« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

考えの悪循環に入ったとき

ん?と思うことが、だんだんふくらんでくること、ありますね。

ん?

んん?

むむ・・・・・

そんなとき、あなたはどうしますか?

しゃべる、寝る、違うことをする、などの気晴らしが一般的な解消方法ですね。

ここで、視点をかえるというのはどうでしょう?

たとえば、Aさんの態度が冷たい、としましょうか。

どんなことがありえますか?

・私をキライになった。

・朝の占いで最悪とでていた。

・朝から家族とけんかした。

・朝自転車で転んでしまった。

・昨日彼にふられたかも

・かりようと思っていたDVDが全部貸し出し中だった

・頭痛がしている

などなど・・・・

いっぱい考えてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月29日 (火)

異文化理解

あなたは異文化理解に大切なものは何だと思いますか?

-----------------------

国際化社会、とあえて言わなくても現代は国際化社会になってしまいましたね。おのずと異文化に触れる機会も多くなります。考えてみてくださいね。

異文化理解ってなんだ??と思っている方へ

異文化 とは、価値観や習慣、常識などが自分の慣習とは異なる文化のことを言います。

ちょっと視点を変えると、「おとなりのおうち」だって、「彼の実家」だって異文化になりませんか?

異文化を論じるには、「自分の価値観や慣習」を理解することがまず大前提ですよ。じゃないと、認めるどころか異なることがどこかさえもわからないものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

型を生ける

今日は初級の方のお稽古がありました。

いけばなでは、最初はやはり「型」を学びます。「型」は、経験として綺麗にみえることが多いかたち、とイメージしてくださいね。テキストに、どのようにどんな長さで生けるかもちゃんと書いてありますし、私からも説明します。

でも不思議なことに、同じ花材で生けてもお手本と同じ作品はできません。そこに、個性がでるからです。

一輪一輪の花の個性、葉の個性、枝の個性、生け手の個性。

作品を見て、「あなたって、○○?」「ケンカしてきた?」などときくと

たいていあたります。

そのときの心境もあらわれますから、

とうぜんといえばとうぜんなんです。

たとえ型であっても、型どおりではなく、

どんな風に生けたいかをイメージすることが上手になる秘訣です。

規則に嘆く学生さん、

制服でも髪型に規則があっても、どうしたって個性はにじみ出るのよ。

安心してね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

「24」

24seasonⅣを見終わりました・・・

今の心境は、「それぞれのキャラクターがみんな愛すべきキャラクター」です。

信じたことを一生懸命する人は、かっこいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

あなたは目標をどこに設定しますか?

あなたは、目標をどこに設定しますか?

--------------------------------

どこに、がキーになりますね。どこでしょう?

「がんばれば達成できるところ」という答えが一般的です。

さて、ここからです。小論文として掘り下げていくのは。

がんばれば、とは具体的にどういうことでしょうか。

絶対達成できる理論上の限界?

だったら、その次はまたハードな目標をたてないといけませんよ。限界をつねに引き上げる・・・可能ですか?

でも、軽い目標をたててしまったら、達成はできても、もっとできたかもしれません。もっと喜びや充実感が得られるのかもしれません。

もうひとつ、考えてほしいことがあります。「100点」はとれますか?目標達成が100点だとすれば・・100点、とれますか?

テストで100点とるのはムズカシイことですよね。120点を目標にしていれば、100点は可能かも?でも、そのときには目標を達成していないことになる。心の中の目標の100点をとっても。

さて、考えてみましょう。

余談ですが、社会人になると、自分で目標を設定して上司に報告して、能力が評価されるということもありますね。目標設定と報告方法はかなりムズカシイです。ここで一度考えておいてくださいね。将来のために。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

コミュニケーション自販機

「すんませんけど、入れたお金を確かめてくれませんやろか」

と、自動販売機に言われてびっくりしました。

え?なんで?入れたよ?・・・

あ、これダメなのね。はいはい、まだあったかな・・・

これはどうでしょう?

「ガタン」

よかった。ご親切にありがとう。

これは、ダイドードリンコのおしゃべり自販機との会話でした。

しゃべってくれるとは知らずに買ったのですが、

自然と自販機と心の中で会話していた自分に苦笑。

普通びっくりしますよねぇ。

これがどうやら、標準語バージョンだと

「投入金額をお確かめください」となるんですって。

機械とコミュニケーション。

あなたならどうですか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

優先席は必要か

あなたは、乗り物の優先席が必要だと思いますか?具体例を入れてあなたの考えを述べなさい。

--------------------------------------

現代は、ほとんどの乗り物に優先席があるのではないでしょうか。なぜここでこんなことを問われるのでしょうか?その真意を考えてみてください。

そもそも、どうして優先席ができたのでしょう?

ないとどうなるのでしょう?

人間の思いやりに期待することは、無理なのでしょうか?

机上の理想論ではなく、現実をよくみつめて、ぜひしっかり考えてみてください。

「私は不要だと考える。なぜなら、本来人間は思いやりを持った生物だからだ。優先席などなくても、譲り合いの精神がうまれるはずである。たとえば、~~~」

これ↑は一見よい主張に感じますが、それなら優先席を設ける必要はなかったはずですから、机上論、理想論ととられてしまいます。具体例に期待はできますが、ここまでの文章で判断すれば、ほぉ・・とうなるにはむずかしいスタートではないでしょうか。

「私は必要だと考える。なぜなら、本来人間は楽なほうに流れてしまう生物だからだ。現代は多忙な人が多いので、気持ちはあっても譲る体力がないと想像できる。たとえば~~~」

これ↑は、なるほど・・と納得してしまいそうですが、暗い結論になりそうです。そういう未来であなたは満足でしょうか?

「私は必要だと考える。なぜなら、本来人間は楽なほうに流れてしまう生物だからだ。優先席があることで、自分の思いやりの心が勝つきっかけになるはずだ。たとえば、~~~」

これ↑は途中までが同じですが、印象が大分違いませんか?

このように、言葉が与える力というのは、大きく変化するのです。

さて、あなたの心によく問いかけてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月21日 (月)

トップの心得

企業のトップの心得とはあなたは何だと思いますか?

-------------------------------

先週の後半から、代表取締役の方やCEOの方と連続でお会いしていました。

最近はコーチングという言葉も概念もご存知の方が多く、うれしく思います。共通しているのは、社員のやる気が会社の財産、と思っていらっしゃることでした。しかし、残念なのは、「わかっているけどそんなヒマがなくて」という方もいらっしゃることです。「コーチングがきく(?)社員をとりたいけど、現実は選り好みできないからねぇ」との言葉にもびっくり。学生は就職口がなくって困っているはずでは???

「一時の遅れが命取り」だとおっしゃる企業さんの背後には、厳しい社会を感じます。いろんなことの必要性を感じながらも、活用の糸口がみつからない、そんな印象を受けました。

さて、あなたが考えるトップの心得はなんでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月17日 (木)

受験生コーチング

志望校の魅力はなんですか?

人間はなかなか目標がないとエンジンがかかりません。

でも、魅力的な目標や、ゴールがみえると

とたんにターボまでついてしまうほど。

さて、合格までのわずかの間、ターボ人間になりませんか?

説明会にいきましょう。行きたい学校にいってみましょう。

どこが好きですか?ひとことでいえますか?

「いや、行っても聞いてもわからんし・・・」と言っているあなたは、

とりあえず、行って、聞いてから言おうね。

トイレがおちつく・・

イケメンが多い!

制服がかわいい

部活が強い

行きたい進路へのセンパイが多い

通学路が魅力的

自由さがある!

きっちりしてそう

遅刻にうるさくなさそう

学食が安くてうまいらしい

などなど、いろいろあるでしょ?

学校のポリシーだってありますよ。気がついていますか?

