« 2面から考える | トップページ | 少子化と高齢化 »

2005年4月18日 (月)

会話がもりあがるコツ

あなたが考える”会話が盛り上がるコツ”は何ですか?

---------------------------

これも答えがひとつではありませんから、小論文のテーマといえますね。(小論文は考えを伝えるものですから、答えが決まっているテーマはでないのです!)

さて、あなたが会話が楽しいときを想像してみましょう。どんな顔をして、手や体はどういう状態ですか?よく話してますか?きいてますか?まわりの風景はどんな感じですか?たとえば、なんと言葉を発していますか?そう発することでまわりに影響はありますか?

では、おもしろくないときを想像してみてください。どんな顔でしょう?手は・・・と続けて想像してみましょう。

これを比較すると、会話が楽しくなるコツがでてきそうですね?

ちなみに、私が考える「会話がもりあがるコツ」は相手の話している内容をそのままアタマの中に上映してみること、です。すると、わからない(描けない)部分を質問できるし、おもしろかったら自然な笑いがでるし、相手に興味を持って話がきけるのです。

|

« 2面から考える | トップページ | 少子化と高齢化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/6392411

この記事へのトラックバック一覧です: 会話がもりあがるコツ:

« 2面から考える | トップページ | 少子化と高齢化 »