2017年4月17日 (月)

人といる時の沈黙

こちらの電車にはサイレンス車両があります。

 
Silence
 
よくわからない写真ですみません。
これ、電車の窓の写真です。SILENCE と書いています。
また別の車両には、おしゃべり可とでもいいうのか
向かい合っている人から吹き出しがでている絵が
書かれているので
いうまでもなく、SILENCE車両は静かにする車両です。
 
ここに乗って思うのは、沈黙の良さです。
考え事をするのに良い時間、
もうけちゃった、という感じ。
 
人といるときについつい
沈黙したらいやだな、と話題を探したりして
余計な話しちゃったな、と後悔することはありませんか?
 
子育て中のお母さんお父さんも
ついつい口を出したり手伝ったりしてしまいませんか?
小さくても、その年齢なりにがんばっている
かわいい子供の脳がそこにあります。
自分でする時間をプレゼントしましょう。
一緒にいる相手と、沈黙という豊かな時間を過ごしましょう。
ということは、コーチングを学んで知りました。 
クライアントが黙っている時は、
良い空間を保つようにします。
自分の力で考える時間は貴重だからです。
意外と、沈黙は怖くないのです。
人といるときの沈黙を恐れずに。
 
もし沈黙が訪れたら、
あなたはどんな表情でいたいですか?
 
 
 

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

Act now!

日本にいた時には、

英文タイトルのメールは即ゴミ箱へ、でした。
 
しかし、一念発起して2014年に
<International coach federation>の資格を取り、
その関係の
英語のメールを受信するようになりました。
当然ですが・・・。
資格を得るためにも、やりとりは英語でしたし。
それに伴い、
少しずつアルファベットで書かれたメールが
増えてきました。
気に入っているお店のメール会員にもなっているし。
素敵な情報がメールで来るのは、
紙ゴミも出ず、なかなか便利です。
・・・そうは言っても、
ついつい英文メールはおっくうで見なくなります。
 
そして先日3月31日、
「Act now!」というメールを受信しました。
今、やって!という感じでしょうか。
タイトルが読めたので、気を良くして少し読んでみると
今日中に年会費を納めないと会員資格*を失効しますよ、
という内容でした。
 
あぶないあぶない。
ついつい増えていく1日のメール受信数、
少し整理しないと把握できません。
早速、
あとで読もうとためていたメールを読み、
捨てました。
今興味が持てないものは、解除申請をしました。
これで少しすっきり。
 
 
あなたの未読メール、何通ありますか?
 
*ここでいう会員資格は、
PCCというICF認定のコーチの資格ではなく
ICF(国際コーチ連盟)自体の会員資格です。
 
 
 

| | コメント (0)

2017年4月 3日 (月)

幸せな様子をみて私も幸せを感じる、の落とし穴

ー彼が生き生きとしていてくれたら私は幸せ。

 
ー子供がのびのびと育っていってくれることが私は幸せ。
 そんな家庭を作りたい。
 
ー夫が幸せを感じてくれていたら私も幸せ。
 
ー家族の笑顔のために私は一生懸命やっています。
 
ー今は家族の幸せが一番です。それが私も幸せです。
 
ー最近一番嬉しかったことは、子供が・・・
 
ー最近一番嬉しかったのは、夫が・・・
 
コーチングセッションの中で
たびたびこのような言葉を聞きます。
これが悪いことはありません。
 
でも時々、気付けば落とし穴に落ちていた、ということがあります。
バランスの問題とも言えますし、
相手との関係性と表現することもできるでしょう。
 
セッションでこのテーマになるときには
きっと、あなたに
新しい世界が待っていることでしょう。
 
 
Spring
 
春です。綺麗な色をあちらこちらで目にします。
 
あなたが幸せを感じる時は
どんな時ですか?
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年3月27日 (月)

足が向かう場所

以前、引越しをすることになった時、

私が探した場所は
・百貨店が近くにあるところ
・図書館が近くにあるところ
・窓からの眺めが良いところ
でした。
 
百貨店は、気持ちが上向きになる場所。
図書館は、大好きな本がいっぱいある場所。
窓からの眺めは、日常をくつろげるように。
 
ここにきて、百貨店は近くにありませんが
図書館と良い眺めはあいかわらず近くにあって
たびたび足が図書館に向かいます。
 
 
Lib
 
これは最近良く行く図書館。
日本の図書館とだいぶん異なりますが
これはこれで落ち着きます。
でもこのカラフルな椅子には
まだ座ったことがありません。
 
 
あなたの足が向かう場所は
どこですか?
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

英語でコーチングを語る

海外生活1年半、

草月のワークショップ同様

コーチングのワークショップにも参加しています。
 
私がそういうことをしているのを知って、
コーチングって何してるの?
と聞いてくださる方が増えてきました。
 
でも私は
コーチングをあまり特別なことだと思っていなく、
みんなが自然とやっていること、
例えば
こんにちは、っていうのを挨拶っていうのよ、
のように
便宜上名前をつけただけ、のような気持ちでいて、
特にコミュニケーションが上手な方から聞かれると
困ってしまうことがありました。
 
しかも英語で聞かれるた時には
貧弱な英語力を駆使して説明しなくてはなりません。
「あなたが自然とできていることよ」
と答えてしまいたい衝動にもかられます。
 
でも、
みんな悪いことはしないから
警察官さんがのどかに交番にいられたら良い、
みんなが健康に気をつけていて
お医者さんも看護婦さんもゆったりな世界は良い、
それと同じで
みんながそれぞれの思いや価値を認め合っているから
コーチは特別な存在じゃなくても良い、
そんなことを思っています。
 
それでも、
話したくなった時に安心して話せる存在として
それと
何かを得たくなった時に
会話でそれをつかみにいくバディとして
私はあり続けます。
 
・・・と英語で言ったつもりです。
 
Rose_2
 
あなたは、
自分の仕事をなんと説明しますか?
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年3月13日 (月)

デルフトの眺望

少し前に、

デルフトの眺望を見てきました。
 
オランダのマウリッツハイス美術館にその絵が飾られ、
同じく
オランダのデルフト市街に、その眺望があります。
 
1659年に描かれ、
2017年の今、時代の変化とともにそこにある眺望。
 
Delft_2
絵画「デルフトの眺望」とは
遠近感が少し違う気がします。
ということは、
何かの思いが絵にこめられていたように思います。
 **私は美術に詳しくなく、ただの個人的な思いです。
何を思いながらフェルメールはあの絵を書いたのでしょう。
 
私が描くとしたら、この構図になるのかな。
 
 
あなたがもし絵が得意なら
どの景色を描きたいですか?
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

絵葉書を出す

ひょんな縁で知り合い、

次の土地へ旅立った留学生ちゃんから
ポストカードが届きました。
 
新しい土地が楽しいこと、
以前の生活も楽しくて
少しだけロスになっていること。
私たちへの気遣い。
 
なんでもない内容にも思えるけど
絵葉書をみつけて
住所を書いて、
文面を考えて、
切手を買って、投函してくれたこと。
 
彼女の人となりが
ハガキいっぱいこめられて届きました。
彼女は私とは年齢はずいぶん違いますが
考え方がしっかりしていて、
にこにこしていて、
一緒に話していてとても楽しくなる子です。
お母様はどうやってこの子を育てたのだろう、と
お母様にもお会いしたくなります。
 
ラインやらメッセンジャーやら
手軽にやりとりできるツールがたくさんある今、
改めて手書きの暖かさを感じました。
 Ehagaki
 
あなたが今、
ポストカードを出したい人は誰ですか?
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年2月27日 (月)

考え方の癖はクセモノ

 

20170227

ついこの間まで霜が降りて寒いなと思っていたのに

道端にクロッカスが咲いていました🌷

見過ごすところでした🌷

 ・・・・・・

新学期が不安なあなたへ

 
なにかしらで辛い一年間を過ごしてきて、
次こそはちゃんと楽しい毎日にしたい!
と思っている方は多いと思います。
 
次こそは友達たくさん作ろう、
次こそは親友作ろう、
次こそは彼・彼女を作ろう
次こそは、やりがいのある仕事をしよう。
 
そういう眩しい生活をしている人は
周りにたくさんいましたね。
自分以外みんな楽しそう、と思うこともあったと思います。
 
そういう人とあなたと、何が違ったというのでしょう?
運?
親?
要領の良さ?
生まれつきの頭の良さ?
顔やスタイル?
恵まれている家庭?
 
どれもあたりでしょうね。
違って当然。
 
でも、
同じ運や頭を持って同じ親から生まれていたら
同じように要領がよく、
同じようにスタイル良く、
同じように眩しい毎日を過ごしていたでしょうか?
 
きっと、どこか違ってきていることでしょう。
それは、
あなた自身の考え方の癖、
決断の癖が
あなたの道を作っていくからです。
これは、毎日が輝くかどうかの
非常に重要なキーになります。
 
たとえば、友達から
「みんなで映画行くんだけど一緒に行く?」
と聞かれた時に
「あ、嬉しい!行く行く!」(本音)
「行く〜!」(面白いのかな、行ってみようかな)
「行く〜!」
(映画好きじゃないけど断ったらもう誘ってくれないかも)
(最初に私に声かけてくれたらよかったのに  ちょっと怒)
(私ってついでに誘われたの?  もんもん)
(みんなの中に私って入ってなかったんだ・・悲)
 
上二つはストレスのない映画の日が満喫できそうですが
それ以外はどうでしょう・・・。
映画の日までももんもんとした気持ちがあるかもしれません。
かっこの中って重要です。
 
物事は、いくらでも取りようがあります。
今、うまくいかないなと思っているあなた。
悲観的に考える癖、
悪いように考える癖、
思い当たりませんか?
 
まずは、立ち止まって
自分の考え方のクセを見直してみましょう。
 
あなたの考え方の癖、どんなですか? 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

できないことが楽しい、からできない中へ行く

 

先日、草月流のワークショップに参加してきました。

 
最初に何語が良いか聞かれて、気配りに感謝しつつ
「気にしないでいつもどおりに」とお願いし、
コーヒーとチョコレートのひとくち、で
これは今日はいけるかな、と思ったのが甘かった。
 
今回は、自分になかった感性を使うような刺激をされて
どうまとめていいかわからず
まだ納得のいく作品になっていません。
学びとして落とし込めていない。
そんなところに
わかったことがひとつ。
私はできないことに飛び込むクセがありますflair
今日もそのクセ発揮で行ってきた感じです。
そのあとの、できる嬉しさを知っているから
嬉しくなりたくて
「できない、わからない」に飛び込む。
そこでもがくのが楽しいのも知っている。
 
 
Station
 
 
ということがわかった一日でした。
あなたの最近の「できた嬉しさ」何ですか?
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

気分があがりそうなもの

20170218_091041
 
街中はチョコレートや真っ赤なハートであふれています。
コンビニではこんなものが売っています 。
ミントとフランボワーズのお水。
*先日と同じ写真です*
 
これ、持っているだけで気分があがりそう。
 
 
あなたが気分があがりそうなもの、何ですか?
 
 
 

| | コメント (0)

«小論文と人柄の関係