自主性を重んじてくれる学校は、一見自由ですが、やりたいことがないとほったらかされていると感じるかもしれません。

規則が厳しいところは、規則をやぶる人が苦手、という人にとっては快適なところ。

おしゃれに自信がない人は制服がある学校を推薦しますし、朝が弱い人は、始業時間の遅い学校を。

いろいろあるでしょ。

魅力をみつけたら、あとはこっちのもの!

その魅力をビンビン感じて想像を膨らませてみてね。そうすると、勉強の集中力がぜんぜん違いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

あなたは人間はすべて平等だと思いますか?

あなたは、人間がすべて平等であるべきだと思いますか?

---------------------------------

ここで考えてほしいのは、5W1Hです。何を、どんなときに、なぜ、誰が、どのように。

平等、について、です。

すべてにおいて平等はありえません。得意も不得意もあるし、個性があるのですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月15日 (火)

睡眠

私はとても睡眠時間を大切にしています。

でも、大事な人の睡眠時間を守るために、

自分自身の睡眠が削られてしまっていて、

そのためか、とうとうダウン☆

やっぱり、人間はちゃんと寝ないと機能が弱るのね。

かかりつけのドクターに、

「12時前に寝るようにそりゃあ日々努力をしているよ。

 努力して確保しているんだよ」

といわれました。

お医者さまでもそうなのね。。。

っというわけで、1時間遅れですがこれにて就寝。

これを見てくれたみなさまも、ぜひ12時前就寝の努力をしましょう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

接客業のコツ

販売員「何かお探しですか?」

客「会社用のスーツを探していて」・・と黒のスカートを見ている

さて、あなたが販売員さんならどうしますか?

----------------------------

このお客さんは、私の友人です。販売員さんは、それなら、と友人に違うスカートを持ってきました。それはマネキンが着ているのと同じで、人気商品だと説明してくれました。次に胸元にファーがついたニットを持ってきました。次はパンツ。ほぉ・・・・なかなか活用できそうです。

買う気マンマン!でいた友人は、その店を出ました。見ていたスカートは気に入っていて、予算がちょっとだけ合わないから迷っていただけで、私は、きっと買うんだろうなぁと思っていたのに、です。

それは、販売員さんとコミュニケーションがとれなかったからです。

友人曰く、友人は、スーツを探していたのです。そして、スカートを見ていました。販売員さんが持ってきたのは、違うスカートです。それが売れ筋だったから親切ででしょうね、きっと。今のイチオシはこれですよ、と。もしかしたら、友人に似合うのがそっちのスカートだと思ったのかもしれません。

でも、友人にしたら、「私はコレをみていたのに、なんでそっちをすすめるの?そっちのほうがスーツがほしいという気持ちに合うの?」という疑問が湧きました。気持ちの切り替えをしている間に、販売員さんはニットを持ってきています。確かに組み合わせがきいて普段にも着まわしがきくかもしれません。確かに似合ったし。その二点は。でも、そのニットとスカートは、その日の彼女の服装からは想像がつかない組み合わせでした。ニットも、ファーがついているから、スーツのジャケットにはあいません。彼女曰く、「どんな想像をしたら私がそんな服装をすると思えるの?スーツがほしいっていってるのに?今こんな服をきているのに?」

「彼女がスーツを探している」という事実と要望からはどんどん離れていっていたのです。

販売員さん、もし、あなたが売り込みをする前にお客様の要望を聞いていたら、どうなったでしょう?「どんなスーツをお探しですか?」「このスカートで、何か迷っていらっしゃいますか?」「お急ぎですか。それともゆっくり好みにあうものを探していますか?」「どんなシーンで着たいですか?」「着まわすとしたら、どんな服が多いですか?」「理想はどんなスーツなのでしょう?」「足元は?」「これだけは苦手、というものは?」「チャレンジしたいものはありますか?」

販売員さんはその売り場のプロですから、これだけの質問をしていたら、お客様の要望をしっかり満たす商品を的確に出せたでしょうね。そして、顧客をつかんだかもしれません。相性のあう販売員さんと出会えるということは、お客さんにとっても大きなメリットですから、お互いにうれしい出会いなのです。

接客業では、相手に興味を持って対応することが、お互いの満足につながります。ぜひ、相手に興味を持って、よく観察してください。アクセサリー、髪型、足元、バッグからも好みが感じ取れるはずですよ。

自分の推理がぴったり相手の好みにヒットするなんて、とても楽しいと思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月11日 (金)

小論文を書く鉄則ラスト できるまで書かない

構想メモが完成するまで書かない

------------------------------

読んで1分書いて15分 を覚えていますか?原稿用紙(400字)一枚の時間です。

小論文を書くときは、ただ書くだけの所要時間を計算して、そこまではできるだけ構想メモにあてましょう。

あなたが思う以上に、あなた自身は発想力が豊かでアタマがイイのです。その証拠に、書いているうちに発想がわいてきて、最初に思っていたことと違う方向に書いてしまうはず!何を書きたいのかわからなくなってきた、というのもそうですよ。違う方向に発想が進んでいるからわからなくなったのです。そんなこと、よくあるでしょう?それって、実はあたまのいい証拠なのですよ。

その豊かな才能を生かす一番の方法は、構想メモの段階で文章のストーリーを確定させておくことです。

紙粘土で人形を作るとしましょう。いきなり作り始めたら、ゴクウのカメハメハポーズを作るはずが バレエ・四羽の白鳥 ができてしまうかもしれない・・。でもデッサンをしておけば少なくとも違うポーズはとらないでしょう?デッサン=構想メモですね。

必ず、問題用紙の余白などにメモをしましょう。アタマの中のチップを全部書き出して、書く、かく、かく。なんでもいいから、書く、かく。書いたら→でつなぐ。テーマからスタートして、いいたいこと、具体例、反論、反論に対する意見、そして結論=いいたいこと にしてください。ちゃんと輪になりますか?

できるまで書かない。書きたくなってもかかない。だって、アタマが良すぎてまとまらないもの!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

小論文を書く鉄則4 ひとつ

いいたいことはひとつ。具体例もひとつ。

------------------------------

小論文で述べる内容は「ひとつ」が基本です。

たとえば、「あなたが学校生活で得たものはなんですか」という問いがあったとしましょう。

入試の面接でも就職面接でも受験小論文でもよくでてくる問いですね。

学校生活で得たもの。そんなのいっぱいある!!ね。

「私が得たものは3つあります。それは、規則を守ることと、集団生活の大切さと、友達です。」

・・・・と書きたくなりますよね?ど~~~してもひとつに絞れない。ん~~~~しぼれない!

でも。小論文ではひとつに絞ってください。

なぜかというと、たかだか数百字の表現では、複数のいいたいことを相手にふか~く伝えるのは難しいからです。小論文は、読み手が「なるほど!」と思うことが大事でしたね。それには、「あれもそうでしょ、これもそうだし、こう考えるとこうでしょ、だからこれとこれになるでしょう」よりも、「こうだからこうでしょ、だからこうなるでしょ、もっとつっこんでみるとこうでしょ、そうしたらやっぱりほ~らこうなるでしょ」のほうが、読み手に疑問がわきにくいのです。

いいたいことはひとつ。具体例もひとつ。

数ではなくて深さで勝負。

人としての魅力も深さでいきたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年11月 9日 (水)

小論文を書く鉄則3 段落

特に指示がない場合、

400字前後なら、3段落で起承結、600~800なら4段落で起承転結が目安です。

--------------------------

本来、起承結という言葉はありません。3段落の構成を「序破急(じょはきゅう)」といいますが、私は起承転結の転回ぬき、と覚えるほうが覚えやすそうで「起承結」と言っています。あしからず☆

段落わけは、読み手が意味を理解しやすいように工夫した書き方なんです。空白があったり、行がかわると、自然と一呼吸おくでしょう?

