2018年10月22日 (月)

アイドリングタイム

今、

家の前の工事がなかなか賑やかで集中できず
仕事道具を持ってカフェに来ています。
1時間ほど経ちましたが。
お隣の席の学生風の男の子、
行政書士のワークブックを広げていながら
ずーっとスマホ。
1ページも進んでおりませんぞ。
右隣の女性は
これもまた資格試験のテキスト。
やはりスマホ。
あれ、と見渡すと、ほぼスマホ。
何をみているかわからないけど、スマホ。
 
そういう私も、英語のテキストを広げて、
今、ブログ。
このような、
何かに取り組む前の稼働していない状態
(でもいつでも稼働しようと思えばできる)
をアイドリングタイムと言います。
しようと思ったことにすぐ取りかかれたら、
どれだけ効率が良くなるのでしょうか。
あなたはこのアイドリングタイム、
乗り越える工夫はありますか?
 
 

| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

私だったらよりもだったら私は

人付き合いで迷ったり悩んだり、

そういう時にしばしば
「私だったらこうするのに」
という言葉が見え隠れする。
 
そのとおり。
 
その人はワタシじゃないからそうする。
私だったらこうするのに、
ということを考えてもしょうがない。
あの人だからこうした、
だったら私はどうする?
 
次の一手を考えましょう。
 
あなたが「私ならそうしないのに」
と思ったこと、何ですか?
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

レシピをもらう

時々、

手紙をやりとりしている人がいます。
私が小学生の頃にアップルパイの作り方を教えてくれたその人は
賢くて優しくててきぱきしていて
はつらつとした女性です。
 
最近、
もう使わなくなったから、と
手書きのレシピ集を譲ってくれました。
 
3×3センチのマスに1レシピ。
おばんざい、おつまみ、リゾットなどなど
変化あり、シンプル美味しい気配ありあり、
ところどころカロリーも計算してあって
食を大切にしていたことが伺われます。
 
重みのあるレシピ。
彼女の過ごしてきた1日1日の部分がここにある。
ちょっとトゲっとしていた心が安らぎました。
私は、喜んでもらえる歴史を持っているだろうか・・・。
 
あなたの歴史はどこにありますか? 
 

| | コメント (0)

2018年10月 1日 (月)

みにつけたいもの

お茶のお稽古を再開して半年がたちました。

いつも思うのが、先生の心の広さです。
 
毎回新しいお点前をするので
教えていただきながらですが
すでに身についているはずのことも
できないことも多々あります。
 
そのたびに普通の調子で
そこはこう、と教えてくださるのですが
自分の抜けぐあいにがっかりしたり
いつか先生怒り出すのではとひやひやしたり。
 
そういうものだからいいのよ、
と言ってくださいますが
自分としても残念なので
所作をきちんと身につけたいなと思う秋です。
 
あなたが身につけたいもの、なんですか?
 

| | コメント (0)

2018年9月25日 (火)

客人が続き花生けも続き

このところ来客が続き、

20代の女の子たちの翌週が
50代の男性だったもので
リビングのお花も生け変えました。
 
10年近いお付き合いのお花やさんは
商店街に近い店舗を引き上げて
数年前に育苗ハウスがあった山の方にお引越ししたのですが
今でもそのときのお付き合いが続いていて
ほぼ毎日、以前の商店街近くに配達にきていらっしゃるとか。
信頼でのおつきあいが続くお店と
私もおつきあいをさせていただいていることを
とても嬉しく思います。
あなたが信頼をよせているお店は
どんなお店ですか?
 
 
 

| | コメント (0)

2018年9月18日 (火)

綺麗な青空の翌日は

大きな荷物を持って、

近くですが良いですか?とタクシーに乗る。
 
乗ってすぐ、窓に雨の跡があるのに気づく。
「あれ、降ってました?」
の私の一言から、
天気予報ミニ知識を教えてくれた。
 
・綺麗な青空だったら、明日は雨。
・空に絵筆で塗ったような白い雲があったら、明日は雨。
・うろこ雲があったら、明日は雨。
・波打ち際のような雲があったら、数時間後雨。
・もくもくとした雲の下は雨。
車を降りる前には、
「おじさんは天気予報士じゃないから知らんけどな。」
と関西らしいオチをつけてくれました。
 
あなたは、どんな雨のサインを知っていますか?
 
私は
雨の匂いがしたらもうすぐ雨☔️です。
 
 

| | コメント (0)

2018年9月10日 (月)

つつがなく、過ごす。

このところの予想外の災害で

多くの方々同様、落ち着かない日々を過ごしていました。
 
包丁を握れば怪我をしそうな気がするし
お料理を始めれば失敗しそうな気がするし。
 
被害に遭われた方々には言葉もありません。
実際に、過去の災害で辛い思いをした人を前に
どんな言葉も刄になりえると痛感したためです。
 
せめて、
つつがなく過ごす。
そういうことに、意識を向けたいと思います。
 
あなたは今、
何を考えていますか?
 
 

| | コメント (0)

2018年9月 3日 (月)

やなせたかし展

広島で開催された、コーチングの勉強会に行ってきました。

2時間ほど早く着く新幹線に乗り、
時間調整に、ひろしま美術館で開催されていたやなせたかし展へ。
 
おとなになって、
あんぱんまんに接する機会もなくなってしまったので
子供の心を取り戻して勉強会に行こうかな、
なんて思ったらそんなことではなく。
 
やなせたかしさんが描きたかった思いに
心を打たれてしまいました。
 
-正義は逆転する。
-逆転しない正義は、献身と愛。
 
最初、意味がわからなくて何度か読み返しました。
そのうちじわっと浮かんで来たのが
教育政策。
つめこみ教育からゆとりへ、そして脱ゆとりへ。
振り子のように、
もしくは
波紋が広がるように
影響を与えあって化学変化を起こすのかもしれない。
 
あなたにとって正義とは?
 
 

| | コメント (0)

2018年8月27日 (月)

なんでもない1日が過ぎていく

帰国してあっというまに365日。

 
半年はゆっくりしようと決めてはいたのですが
こんなにゆっくりするとは思わなかったというのが本音です。
 
この1年で体感したことのひとつに
一日の過ごし方、がありました。
文字にすると「何もしないのんびりした休日」は
 
・何もしないと決めて過ごすと良い一日だったと思える
・何も考えずにいて何もしない一日になってしまったなら
 今日は何をしていたかなと後悔がでる
・何かしようと決めていてできなかったら
 ちょっとした焦りかいらだちのようなものがでてくる
・何かしようと決めていたのに何もしない一日になったなら
 自分を否定するような気持ちがでてくる
 
心と体の関係性がみえる気がしませんか。
 
あなたは、次の休日
どんな風に過ごしますか?
 
 
 
 

| | コメント (0)

2018年8月20日 (月)

赦しのラップ

memo「あいつのことを赦してやりな!」

うーん、強烈。
先日の教会の新しい言葉です。
 
許す。いや、赦す。
漢字が違うから意味も違うのでしょう。
赦せない気持ちがあるというのは
苦しいだろうと思います。
そりゃあ、赦してあげな!です。
先日読んだ小説に、
緊張する相手と対峙しなくてはならない時、
相手におもしろいあだ名をつける、
というくだりがありました。
自分の過剰な緊張を解くための良い方法に思います。
 
赦してやりな!の神様は
どうもラップ系に感じるので
ラップ的に相手への苦情を並べてみたら
過剰な怒りが昇華されていくでしょうか。
 
感情の中の「怒り」と上手に付き合うには
正当な怒りを怒りとして扱います。
勢いとか、売りことばに買いことばとか
そういえばあのときも的なイモヅルは整理して
自分の中の許せないことを扱うわけです。
 
ラップにする過程で、
イモヅルが整理できるか伸びてしまうか
わかりませんが
こっそりラップ、してみませんか?
 
 
 

| | コメント (0)

«後ろ生けからの