2017年3月20日 (月)

英語でコーチングを語る

海外生活1年半、

草月のワークショップ同様

コーチングのワークショップにも参加しています。
 
私がそういうことをしているのを知って、
コーチングって何してるの?
と聞いてくださる方が増えてきました。
 
でも私は
コーチングをあまり特別なことだと思っていなく、
みんなが自然とやっていること、
例えば
こんにちは、っていうのを挨拶っていうのよ、
のように
便宜上名前をつけただけ、のような気持ちでいて、
特にコミュニケーションが上手な方から聞かれると
困ってしまうことがありました。
 
しかも英語で聞かれるた時には
貧弱な英語力を駆使して説明しなくてはなりません。
「あなたが自然とできていることよ」
と答えてしまいたい衝動にもかられます。
 
でも、
みんな悪いことはしないから
警察官さんがのどかに交番にいられたら良い、
みんなが健康に気をつけていて
お医者さんも看護婦さんもゆったりな世界は良い、
それと同じで
みんながそれぞれの思いや価値を認め合っているから
コーチは特別な存在じゃなくても良い、
そんなことを思っています。
 
それでも、
話したくなった時に安心して話せる存在として
それと
何かを得たくなった時に
会話でそれをつかみにいくバディとして
私はあり続けます。
 
・・・と英語で言ったつもりです。
 
Rose_2
 
あなたは、
自分の仕事をなんと説明しますか?
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

デルフトの眺望

少し前に、

デルフトの眺望を見てきました。
 
オランダのマウリッツハイス美術館にその絵が飾られ、
同じく
オランダのデルフト市街に、その眺望があります。
 
1659年に描かれ、
2017年の今、時代の変化とともにそこにある眺望。
 
Delft_2
絵画「デルフトの眺望」とは
遠近感が少し違う気がします。
ということは、
何かの思いが絵にこめられていたように思います。
 **私は美術に詳しくなく、ただの個人的な思いです。
何を思いながらフェルメールはあの絵を書いたのでしょう。
 
私が描くとしたら、この構図になるのかな。
 
 
あなたがもし絵が得意なら
どの景色を描きたいですか?
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

絵葉書を出す

ひょんな縁で知り合い、

次の土地へ旅立った留学生ちゃんから
ポストカードが届きました。
 
新しい土地が楽しいこと、
以前の生活も楽しくて
少しだけロスになっていること。
私たちへの気遣い。
 
なんでもない内容にも思えるけど
絵葉書をみつけて
住所を書いて、
文面を考えて、
切手を買って、投函してくれたこと。
 
彼女の人となりが
ハガキいっぱいこめられて届きました。
彼女は私とは年齢はずいぶん違いますが
考え方がしっかりしていて、
にこにこしていて、
一緒に話していてとても楽しくなる子です。
お母様はどうやってこの子を育てたのだろう、と
お母様にもお会いしたくなります。
 
ラインやらメッセンジャーやら
手軽にやりとりできるツールがたくさんある今、
改めて手書きの暖かさを感じました。
 Ehagaki
 
あなたが今、
ポストカードを出したい人は誰ですか?
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

考え方の癖はクセモノ

 

20170227

ついこの間まで霜が降りて寒いなと思っていたのに

道端にクロッカスが咲いていました🌷

見過ごすところでした🌷

 ・・・・・・

新学期が不安なあなたへ

 
なにかしらで辛い一年間を過ごしてきて、
次こそはちゃんと楽しい毎日にしたい!
と思っている方は多いと思います。
 
次こそは友達たくさん作ろう、
次こそは親友作ろう、
次こそは彼・彼女を作ろう
次こそは、やりがいのある仕事をしよう。
 
そういう眩しい生活をしている人は
周りにたくさんいましたね。
自分以外みんな楽しそう、と思うこともあったと思います。
 
そういう人とあなたと、何が違ったというのでしょう?
運?
親?
要領の良さ?
生まれつきの頭の良さ?
顔やスタイル?
恵まれている家庭?
 
どれもあたりでしょうね。
違って当然。
 
でも、
同じ運や頭を持って同じ親から生まれていたら
同じように要領がよく、
同じようにスタイル良く、
同じように眩しい毎日を過ごしていたでしょうか?
 