起承転結 で段落わけとするのが基本形です。

起・・・テーマ(何について書くのか)と一番いいたいこと

承・・・(起で一番いいたいことが書いていなければここに書く) 論理、具体例

転・・・予想される反対意見とそれへの意見

結・・一番いいたいこと

としましょう。

自然と、1 : 2~3 : 2~3 : 1 くらいの見栄えのいい構成になりますよ。

余談ですが、

「100字以内で課題文の要約をしなさい」「50文字以内でまとめなさい」という、少ない字数指定の場合は、ひゃくもじ、ごじゅうもじ、という数が大事になりますから、1マス目から書き始めます。句読点も1字になります。

ですから、この場合は段落わけをするなんて意味がない・・・と想像がつきますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

小論文を書く鉄則2 常体である

小論文の文章は、「常体」である。

-----------------------------

そろそろ、大学編入試験の時期ですね。みなさんへのエールで、鉄則シリーズをお送りします。今回は書き方です。

小論文では、原則として「常体(じょうたい)」で書きます。常体とは「である」「だ」などという文末ですね。ちなみに、作文によく使われる「です」「ます」は敬体(けいたい)といいます。

理由は、限られた文字数を有効に使うには常体が適切だから、です。

「問題に対しての自分の意見を伝えるもの」であれば、限られた文字数いっぱいを有効につかうべきですよね。ならば、敬体では文字数がかさむだけになってしまいます。それがわかっていて書く内容が少ないから敬体で・・という知能犯もいますよ、もちろん。ただし、敬体を使うことによる減点と、内容が少ないことからくる減点と、どちらが印象がよいかはまた読み手によるでしょうね。

さて、本題に戻して例を。

「私が尊敬する人は、A先生という部活の先生です。なぜなら、A先生は天狗になっていた私に、厳しく武道の道を教えてくださったからです。」

「私が尊敬する人は、A先生という部活の先生である。なぜなら、A先生は天狗になっていた私に、厳しく武道の道を教えてくださったからだ。」

奇しくも文字数は一緒ですね。でも、常体のほうが、「考えている」印象がないですか?敬体のほうは、情緒的な文章という第一印象を持つ方が多いと思います。

「尊敬するA先生を敬っているのだから、丁寧に書いたほうが・・・」と思うこともあるかもしれません。でも小論文の目的は”A先生を敬っていること”ではなく、A先生を敬っているという事実と論理を読み手に伝えることですよね。A先生に失礼にはなりませんので、安心して常体で書いてください。

効果的に相手を説得するには、ぜひとも「常体」で書いてくださいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

小論文を書く鉄則その1

小論文の文章は、「思う」はやめて、「考える」。

-------------------------------

食べ物のゴミをみて、ダイエットはやめようと思った。

食べ物のゴミをみて、ダイエットはやめようと考えた。

この違い、わかりますか?

なんとな~く、「思う」と「考える」は質が違う気がしませんか?

「思う」は思い浮かべるという使い方をするように、物事に対する感情などをさします。

「考える」は物事に対して、論理的に筋道を追って答えを出そうとすることをさします。

小論文は、問題に対してふか~~~く考えた自分の意見を述べるものですよね。だから、「~~~だと思った。」ではなくて、

~~~だと考えた。」

と書きましょう。それだけでぐんと小論文らしくなります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

鬼の霍乱

みなさん、オニノカクランって漢字で書けましたか?意味はOKですか?

なんてついお勉強も盛り込んだりして。

意味は、普段丈夫な人が病気(カクランは日射病のことらしい)にかかること、です。

約10年ぶりに寝込みました。ノド風邪で息をしているのもつらくなって、熱もないのに、起きていられませんでしたい。でも、食欲はあって、プリンだのなめらかプリンだの濃厚プリンだの、バナナにヨーグルトにアイスに好物のまるごとバナナ、子供の頃を思い出してすりりんごをしたらやきりんごも食べたくなって、やきリンゴを食べたらアップルパイが食べたくなって、アップルパイはさすがにできないからホットケーキにメイプルシロップをたくさん・・・と動かないのに1日中食べてばかり。栄養をたっぷりつけたおかげで復活です。

万年ダイエッターでしたが、そろそろダイエットは本気であきらめようかなとゴミをみて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

小論文のゴール2

小論文のタマゴはあちこちにあります。

あなたの日常の会話も、タマゴがたくさん。

人は、意見を持って話をする生物だものね。

いいたいことが相手に伝わったら、楽しいよね。

いいたいことが相手になかなか伝わらなかったら、悲しくなるよね。

小論文の勉強って、受験のためだけじゃないです。

昇進のための小論文ではないのです。

自分の意見を相手につたえるための、文章です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

小論文のタマゴのゴール

小論文の流れ、理解できましたか?

ん・・・っという方はもう一度こちらを読んでくださいね。

では改めて。小論文の「ゴール」は、読んだ人が「なるほどねぇ、そのとおり!」と思うことです。簡単でしょ?

カンタンカンタン。

だって、あなたがあいての意見に「そういわれたらそんな気がしてきた」と思うときって、どんな時か考えてみて?

それがいかに正しい意見かを説明されたときでしょう?

たとえば

どうして足が細く見えるか、順序だてて説明する~~ロングだったらイマドキっぽくないし、短すぎたら太ももが出すぎで目立つから、この丈が一番細い部分だけ見えていて、見えていないところも細いように想像するよ~~とか(論理的説明)

いかにおいしいラーメンだったか、目に浮かぶようにニオイがするようにイヤっていうほど教えてくれるとか、(具体例を示す)。

それでもでてきた最後の抵抗(反論)にも答えがあったら、マイッタって思いませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

小論文のタマゴ

「今日何食べに行く?」

「ん~~~~、ラーメンがいいなぁ。ラーメン好きやねん。」

「ラーメン?昨日も食べたやん。なんで?」

「昨日隣で食べてた人のがめっちゃおいしそうで、夢にまでみてん。だから今日ぜったいあの味の食べたいねん。な、だからラーメン食べにいこ!」

「ああ、そやなぁ。いい匂いしてたもんなぁ。じゃ、そうしよ!」

・・・・という日常会話ってありますよね。これも立派な小論文のタマゴだって知っていましたか?

テーマ(何を食べたいか)に対して、

自分の意見(ラーメン)をはっきり言う。

理由(好きだから)も言う。

反論(昨日も食べたのに?)に対して

反論への対応(となりの人のが夢にみるほど気になる)がはっきり言えた。

結論(だからラーメン!)も言っている。

その結果、「なるほどね、じゃそうしよ!」と相手が納得しましたね。

この流れが小論文のタマゴ、です。

もちろん、「好きだから」は論理的ではないので「ほんとの小論文」に進化させるときは書けませんよ。でも、小論文とはこういう流れなのです。ちなみに、制限文字数が目安として400字以内ならばピンクの文字のところだけ書きます。600字以上ならオレンジの部分も書きます。

こういう会話、ほかにもしてますよね。

「この服、よくない?」「うん、似合う!足が細くみえるよ~」「えー、首のへんが似合わなくない?」「いや、髪形をこうしたら似合うじゃん!いいってこれ。」

これもタマゴ。

そう思ったら、小論文って特別なことじゃないでしょ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年11月 1日 (火)

受験生コーチング

今日、難関高校に挑んでいる受験生の、中間報告があって

ボーダーラインから合格圏内に入ったそうです。

彼の課題は「いかにして集中力を出すか」でした。

集中力がイマイチだと、模擬試験の結果は惨憺たるモノらしいです。

40分間のコーチングで、彼は模擬試験までの過ごし方を決めました。

その結果はなかなかだったようで喜んで報告をしてくれました。

やったね!

今、中・高・大受験生のみなさんは、最後の追い上げですね。

夢の実現に向かっているすべての人を応援したい。

今、そんな気持ちです。

念力を送って今日は就寝タイムとします。

がんばれとは言いません、夢は強く思えばきっとかなうよ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »