« 小論文を書く鉄則4 ひとつ | トップページ | 接客業のコツ »

2005年11月11日 (金)

小論文を書く鉄則ラスト できるまで書かない

構想メモが完成するまで書かない

------------------------------

読んで1分書いて15分 を覚えていますか?原稿用紙(400字)一枚の時間です。

小論文を書くときは、ただ書くだけの所要時間を計算して、そこまではできるだけ構想メモにあてましょう。

あなたが思う以上に、あなた自身は発想力が豊かでアタマがイイのです。その証拠に、書いているうちに発想がわいてきて、最初に思っていたことと違う方向に書いてしまうはず!何を書きたいのかわからなくなってきた、というのもそうですよ。違う方向に発想が進んでいるからわからなくなったのです。そんなこと、よくあるでしょう?それって、実はあたまのいい証拠なのですよ。

その豊かな才能を生かす一番の方法は、構想メモの段階で文章のストーリーを確定させておくことです。

紙粘土で人形を作るとしましょう。いきなり作り始めたら、ゴクウのカメハメハポーズを作るはずが バレエ・四羽の白鳥 ができてしまうかもしれない・・。でもデッサンをしておけば少なくとも違うポーズはとらないでしょう?デッサン=構想メモですね。

必ず、問題用紙の余白などにメモをしましょう。アタマの中のチップを全部書き出して、書く、かく、かく。なんでもいいから、書く、かく。書いたら→でつなぐ。テーマからスタートして、いいたいこと、具体例、反論、反論に対する意見、そして結論=いいたいこと にしてください。ちゃんと輪になりますか?

できるまで書かない。書きたくなってもかかない。だって、アタマが良すぎてまとまらないもの!

|

« 小論文を書く鉄則4 ひとつ | トップページ | 接客業のコツ »

コメント

なるほど。
構想がまとまるまで書かないか。
どうしても辛抱しきれなくて書き始めてしまうけど
出来たものがなんかしっくりいかないというのは頭がいいからなのね。(?)
構想メモしっかり作ろうかな。
ありがとう

投稿: Kaye | 2005年11月13日 (日) 10時44分

Kayeさん、こんばんは。
そうなの、頭のいい証拠なの!
発想がどんどん進化しているってことだもの。
ねえ、構想メモって、マインドマップに似てると思わない?

投稿: まみりん♪Office雅映 | 2005年11月14日 (月) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/7046780

この記事へのトラックバック一覧です: 小論文を書く鉄則ラスト できるまで書かない:

« 小論文を書く鉄則4 ひとつ | トップページ | 接客業のコツ »