きっと、どこか違ってきていることでしょう。
それは、
あなた自身の考え方の癖、
決断の癖が
あなたの道を作っていくからです。
これは、毎日が輝くかどうかの
非常に重要なキーになります。
 
たとえば、友達から
「みんなで映画行くんだけど一緒に行く?」
と聞かれた時に
「あ、嬉しい!行く行く!」(本音)
「行く〜!」(面白いのかな、行ってみようかな)
「行く〜!」
(映画好きじゃないけど断ったらもう誘ってくれないかも)
(最初に私に声かけてくれたらよかったのに  ちょっと怒)
(私ってついでに誘われたの?  もんもん)
(みんなの中に私って入ってなかったんだ・・悲)
 
上二つはストレスのない映画の日が満喫できそうですが
それ以外はどうでしょう・・・。
映画の日までももんもんとした気持ちがあるかもしれません。
かっこの中って重要です。
 
物事は、いくらでも取りようがあります。
今、うまくいかないなと思っているあなた。
悲観的に考える癖、
悪いように考える癖、
思い当たりませんか?
 
まずは、立ち止まって
自分の考え方のクセを見直してみましょう。
 
あなたの考え方の癖、どんなですか? 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

できないことが楽しい、からできない中へ行く

 

先日、草月流のワークショップに参加してきました。

 
最初に何語が良いか聞かれて、気配りに感謝しつつ
「気にしないでいつもどおりに」とお願いし、
コーヒーとチョコレートのひとくち、で
これは今日はいけるかな、と思ったのが甘かった。
 
今回は、自分になかった感性を使うような刺激をされて
どうまとめていいかわからず
まだ納得のいく作品になっていません。
学びとして落とし込めていない。
そんなところに
わかったことがひとつ。
私はできないことに飛び込むクセがありますflair
今日もそのクセ発揮で行ってきた感じです。
そのあとの、できる嬉しさを知っているから
嬉しくなりたくて
「できない、わからない」に飛び込む。
そこでもがくのが楽しいのも知っている。
 
 
Station
 
 
ということがわかった一日でした。
あなたの最近の「できた嬉しさ」何ですか?
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

気分があがりそうなもの

20170218_091041
 
街中はチョコレートや真っ赤なハートであふれています。
コンビニではこんなものが売っています 。
ミントとフランボワーズのお水。
*先日と同じ写真です*
 
これ、持っているだけで気分があがりそう。
 
 
あなたが気分があがりそうなもの、何ですか?
 
 
 

| | コメント (0)

2017年2月 6日 (月)

小論文と人柄の関係

以前、小論文の添削の仕事をしていた縁で、

2年前にも
大学院入試の小論文の勉強に関わる機会がありました。
その子が卒業するにあたって、
メッセージをくれました。
 
  小論文の成績、トップだったらしい!!
  ありがとう!!!
 
ありがとうをありがとうshine
 
私が指導しなくても
その子は十分に受かる実力があったと思っています。
会話のレスポンスの良さ、
いつも笑顔、
いつも前向きに考える、
責任感と行動力。
出し切る力。
受験テクニックとは違う
小論文作成の本質になるものが
すでに備わっていると感じました。
 
人柄は外見にも現れると言いますが
人柄はことばにも現れます。
テクニックでカバーできる点もありますが、
審査する側もまたそれを見破るプロなのです。
 
 
面接に弱い方、
小論文が苦手な方、
勉強のポイントは
面接対策の応答集を考える、
小論文の型に沿って書く、
といったことではないかもしれません。
 
 
Starbucks
 
ということをスターバックスで考えました。
 
あなたが日常生活で大切にしていることは
何ですか?
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年1月30日 (月)

ニュートラル

コーチの仕事をするときには特に

自分がニュートラルでいるようにします。 
 
何か気にかかることがあると、
相手の言葉をまっすぐ受け取れないかもしれないからです。 
 
これは仕事のときだけ、
というような器用なことを私はできません。
日頃から、
自分がニュートラルでいられるように
気にかかることは片付けるようにしています。 
 
Sky_2
 
理想はこんな感じです。今日の青空。
コーチという仕事を選んだことは
毎日に役立っている気がします。
 
あなたが気にかかっていることひとつ、
いま、片付けませんか?
 
 
 

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

怖いけれどしたいこと

日本も寒いようですが
家の前の池が凍りました。
20170121_162130
 
 
泳げないので
万が一割れたらと怖くて行けません。
浮き輪つけて行こうかな。
 
あなたが怖いけれどしたいことって何ですか?
 

| | コメント (0)

2017年1月16日 (月)

自分のコップは自分で満たす

             *何度も書いているかもしれません。

 
 
私が心がけているのは、
「自分のコップを満たす日常」です。
 
 20170218_091041_2
 
自分が満たされていない時は
他人に何かを求めてしまう。
自分が満たされていない時は
他人に刺々しくしてしまう。
自分が満たされていない時は
他人が注いでくれたものを気に入らないかもしれない。
 
満たされていれば
自然と優しくおおらかでいられる。
 
 
そう思って、実験中です。
さて、どうでしょう。
あなたがもし自分で自分を満たすとしたら
何で満たしたいですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

«2017年初セッション