傾けたものがありますか?

今週、それより情熱を傾けたものがありますか?

あなたの価値観はどこにあるのでしょうか。みてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

あなたと知り合いになるとどんないいことがありますか?

あなたと知り合いになるとどんないいことがありますか?

-----------------------------

就職対策講座で、私は最初に必ずこのようなスピーチをしてもらっています。

みなさん、「え~~~~(*_*)」と言いますが、ちゃ~んとひとりひとつでてきますよ。

これは、自己PRです。ぜひ考えてみてください。

ちなみに・・・

「私と知り合うと、2年後くらいに流行するモノがわかるかも?」

なんとなくカンが鋭いんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

責任の取り方

大きな失敗をしたとき、どうやって責任をとりますか?

--------------------------

そもそも、責任をとる、ってどういうことなのでしょう。

あなたが思う、責任をとることについての具体例を思い浮かべてください。その責任のとり方は、どんな価値観に基づいていますか?

大きな失敗で被害をこうむった立場からすると、その責任の取り方はどうですか?

あなたの友達ならなんというでしょうか?

あなたの友達と立場が入れ替わったら、なんと言いますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

「あちらまでお持ちします」

化粧品や服などを買った後、最近はレジ前ではなく「あちらまでお持ちします」と言われることが多くなりました。これはなぜなのでしょう?

買った直後に、こっちのほうがよかった!っていうモノが見つかったりしませんか?これもほしかったんだ!とかね。

私は、買うまではお財布はきっちりしまっているけど、一度取り出したらすぐあいちゃうのよね。売る側にとってはいいお客さんだと思うんだけど・・・どうして追い出すような感じなんだろう。せめて、雑談しながら出口に向かってくれないかしら。いつも、見足りないなぁと思って店からしぶしぶ出ます。

早く次のお客様の接客がしたいのかなぁ。接客業のこの常識について知っている方がいたら教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

小論文を書きあげるコツ

小論文を書き上げるコツは、「決める、変えない」です。

小論文を書くときには、時間配分をしますね。(400字=15分、として制限字数分の時間を確保して、それ以外は構想メモに当てます) そして、そこで出たアイティアの中から一番いいものを選んで、それを書きます。しっくりくるものがなくても、書かなきゃイミがないのだから、その中から選びます。だから、それ以上は変えてはいけません。

その間に出たアイディアは、その時点のあなたのベストなのです。

もしも、書いている途中でとってもいい考えがでてきても、変えない。

もしももしも、書いている途中ででてきた考えが、すっごく見違えるようにいい考えでも、変えない。

中途半端な書き方では相手に伝わりません。

たとえば、「何言ってるかわからなくなってきた」ということや、「最初と言ってること違うんじゃない?」ということってありますね。そうすると、その意見に対しての信頼性はダウンしませんか?

小論文は、相手に伝えるための文章です。

伝わらない文章を書くより、その時点のベストを書きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

日本代表の構成

あなたは「日本代表」について、国籍や育った場所にこだわりますか?

-----------------------

だんだん国際化が進み、日本人も外国で活躍したり、お相撲では外国籍の方が活躍するようになりました。それはとても喜ばしいことですね。

では、「日本代表」が全員、元外国籍だったらあなたはどう考えますか?

日本で生まれ育っていたらいいですか?日本を愛していたらいいですか?

さて、あなたの考える「日本代表」の構成を考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

受験生の母コーチング3 集中力

集中力をつけるのに一番いい方法はなんでしょうか?

------------------------------

それはゴールを設定することです。それも、楽しい、手近なゴールなら100パーセントといっていいくらい集中力がでると私は信じています。

いつもだらだらとお掃除なかなか終わらないのに、お友達と遊びにいくってなったら「9時にはすっかり掃除洗濯晩御飯の用意カンペキ!」というチカラ、あなたにもありますよね?

遊びに行くのが1週間後なら、用意カンペキにはなりにくいです。

今日、今だからこそ、「私ってやればできるじゃない」と自画自賛できる状態になるのです。

それが親知らずを抜く予約だったら、どうでしょう。一生懸命お掃除している気分もまた違いますね。

お子さんの目標見つけにつきあってあげてください。お子さんが自ら設定する目標です。お母さんが決める目標ではありません。

「あなたの目標はなに?」

「それはいつ達成するの?」

「そのために、今日何をする?」

キーワードはこの3つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

受験生の母コーチング2

あなたが今問題にしていることは何ですか?

-------------------------

受験生のおかあさんの悩みに、「子供が勉強しない」というのがありますね。

さて、これは誰の問題なのでしょう?

そう、子供の問題です。子供の行動にあなたが何をできるのでしょう?

経験談を話す?そんなの時代が違うって、って子供の頃確か思っていました。

やらないと落ちるよ、って脅す?そんなの本人がよくわかってる、って子供の頃たしか思っていましたね。

あの頃、私たちはどうしてほしかったんでしょうね?

受験生のおかあさん、あなたはその「ほしかった人」になってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

受験生コーチング

先日会った学生さんが、偏差値が5上がった!と教えてくれました。

本人曰く、すごいことだそうです。

私も、人が喜んでいるのを見ていると、とってもうれしい!

アタマの回転がにぶい時の体制と、いいときの体制に、

大きな違いがあると前回の話で気がついたのだそうで、

試験のときは、「いいときの体制」をイメージしてから開始したそうです。

それだけで5UP、ということはないでしょうけど

きっと、イメージは一役買っていることでしょう。

さて、あなたの「いいイメージ」はどんな感じですか?

なるべく具体的に・・・(これをビジュアル化と言います)

そのあなたを大切にしてかわいがってくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

受験生の母コーチング

あなたが受験生の頃、何を考えていましたか?

どんなとき、どう考えていましたか?

好きな歌はなんでした?

友達とはどんな感じでしたか?

勉強についてはどう考えていましたか?

親に対して、どう思っていましたか?

子供さんの志望校。ほんとは誰の志望校?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »