« ホワイトディ | トップページ | 小論文講座 »

2005年3月23日 (水)

読んで1分書いて15分

「読んで1分書いて15分」

ぜひ覚えておいてください。原稿用紙1枚の時間です。

小さい頃から見慣れた原稿用紙。さんざん作文や感想文の宿題、しましたよね。あの400字詰め用紙1枚の原稿(空白がいくつ、とか細かいことは気にしない!)1枚を、読むとほぼ1分です。

書くことが決まっていて、ただ何も考えずにマスを埋めていくと、だいたい1枚に15分かかります。

「1分で自己PRをお願いします」「1分スピーチしてください」という場合がありますね。こんなときは原稿用紙を思い浮かべましょう。アタマの中で、原稿用紙を読んでいるつもりになると、カンタンに時間がつかめます。

小論文を書く場合。うまく書くためには、書く前によく考えること!これはどの指導者も言っている大原則です。制限文字数がわかったら、1枚15分で必要な時間を計算してくださいね。

ちなみに、通常のスピーチで人の話を興味を持って聞けるのは、最初の1分くらいまでです。「ごあいさつ」はぜひ原稿用紙一枚で。。。。♪

|

« ホワイトディ | トップページ | 小論文講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143646/6377414

この記事へのトラックバック一覧です: 読んで1分書いて15分:

« ホワイトディ | トップページ | 小論文講座 »