« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月20日 (月)

流行語大賞を日本語として認めますか?

あなたは、流行語大賞を取った言葉を「日本語」として認めるべきだと思いますか?

------------------------------------

「日本語」をどうとらえるかによって意見が変わってくるでしょう。変化するものかしないものか、変化するとしたら、スピードや浸透度はどう関わるのか?浸透度とともに、減退度も考えるとかなり意見がはっきりしてくると思います。自分が高齢になったときに、子供たちはどんな言葉を話しているのでしょう?ビジネスの世界では?家庭では?

いちどじっくり考えてみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

あなたは学歴社会が崩壊したと思いますか?

NEETの増加は、学歴社会・終身雇用制の崩壊で先が見えなくなったからとも言われているそうです。しかも少子化により、大学全入時代をむかえます。一方で私学受験の低年齢化もおきています。さて、あなたは学歴社会は崩壊したと思いますか?

-------------------------------

学歴社会とは、一般に「いい学校に行っていたらいい就職ができる」という風潮です。ここでいういい学校とは、偏差値の高い学校という意味ですが、偏差値の高い学校の志望者が減ったのでしょうか?

現代は、偏差値のほか、大学は就職に強いという特性も打ち出してきているようです。

人脈に強い学校というのもあるでしょう。

さて、学歴社会、どうなっているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 4日 (土)

年金を払いますか?

あなたは、年金を払いますか?
それはなぜですか?

私は、払います。
お互いに助け合うのは、愛を感じるからです。
愛を出してもかえってこないじゃないか、という反論もあるかもしれません。
でも、みんなが愛を出し合ったら、きっと返ってくると思います。

ハラがへっては戦ができぬ。
お金がなくては国が動かず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »